FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その94-政治家ときたら!!!

2020.08.25.12:08

皆さん、週末はいかがでしたでしょうか?

私は土曜日は午前中会社で仕事、

その後Aちゃんが予約した見学ツアーに参加。

翌日日曜日も早朝ツアー+買い物+お昼ツアー

と言う強行スケジュールでございました。

ツアーの件は徐々にご紹介します。

それ以外にもコロナ前後にたくさん行った場所をご紹介したいのですが、

どうもコロナに気を取られてなかなかできてませんわー。

今日もですがねえ。


今週から学校がオープンって話なんですけど!!!

北アイルランドはもう今日から学校がオープンって聞きました。

アイルランド政府は自信あるんだそうで。(文部大臣のノーマさんが言っている)

えっ?大丈夫???

これでまた感染が広がるって感じがするわ。

すでにこの2週間で5歳から14歳の子供100人以上が感染したって話ですよ。

それにバスは満席になるだろうしさあ~。(乗って会社に行かないからええけどさ)

スクールバスが出るみたいなはなしだけど、

全部の学校じゃないんちゃうんかな?よくわからんけど。

ロックダウンしている地域の学校もオープンらしいです。

これでまた感染者が増えるね。

まあいつまでも学校を閉めてるわけにはいかんし、

ネット授業も限界があるからオープンしたい気持ちはわかる。

日本人とアイルランド人のハーフの子を毎週土曜日の補習校に通わせてる友達が、

オンライン授業で教えてもらっても意味がないって言ってたんだよな。

子供の集中力がカメラを通してでは持たないのかも?

それが嫌でやめた方も何人かいるって話してた。

やっぱり先生からちゃんと生で教わりたいって言うのはわかるわ。

でも子供たちにしてみたら、

学校なんてオープンせんでもええ!!!

と思っているに違いないですけどね。

なが~い休みやったもんな~今まで。

でも暇やから悪いことする奴がたくさんおったのも事実。

そういうのを減らすためにも(!?)学校行かせた方がええんやけどね。


この話題は先週の木曜日には話題に上がっていたものですけど、

農業省のDara Calleary(ダラ・キャリアリーとここでは表記します)氏が辞任しました。

37日間の任務でした。

CORONA 41
このおっちゃん。(www.irishtimes.comより抜粋)

原因は、

"Golf do"

Oireachtas Golf Society (ウラクタス・ゴルフ協会、ようはアイルランド議会のゴルフ協会)のイベントが、

先週の水曜日の夜ゴールウェー県、クリフデンのThe Station House Hotelで行われたらしいんです。

それに思い切り参加してたんですわ。

実はこのおっちゃんだけでなく、他に3人の上院議員も参加しており、

そのうちの一人は辞任(ほかの二人もそうだとは思うが)、全員離党した。

もう二人、最高裁判事シェームス・ウォウルフ氏とEUコミッショナーのフィル・ホーガン(両名ここではこのようの表記します)も同様に参加しており問題となっている。(謝罪はしたが)

フィル氏は辞任せえへん!と言っているんですわ。駄々こねてる。

CORONA 47
(ec.europa.euより抜粋)

ティーショックも話をしているらしいですけど、

辞任に応じないらしい。

しかし政治家の中にはこの人がブレグジットの件では適任だから、

辞任させない方がいいって言っている人たちもいるらしいんですけど、

国民が許さん!!!

今結構みんな怒ってるんですよ。

BさんもAちゃんもこの人は人が悪いから嫌って言ってます。

過去になんかやらかしてるらしいですよ。(なにかは覚えてないけど嫌な人ってのは覚えてる二人)

EUコミッショナーのプレジデントも詳しい説明をフィル氏に要請しているらしいですわ。


元政治家も参加してたらしいんですが、

スペインから戻ってきた翌日にこのイベントに参加したらしい!!!

スペインはグリーンリストに入ってないから、

帰国後は2週間の検疫期間がいるんです!!!

だからディナーには参加してはいかんのだ!!!

なんかこの間ブログに書いたスペイン人のEさんと同じことしてるやん。


参加した水曜日の前にはすでに新たな規制強化期間に入っており、

屋内のイベントは6人までと決められました。

でもこのパーティーは81人参加!

二部屋に分かれて行われたらしい。(先週までは屋内は50人までの集まりがOKだったから)

政府が国民のお手本とならないといけないのに、

あたかも自分たちは特別だと言わんばかりに行われたこのイベント!!!

イベント自体キャンセルせにゃ~あかんかったのにそのまま行われたのも問題。

きっとホテル側はディナーを出していたらしいから、

お金を損したくないってのもあってOKしたのもあったのかもしれない。(個人的予想)

しかし、

俺らは政治家だから好きなことやってええんや!

と言う暴君な奴らが強行したのではないかと私は思っている。

ホテル側が断れなかったってこともあるもんね。(ニュースではその辺は言われてないけど)

警察も調査に動き出してる。

違反に値するってことで。
(The Health Act 1947 (Section 31A-Temporary Restrictions) (COVID-19) (No.3) Regulations 2020に違反)


いつの時代も一般人が我慢を押し付けられている。

それは大昔からで現在もまったく変わってない。


今の政権、

All over the shopなんだよなあ~。

歯切れ悪いし。

焦点がないって感じ。

コロナに置いてのクリアーな指導がないのよ、国民に対して。

ミーホ(現ティーショック)も演説がうまくないのも手伝って、

レオの時みたいに話題にはならん。

彼はティーショックの器なじゃいんだよな。

全然オーラがないもん。

アイリッシュの友達はWhatsAppで、

前のようにレオとサイモン・ハリスにやってもらいたい!

と言っていた。

CORONA 42
(www.extra.ieより抜粋)

わかる!!!

なんだかいい加減な政治家たちが多いな。

コロナでそれが一気に面白いように明らかになっていきますねえ。

これからどうなることやら。。。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.