FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その99 "ウェット・パブ"オープン間近だけど。。。

2020.09.09.12:18

ウェット・パブ(Wet Pub)が今月21日からオープンします!

ウェット・パブ(Wet Pub)とは、

お酒だけを出す、つまりご飯を出さないパブのこと。

ご飯を出さないパブはオープンしてはいけなかったのですよ。

6か月以上も閉まりっぱなしだったんですよね。

ヨーロッパで一番長いロックダウンを食らったのがアイルランドのパブだって話。

これにより、パブのルールも変わります。


1)105分しかいられないけれど。。。


テーブル同士が2メートル離れていれば、

時間は関係なし!

閉店までいられるってことですわ。


2)閉店は11時半

早いね、閉まるのが。

ナイトクラブはナイトクラブではなくなるね。(勿論オープンできますが)

でもきっと田舎のパブは長く開くよ、こっそりと。。。


3)最高6人までテーブルに座れるが、3家族のみでそれ以上はダメ

友達6人集まって座れないってことです。

例えば私とAちゃんは同じ家に住んでいるので1家族と数える。

あと二人友達(同じ家族でない)と一緒になら座れるってことです。

まあ、そんなの誰も守らないだろうな~、きっと。

パブも聞かないでしょうに。

" 全員家族じゃい! "

と言われてしまったらもう言いようがないもん。

警察じゃないから調べることなんてしないし、

それでもめて殴られでもしたら。。。だしさ。


4)テーブルサービスのみ

カウンターでサービスしてもらえません。

カウンターって絶好の出会いの場やったんやけどなあ。

座ってたら後ろから買いに来る男の人がいるじゃないですか?

喋りかけられたりするし、

こちらから話しかけることができてとってもいいのよ、シングル女子にとっては。


5)1メートルのソーシャルディスタンシング

でも酔っぱらったらソーシャルディスタンシングなんてなくなるよな。

気軽に話しかけられることもこちらから話しかけることもなくなるから、

シングルにとってはパブで出会いを求めること自体容易ではなくなるね。


6)現金払いじゃなくてカード払い

現金で取ってくれるところもまだたくさんありますけどね。

そのうち現金ってもの自体が消えそうね。


7)従業員はマスク着用

レストランやお店も現在は着用しております。


せっかくパブが開くっていう、

お酒好きにとってはとても嬉しいニュースがやってきたのに、

昨日のコロナ感染者は、

307人!!!

ダブリンとリムリックで多く出たんです。

うち182人はダブリン。

まあ首都ですから、人が多いからどうしてもね。。。

73%は45歳以下。

男性の感染者が女性感染者より多いらしい。

ダブリンの街を歩いてると、

ソーシャルディスタンシング無しですからね。

避けられないですよ。

向こうから近づいて歩いてくるしね。

むっちゃ嫌です!!!って態度で端っこに移動できればいいけれど、

出来ない事ってあるんだよな。

街なんて、人に囲まれるからね。

避けようがない。

バスでも座ったらあかんところに平気で座る奴おるしね。

注意したら言い返してきて(座るところがないと言い)堂々と座っていたくそ男がおったわ、先週。

学校の多くが開校したし、

これでパブ全部オープンとなると、

きっともっと感染者が増えるだろう。

ダブリンとリムリックの感染者が多かったので、

ローカルロックダウンになるんじゃないかと言われてるんですよ。

でもダブリンをシャットダウンはせえへんと思う。

またロックダウンしたら本当に経済ヤバくなるから。

もうすでに不景気の波が押し寄せているらしいから。。。


コロナと生きると言うのが前提で過ごさなあかんわけですよね。


週末はイタリア語の先生Mさんと街でお茶する予定なんです。

また行くカフェで悩むわ。。。(もうすでに悩んでいる)

腐るほどハンドサニタイザーで手をキレイにして、

トイレはできるだけ使わないようにするわ!!!

もちろん道を歩く時もマスクをして!!!


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.