FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その110 政府、拒否!

2020.10.06.12:22

午後9時過ぎにティーショック(総理)・ミーホの政府の発表がありました。

IMG_8682.jpg

アイルランド全体がLevel 3になりました。

ちょっとびっくり。

国全体がLevel5だと言う噂だったからそうなると思っていたので。

National Public Health Emergency Team (Nphet) (ネフェットとここでは表記します)はLevel5という考えを掲げていたのです。
(彼らは国民の健康についてアドバイスする機関)

政府にドクター・トニー・ホーロハン氏がサインした手紙を出しているんです。
(手紙はこちらから読めます。https://www.gov.ie/en/collection/ba4aa0-letters-from-the-cmo-to-the-minister-for-health/

しかし、政府がこれを拒否!!!

今まではネフェットが言うことに政府がすべて従ってきた形だったのです。

ドクター・トニー・ホーロハン氏がカムバックし前のようになるのかと思いきや。。。

ニュースの後の時事番組クレア・バーンを見ていますけど、(見ながら書いてます)

トーニシュタ(副総理)・レオが出演し拒否した理由などを話していました。

IMG_8684.jpg

IMG_8683.jpg

ネフェットについて、

"hadn't been thought through and there hadn't been prior consultation"

つまり熟考されていないし、事前の相談もなかったとレオが番組で言ってました。

これで政府とネフェットの橋が崩れたのではと言われています。

かもしれませんね。

いきなりLevel5になると、

社会的なインパクトが大きいとも言ってました。

いきなり「Level5だからあなたの仕事は明日らかありません。」ってえらいことですよ。

政府がお金出せばええやん~なんて簡単に思うけどさ、

たぶん政府、お金そんなにないよ。

政府的には前のようにステップバイステップの方向性なんだと思う。

政府は病院の状況もいきなりできちんと把握しきってなかった感じ。

ICUのベッド数が4月の一番やばかった時期に比べて少ないって言われてるけど、

その辺の詳しい病院事情もたぶん政府側はきちんと把握してない感じ。

いきなり手紙で日曜日に言われてたって感じですよ。

政府の判断は間違ってる、Level5にすべきと番組でほかの政治家たちが言ってたし、

国民の健康をギャンブルにかけているのかなんてクレアさんがレオに言ってたけど、

それは時が経てばわかる。

でも待ってられないくらい実はやばいのかもという気もする。

とにかく、私的にはいきなりLevel5はちょっときついかなとは思った。

心の準備がいる。


"circuit breaker"

という英語が出てきたんですけど、

皆さんはお分かりでしょうか?

私は知らんかったんですけど、

これは国全体をロックダウンにはせずに、

感染者が多い地域をターゲットにロックダウンするって意味らしい。

要は感染の鎖を切る目的で行われることらしい。

これが効き目がないとレオが言ってたと思ったのですが。。。

ダブリンとドニゴールをLevel3に、

他はLevel2だったけど感染者数は増える一方でしたからね。


今日の感染者数は518人。

ナーシングホームでたくさんの集団感染者がまた出てるらしい。

残念ながら、国全体がLevel5にまっしぐらなのに変わりはないと思う。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.