FC2ブログ

イルカのフンギ―(Fungie)、行方不明!

2020.10.20.12:43

アイルランド、ケリー県(Co. Kerry)にあるディングル(Dingle)。

DINGLE 1
(Google mapより抜粋)

私はここへは行ったことがないのですよ。

20年以上もアイルランドに住んでいるのに!です。(お恥ずかしい)

ディングルってこんなとこです。



ここは漁業と観光の街。

観光の一つが、バンドウイルカのフンギ―。

このイルカに会いたいがためにここを訪ねる人も多い。

バンドウイルカは英語ではBottlenose Dolphin(ボトルノーズ・ドルフィン)。

フンギ―は英語でFungie。

このブログではフンギ―と表記させていただきます。

オスのイルカさんなんです。

フンギ―を見るツアーがすごく人気があるんですよ。

私もAちゃんと来年は行こうと言っていたのですけど。。。

現在行方不明!!!



今日で7日間行方不明。

こんなことは初めてらしいのです。

数日前に見つかったというニュースが流れてホッとしてたのですけど、

どうも違ったらしい。


バンドウイルカのフンギ―。

ネットでちょっと調べてみました。

名前の由来:フンギ―に最初に興味を持った漁師が当時髭を生やそうとしていたらしい。

そんな彼を人々がFungus(真菌、キノコ類やカビなど)と呼び、

それがイルカの名前、Fungieになったらしいです。

最初にフンギ―が現れた年:1983年。

フンギ―がちょっと変わっている点はガーフィッシュを食べる点。(普通イルカは食べないらしい)

普段は彼一一人、いえ、一頭で住んでいるのですが、

人がとコミュニケーションを取るのが好きなよう。

だからイルカツアーに行くと彼が姿を現すわけです!



そりゃあ~盛り上がりますわなあ。

フンギ―は去年ギネスブックに載ったんですよ。

世界一長く一頭で生きてるイルカということで。

フンギ―は銅像にもなっているのだ!

DINGLE 2
(www.broadsheet.ieより抜粋)

上の写真は2013年の写真だそうですが、コンビニのスパー(Spar)の牛と一緒にパチリ!がかわゆいですねえ~。

フンギ―の銅像の上に乗って写真を撮る人がたくさんいるみたいですわ。

イルカの上に乗って…というと、ついつい私はこちらを思い出しちゃう古い私。。。




下の映像はフンギ―・フェスティバルのニュース!(昔のですが)

どれだけの人がフンギ―を愛しているのかよくわかりますね。




そんなフンギ―が姿を消した。。。

もう亡くなったのではという人もいれば、

アイルランドはLevel5になるから(コロナ規制)アイルランドにさよならしたんだと言う人もいる。

最低でも40歳という高齢のフンギ―。

とにかくどこかで安全に生きていてくれればそれでいいと人々は言い始めている。。。

いつかひょっこりと顔を出して皆さんをホッとさせてほしいなあと思います。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.