FC2ブログ

マッシュルームは?

2020.11.10.19:46

イタリア人のG君が私によく言っていたことがある。

なぜBさんはどんな料理にでもすぐにマッシュルームを入れたがるのか?

という疑問だ。

彼がパスタをBさん宅で作るとBさんが必ず、

マッシュルームを入れるんでしょ?

と聞いてくるらしく、

それがかなり好きじゃないと言うんです。

マッシュルームを入れないと、

何故入れないのか?

と言われてこれまたかなり好きじゃないらしい。


イタリア料理にもキノコ類を入れる料理がある。

でもすべてと言っていいほどの料理にキノコ類、マッシュルームを入れることはない。

しかしBさんはラザニアを作るにも必ずマッシュルームが入っているし、

パスタソースを買って使うけれどそれにもマッシュルームが入っている。

もちろんアイリッシュシチューにも入っているし、

ヒヨコ豆のカレーにも入っているし、

ピザをオーダーするにもトッピングには必ずマッシュルームを乗せる。

最近オープンしたBさん宅近くの美味しいピッツェリアがあるんです。(近くご紹介します)

初めてオーダーしたときにマッシュルームが乗ってないし、

トッピングとしてもなかったのでなぜないのか?あるのが普通だと不満を漏らしていたのだ。

ピザにはマッシュルームでしょ、というわけだ。

No mushrooms = No life


なのだろうか?


でも何故マッシュルーム???



どうもBさんはマッシュルームを入れることによって料理をかさましできると思っている節がある。

マッシュルームを入れないと料理が寂しげに見えると言うのだ。

しかも入ってないと退屈な料理に見えるとも言う。

ともあれBさんはマッシュルームが好きではある。

実はAちゃんもだ。

サラダに生でマッシュルームを入れて平気で食べている。

私は生でマッシュルームを食べることはしないし、サラダには入れない。

入れるなら調理したものを入れるであろう。


マッシュルーム好きなのはBさんとAちゃんだけなのか?



と思ったが。。。実は違うと言う事実を発見!!!

先週ご紹介したパスタのお店Fasta。

ブログにアップした新聞記事に実はこんな一文が書かれていていたんです。


"My mum's 'carbonara' contains mushrooms, cream and bacon."


出た!マッシュルーム!!!

この一文で確信したんです。

マッシュルームを料理に入れたがるのはBさんやAちゃんだけではないと。

そういえばBさんの親友Cさんも先日ピザのトッピングにマッシュルームを選び、

マッシュルームが乗ってないのはおかしいと言ってたのを思い出したのだ!

It's an Irish thingやん!!!

アイルランド人はマッシュルームを料理に入れたがるという結論に達したのだ。

いや、そんなことはないと言う人もいるであろうが私はそう思う。

その証拠に、新しくオープンしたピッツェリア。

2週間後にはマッシュルームがトッピングとして加わっていました!!!

どうもBさんの近所の女性が、マッシュルームをトッピングに入れてほしいとお店にリクエストしたらしいです。


G君がダブリンに戻ってBさん家で「マッシュルーム」という単語を聞いたら今度こそ気が狂うかもしれない。

今年はダブリンに戻らずサルディーニャ島でマッシュルームのことを忘れてゆっくりして欲しいと思うが、

相変わらずお母さんと二人きりのサルディーニャ島生活で、

お母さんと毎日口喧嘩しているらしい。

「マッシュルームは入れないの?」

とBさんに言われていた方がまだましのようだ。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

No title

2020.11.11.23:35

こんにちは。読んでいて笑ってしまいました。確かにマッシュルームはいろんな料理に入っていますね。
うちも家族全員マッシュルーム好きでパスタもラザニアもカレーにもいれます。最初のロックダウンのときはガーデンセンターでマッシュルーム栽培キットを買って栽培したくらい好きです!
カルボナーラにもいれちゃいます。アイルランド人もマッシュルーム好きだったんですね。

maiさんへ

2020.11.12.20:15

maiさん一家はマッシュルーム好きなのですね!栽培までするとは参りました。しかもカレーやカルボナーラにも入れるとは!G君に言ったら激怒するでしょう。笑!

アイルランド人、マッシュルーム好きです、絶対!
BさんとAちゃんとスーパーに行くことがちょくちょくあるんですけど、
マッシュルームは必ずと言っていいほど買ってますしね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.