FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その128 ダブリン動物園を救え!

2020.11.19.20:08

昨日、

ダブリン動物園が永久に閉鎖の危機に立たされているというニュースが流れました。

結構ショックだった私。

子供がいないので毎年見に行くことはないので、

何がショックや、あほ!

と言われそうですけれども。

動物が基本好きなので、

もし閉鎖したら動物たちがどこへ売られてしまうのかって考えただけでぞ~っとしてしもたんです。

ほら、結構酷い環境の中で飼っている動物園が今でもあるでしょ?

人間なら口があるからそんなとこ行きたないやら、

そこなら行きたいって言えるけど、

動物はもちろん口がきけないから人間が決めた道を行くしかないもの。


私はこの動物園がかなり好きなんです。

動物が住む環境がとてもいいと思うんですよ。

見物人から隠れる場所はたくさんあるし、(と思っている私)

緑も多いのがいい。


動物の餌やケアにかかるコストが一か月で500,000ユーロという。

コロナのお蔭で動物園は閉鎖中。

私達が払うあの入場料やお土産に買うぬいぐるみなんかの収益が、

動物の餌やケア、

係りの方のお給料へ。

もちろん建物のメンテナンス代もある。

色々なものに使われるわけで、

あの入場料はとても大事な収入源。

それが断たれてしまっている現在、

お金が無くなって閉鎖ってことはやっぱりあり得るわけです。

そこでダブリン動物園は寄付を一般の人からお願いしました。



少ない金額ですが、私も寄付させていただきました。

その時点(昨日の夜7時過ぎ)の金額の合計は、

ZOO 32
(.justgiving.com/campaign/SaveDublinZooより抜粋)

かなり集まってました。

寄付金がいくら集まったかなどはこちらから確認できます。https://www.justgiving.com/campaign/SaveDublinZoo

でも政府が介入し、ベイルアウト(Bailout)するそうです。

それでも住民が寄付を続けている現在。

アイルランド住民って本当に素敵やと思う。

困っている人や動物にはサッと手を差し伸べるものね。


ダブリン動物園はいつも上位にいるアイルランドきってのツーリストアトラクション。

ここを閉めてしまうなんて!!!

と、政府も思ったみたいで介入に入ったのであろう。

良いニュースだよ。

小さい子供たちはここへ来るのを楽しみにしてる。

子供だけでなく大人もですよ。

ここ数年は夜のライトアップもしてて素敵なんだよな~。(私も一度行きました)

だからやっぱり閉まってほしくないし、

動物たちがどこかへ売りに出されるのも私は好きじゃない。

なかには動物よりホームレスを救えって言う人もいるし、

動物園自体に反対な人は動物を自然に帰せって言う。

園内の動物が住んでいるところが狭すぎるからかわいそうだから。

わからんでもないけど、

自然に帰したところで園内で生まれた動物たちは自然には帰れないと思うのですよ。

そんな彼らを自然に帰しても、それが死の宣告になってしまうんじゃないのかな。

動物園は密猟から彼らを守ると言う意味もあると思うし、

絶滅危惧種を動物園が守る役目も実際にはあると思うし、

そんな動物たちを研究していけば、その種が救えるかもしれない。

自然に帰せない状態や絶滅危惧種を増やしているのは私たち人間でもあるよね。

私に反対意見の方もたくさん見えると思うけど、

私はやっぱりダブリン動物園には動物たちの世話を続けてほしいし、

動物園もずっと営業して欲しいし、

この寄付金と救済金でコロナ禍を乗り切ってほしいと思う。

ああ~コロナよ、

早くどこかへ消えてくれ!!!





ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.