FC2ブログ

2021年の予想と星占い-Old Moore’s Almanac 2021

2020.12.14.22:26

皆さん、週末はいかがでしたか?

私は十分2度目の誕生日を楽しませていただきました。

土曜日は久々に会社に行って疲れましたけどね。(2時間半の予定が4時間も働いてしもた!)


さて、今日はこちらの小冊子のご紹介です。

アイルランドに長くお住まいの方は知っていらっしゃるのではと思いますが。。。

IMG_9054.jpg

5ユーロの小冊子。

Old Moore’s Almanac(オールド・ムーアズ・アルマナック)と言います。

アルマナック=カレンダーより詳しく日の出, 日没, 干[満]潮時刻, 月齢, その日の聖人名, 宗教的祝祭日などを書いてあるもの

毎年11月に出版されます。

こちらには翌年の占い、星占い、占いを予想した人の話や、アイルランドのカルチャー、月齢なんかも載っている。

この占いが当たってることが多くあるのでまんざらでもないんですわ。


ではこの小冊子の簡単な歴史をご紹介しておきましょうか。


Theophilus Moore(テオフィラス・ムーア)が初めて出版したのが1764年だそうだ。

IMG_9059.jpg

現在のダブリン市内、南にあるミルタウン(Miltown)という町で古典的なアカデミーを経営していたそうで、

アイルランド語、英語、ギリシャ語、ラテン語の教師でもあり、

賢い数学者および占星術の魔法使いとして知られていたそうだ。

ニックネームはThe Irish Merlin。(ザ・アイリッシュ・マーリン)、アイルランドの魔術師。

お墓はダブリン北のDrumcondra(ドラムコンドラ?)にある、

The Church of St. John the Baptist(Drumcondra Churchとも言われている)にあるそうだ。

今度訪ねてみようかしら。

1764年に出版の際はThe Irish Merlinというタイトルで、

1782年にはMoore's Almanackに変わり、

1852年までにはOld Moore’s Almanackに変わり、

1900年ごろにはOld Moore’s Almanacと言うタイトルに変わったそうだ。

ちなみに英語版のAlmanack(Kが付いてる)物とは違うとのことです。(混同してはいけないらしい)

まずはアイルランドの2021年の占い。

IMG_9055.jpg

パンデミックはすぐに終わらないけれども、夏の終わりまでには元に戻れるみたい。(だろうね)

在宅ワークはそのまま残るそうだし、(だろうね)

ハウジングの問題はかなり大きな問題になるらしいし、(現在もだけど)

郵便物の配達はドローンによるものになるとか。(どうだろうね)

ブレグジットは最悪は逃れることができるらしいし、(どうだろうね)

ティーショック(首相)ミーホー・マーティンにはリーダーシップチャレンジが来るらしい。(だろうね)

ヨーロッパの占いもあり。

IMG_9056.jpg

ボリス首相はサッチャー以来の人気のない首相になるとか?No.10の地下室に隠れるらしいですよ。(どうだろうね)

ウェールズは独立の方向へ進むらしいし、(どうだろうね)

イタリアでは異常気象が起こるらしいし。(どうだろうね)

世界の政治や安定の占いでは、

トランプ大統領は数年の間、怪しい税金取引のため、刑務所行を避けるために時間を費やすそうです。(先週、もうすでに問題になってなかったっけ?)

アメリカ国民は選挙の結果を受け入れるらしいですよ。(だろうね)

IMG_9057.jpg

有名人の占いではテイラー・スウィフトとパリス・ヒルトンが結婚するらしいし、

王室の人が亡くなるとか。(どの国とは書いてないけれど。どうだろうね)

他にもテクノロジー、メディアー、環境、お金、そしてスポーツの占いも出ている。

来年の6ネーションズはフランスが勝つらしい。

他にはこんな記事が載ってます。

IMG_9060.jpg

IMG_9062.jpg

IMG_9063.jpg

IMG_9066.jpg

ちょっと変わった小冊子なのですわ。

ちなみに2020年の予想は、

パンデミックが起こる、トランプ大統領の2度目の当選はないと言うのを当ててたらしい!

でも外れてることも多いので。。。2020年の予想はこちらから。https://www.irishcentral.com/culture/craic/old-moores-almanac-2020-future


当たるも八卦当たらぬも八卦。


なのですけど、とにかく面白い小冊子だと私は思います。

もっとたくさんの占いが載っているのかと言うとそうでもなかったな、と言うのが正直な意見でございますけど。

興味のある方は一度手に取ってみるのも良いかもと思います。

ダブリンなら本屋Easonに売っております。

もちろんネット購入もできます。(海外発送についてはわかりませんが)https://oldmooresalmanac.com/




ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.