FC2ブログ

やっと到着!クリスマス・ボックス

2021.01.07.20:10

一昨日の午前中、

私の留守中にAn Postの人が来たらしく、

友達からのクリスマスカードと不在連絡票がポストに入っていた。

不在連絡票を見て、

これは例の、会社から先月クリスマス前に届くはずだったクリスマス・ボックスや!

と思った私。

やっと到着やんか!!!

3週間近くかかって到着だ。

ダブリン南から北へ届けるのにこれだけの時間を要したわけだ。

どおりで私が北から南にある会社に行くだけでも片道1時間半以上かかるわけだ。(それとこれとは違うか?)

デポが本当にてんてこ舞いやったことがよくわかった。

郵便物はデポに戻ってしまっており、

午後3時から7時の間に取に行かねばならない。

その際、顔写真が載ったIDも提示しなくてはいけない。(と、不在連絡票に記されている)

ちょっと残業し、午後6時にを出てデポまで歩いていくことに。

この日は5K走ってる時間がなかったし、走る代りだ。

もちろんIDとなるパスポートも持って。


思ったより時間がかかってしまい、(早歩きで歩いたつもりやったけど)

約40分後に到着した。

閉まる20分前であった。

中に入ると受付で30代後半くらいの外国人の女性が子供連れで来ており、

受付で郵便局員さん二人に文句を言っていた。

どうも品物が到着していると携帯に連絡がはいっているものの、

受け取ってないから来たようだ。

よほど早く欲しいのであろう。

携帯を郵便局員さんに見せながら、

「届いてるはず!」

「じゃあ家に到着するまで待てって言うの?!」

など言って怒っていたのである。

郵便局員の一人が、

「あなたの言うことはわかりますが、」 (頭ごなしに怒って断ってないところが素晴らしいと思った)

「300もの郵便物があるんです。それを一つ一つ探すことはできません。」

「もう20分でここは閉まるんですよ。今から探すのは無理です。」

と言っていた。

明日来たら探してくれるのか、と詰め寄るこの女性。

しかし、

「明日来てもらっても無理です。300もの郵便物があるんですよ。探せません。」

と言う郵便局員さん。

しかし女性は譲らない。

3度同じことを繰り返し言い、

3度同じことを言われていた。

「う~、いい加減にしてくれよ。。。」と思った私。

私が後ろにいることに気が付いたからか、

女性は諦めて出て行った。

出ていく際、私の目をじ~っと見て出て行ったが、

「あなたも同じ?私の気持ち、わかってくれるわよね?」

とでも言いたかったのだろうか。

それとも、

「あんたが来たせいでこれ以上文句が言えなくなったわ!」

と怒っていたのだろうか。

きっと彼女のような人が毎日何人か来ては郵便局員さんに詰めよってるだろうと想像し、

郵便局員さん、頑張れ!と心の中で応援した。


郵便局員さんが奥から持ってきたクリスマス・ボックスは、

左上の角が思い切り潰れており、

その上輪ゴム2本で縛られていた。

箱が開いているのが窺えた。

まさか。。。200ユーロのOne 4 allのバウチャー、盗まれてへんよな!!!!

One 4 allのバウチャー。たくさんのお店で使えるから便利なのよ。https://www.one4all.ie/retailer.html

はっきり言って他の物はどうでもええ。

これさえ手に出来れば…本望である。


箱をもらったのだがIDを見せてとも言わないのでこちらから見せたら、

「ああ、もういいよ。」

と一言。

これが日本ならまずこうは絶対言われんよな。

IDがなければ渡してもくれないだろう。

臨機応変なアイルランドっていいわね~と思った。

そして徒歩で来た道を帰った。


諦めてたクリスマス・ボックスが届いた。


4日前にアクティブ・トラッカー・ウォッチがぶっ壊れ、

一昨日からボイラーが動かず、このくそ寒いのにヒーター無しで過ごしている私にとっては、

このクリスマス・ボックスの到着は嬉しかった。

家で輪ゴム2本で止められた、左上の角が思い切り潰れた箱を開ける。

IMG_9154.jpg

真っ先にバウチャーを探す。。。

入っとった!!!

抜かれてなかったわ!!!

奇跡!!!🤓

もうこれだけで私は幸せであった。

そして後は諸々。。。

IMG_9155.jpg

自分ではほとんど買うことがない不健康そうなお菓子の数々、

会社の卓上カレンダー、(仕事でいるのよ)

クリスマスツリーの飾りやらスクラッチカードが入っていた。

そしてこのカップケーキ。

IMG_9156.jpg


賞味期限、12月30日。


もう思いっきり過ぎとるやん!!!

心なしかカップケーキが固い。

まあ食べても大丈夫やろ。

そういえば昨日テレビでやってたんだけど、

古くなったバゲットを蘇らせるには、

水を霧吹きで吹きかけて、

アルミホイルで来るんでオーブンで少し焼くと蘇るらしい。

カップケーキでやってみるかな!

早速マネージャーに報告しやな!!!


これで一件落着した会社から貰ったクリスマス・ボックスの件。

来年のクリスマスにはもうコロナはどっかに行ってしまって、

例年通りホテルでクリスマスパーティーをやることになっているといいけど。

そしてもう二度とクリスマス時期に郵送してこないよう社長に言わねば。

特にバウチャーは手渡しでお願いしたい。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.