FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その146 進むワクチン接種、でも気を付けないと!

2021.01.13.22:38

昨日やっぱりブログアップできませんでした。

すみませんでした。

いや~、年度末決算、そして会計監査プラスいつもの仕事の期限が来ていてもう。。。えらいことになってるんです。

マネージャーも毎日残業。

会計監査人からあの数字出せ、この数字出せって言われてえらいことになっているらしい。

月曜日は午後10時過ぎまで働いていたらしい。

当分こんな感じなので、

ブログアップが毎日できないことがあると思いますが、ご了承ください。


さて、またコロナ記事ですが。。。

もう読み飽きてますよね?

私も実はあんまり書きたくないとは思っているのですが、(暗い話がほとんどだし)

いろいろ毎日情報が入ってくるので、

書かざるを得ない気持ちになってしまうのです。

一日にも早くコロナ記事を書く日が終わりになってほしいと願っているところです。


今日のアイルランドの感染者数は3,569人。

亡くなった方が69人もいらっしゃいました。

急に亡くなる方が多くなって…悲しいことです。

結局コロナに感染したアイリッシュの友達Tちゃんは、

入院しなくてもいい状態のようですけど、

彼女は甲状腺に異常があるんですよ。

一番体の弱いところへコロナがそこへアタックしているらしくて、

ものすごく甲状腺が腫れている写真を今日送って来ました。

格闘技などで相手の弱点ばかり責める選手がいますけど、それを思い出してしまいました。


コロナのワクチン接種ががケアホームにも浸透している現在。

中にはお年寄りで起き上がれない人や、

椅子に真っすぐ座ってられない人などがいますよね?

そういう人を看護師さんが支えるわけですけど、

やっぱり力がいるし大変。

ということでアイルランド国防軍の方が手伝いに行くそうですよ。(勿論手助けが要らないケアホームもあるので軍が行かないこともあるが)

ケアラーさんの中にはもちろんワクチン接種が嬉しいけれども、(怖がらずに仕事ができるし)

軍のかっこいい男性が現れるのを楽しみにしている人もいるらしいです!(気持ちわかるわ~)


父の話では日本ではワクチン接種の話が進んでないとのことでしたけど?

ヨーロッパはすごい勢いで進んでると言う感じですが。

副作用が怖いし、私も100%信用してないって言うのが本音。

でもそうでもしないと日本に帰れないと思うと。。。

私はやっぱり接種します。

元々健康上に問題あるしね、私は。

でも副作用が原因で死ぬってなったら。。。もう死んだら死んだやわ。

それが寿命やったと思うことにして天国へ連れて行ってもらおうと思います。(地獄は嫌って言うわ!)

アイリッシュの友達で誰一人としてワクチンを接種しないと言う人がいないのですよ。

私の数少ないこちらに住む日本人のお友達はどうかな?今度聞いてみよう。


ワクチン接種が増えてきた現在。

それでもやっぱり接種してない私のような人たちはまだまだ気を付けないといけない。

先日ダブリン北にあるドラムコンドラ(Drumcondra)の駅の中へ行ったんですよ。

そしたら改札口すぐにこちらが!

IMG_9121_202101140453352c2.jpg
(トイレによくあるやつに見えるがそうではない!)

3層のサージカルマスクが2ユーロ、(普通1ユーロだから倍する)

ハンドサニタイザーが3ユーロ、(3ユーロにに見えるが2ユーロなのかも)

2層の洗えるマスクが3ユーロ、(3ユーロに見えるが、5ユーロなのかも)

使い捨ての手袋が6枚入りで2ユーロ。(普通はボックスで売ってるからもっと高い)

うっかりマスクやハンドサニタイザーを忘れて家を出ることってあるからこれは便利。

でもまさか、アイルランドでこんな自販機を見るとはね。。。

誰も想像してなかったでしょう。


私の場合マスクはジョギングに行く以外、外に出る時には着用している。

近所を散歩に行くにも着用しているのだ。

マスクもちょくちょくいろんなところから買い、

現在では12枚ある。

私のお気に入りのはやっぱり犬や猫の柄の載ったマスク。

Aちゃんの従妹の奴はお気に入りの一つだ。

その中でも一番着け心地が良いのはどれか、と言われると。。。

こちらだ。

IMG_9180.jpg

NEQIというリユーザブル・マスクだ。

IMG_9178.jpg

3枚一袋で確か20ユーロだったはず。

このマスク、実はマスクテストでBest Buyに選ばれたマスクなんです!

Aちゃんがいち早くその情報を知り、

去年買って私に一枚くれたんですよ。

くれたのは黒いマスク。

黒以外にピンク、黒いマスクの周りがヒョウ柄、白と黒のごま塩柄、

子供用はブルーの数種類しかないのがちょっと残念かな。


先ほど言いましたけど、

本当に着け心地が良いのですよ~。

布地がやわらかで、

いい感じで口の周りにスペースがあるから息がしやすい。

3枚重ねでちょっと集めだから中にフィルターを入れたりしなくてもよい。

耳のあたりもゴムではなく同じ柔らかい布地なので耳が痛くないし、

調節もしなくてよいから楽で耳に優しい。

普通のコットンの布地だとちょっと固めだし、縮むものもある。

今までちゃんと耳にかかってたのに、

突如として耳から外れてしまうなんてことがあるけど、

そういうことはこのマスクでは起こらないのである。

このマスクはアイルランドで購入する場合、

イギリスのドラッグストアー、Boots(ブーツ)にしか売ってないはず。

それもどこのBootsにも売っているわけではないのでご注意を。

ダブリンの街中なら、

ジャービス・ショッピングセンター(Jervis Shoping Centre)のBootsに売っているくらいです。

でもBootsのオンラインショップからは買えます。着け心地が良い点でお勧めだ。https://www.boots.ie/sitesearch?searchTerm=NEQI%20ADULTS


何枚あってもうれしいマスク。

そしてまだまだいるハンドサニタイザー。

これからまだまだ重宝します。。。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

No title

2021.01.19.12:06

ティファニーさん。寒い寒いアイルランドで本当頑張っていますね。
ワクチンは、日本人は急ぐと嫌いますね。
お医者様が言ってましたけど、「俺はワクチンもマスクもしなくてもインフルエンザに罹ったことない」というやつは、ワクチン打ってる大勢の人、マスクしてる大勢の人に守られてるってことを感謝しないといけないと。
アイルランド人がワクチンに積極的なら、アイルランドにいるうちは、ティファニーさんも守られるかもしれませんね。基本マスクはワクチン。どうかどうかご自愛くださいね。

シャムロックさんへ

2021.01.19.20:12

なんとかやっております!ありがとうございます!

お医者様の言っていらしたこと、「おお!」でした。ものすごく納得です。

まさに周りの方によって守られてるわけですけど、そんなこととは夢にも思ってない人たちがたくさんいるってことですよね。フォローしているとあるYoububerさんは過去にマスク不要、コロナはただの風邪って言ってたんですよね。最近そういう動画を出してません。きっと出せなくなったのでしょう。

マスクとワクチン。まさにです。シャムロックさんもご自愛くださいませ。

No title

2021.01.22.11:08

>コロナはただの風邪 
これ日本でも言う人います。

お医者様曰く、SARSは悪魔の顔をした悪魔
コロナは普通の風邪の顔をして無症状の若者を利用して感染させ社会不安と医療崩壊を招き、結果若者の学業・職業・夢を奪う悪魔と言っておりました。。。

シャムロック

2021.01.24.15:37

なるほど。お医者様、さすが的を得ていらっしゃると思います!納得です。

先週金曜日、チャットショー、Late Late Showにコロナで旦那様を亡くした奥様がで出演していたそうです。
旦那様はランニングしたりしてかなりFitな方で、持病も無しだったけど、突然コロナになり数日後にはお亡くなりになったそうです。(奥様や娘さんは喘息持ちだったそうですが、コロナ感染がなかったそうです)
健康でもやはり亡くなることもあるってことをやはり人々は頭に入れておいた方がいいと思いました。

お互いにコロナに負けず過ごしましょうね!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.