FC2ブログ

ティファニー、詐欺に引っかかる-その後

2021.02.19.21:41

いや~、むっちゃ落ち込みました。

翌日の方が落ち込み方がひどかったわ。

自分のあほさ加減にもう、うんざりでございました。

かなり波動が下がってましたね。


水曜の早朝に銀行の人に金曜日にもう一度連絡を入れるように言われたので入れました。

カードは止めてもらってあったし、

詐欺の口座にお金が入らないようにブロックもしてもらってありました。

水曜日の朝に電話したときにかなり焦っていたようで、

何をしてもらったのかちゃんとわかってなかっということがわかりました。

新しいカードはすでに発行手続済になっているらしいので、

そのうち届くようだ。

その新しいカードにも、

詐欺の口座にお金が入らないようにブロックをかけてあると言っていました。

色々やってくださってあり感謝しかありませんでした。


「警察に連絡を!!!」


と言われるかと思ったけど、

言われることはありませんでした。

なのでこちらから聞きましたけど、

連絡する人はやっぱり大金を取られた人だと言われました。

しかも銀行のログインナンバーやらパスワードを渡してしまった人などだそうだ。

銀行になりすましのテキストも来るからな~。

だから言われませんでしたわ。

私、2ユーロですから!!!

いつも買うディカフ・ラテ・オートミルクのコーヒーを買うより安いからなあ。(3ユーロ70セントするし)

その2ユーロはもう相手側の口座に入ってるのでそれでおしまい。

ただしその2ユーロの返金を望むなら、

用紙に書いて銀行に提出しないといけないらしい。(銀行のサイトにリンクがあるらしい)

でももう2ユーロだから。。。

2ユーロのために銀行員さんに働いてもらうのもね。。。

人生の勉強代ということでそのままにしておきます。

と、ここで銀行さんの役目は終わり。


仕事が終ってから今度は近くの警察署へ。

運が良かったようで、私の前に誰もおらず。

呼び出しベルで呼んだら私の年齢くらいの男性警察官が中から出てきてくれたので話をしたら、

また中に入って他の警官と相談してくれた。

その後、違う男性警察官、40代前半くらいの人が出てきて、

事情聴取!

初めて事情聴取されたわっ!!!

あの長方形のメモ用紙にブルーのボールペンで書いてたわっ!!!

警察からも銀行に連絡を入れるそうで、

後日連絡をくれるとのこと。

でも詐欺の被害金額が2ユーロなのでたぶん連絡は来ないと思う。

それに言われたのが、

アイルランド内の犯罪でないとやっぱり何もできないとのこと。

例えばイギリスやらベルギーなど海外の集団がやっている場合、

例えアイルランドに住む人が5000ユーロの詐欺に遭っても、

インタナショナルの詐欺を扱っているところは興味を持ってくれず、

動くことはないらしい。

ただ、

私は警察や他の人に知ってもらいたいという思いがあったので行ったまでです。

とにかく行って良かったと思いました。


Aちゃん曰く、

詐欺側は私のカードがブロックされているのはわかっているはずだから、

たぶんこれ以上私からお金を取るために追ってくることはないと言う。

私もなんだかそういう気はしますし、

そうあってほしいです。

何かまたあればアップしますが、

これでこの件はお終い!となると思います。


とにかく2ユーロで済んだだけむちゃくちゃラッキーやった。

不幸中の幸いであったと改めて思いました。


私はいつも人生においてピンチになると、

どこからか助け船が出たりして助けてもらっています。

または酷い結果にならずに済むことばかり。

もうこれは小さい時からこうなのです。

主なことで言えば、

高校受験時だって結局受験せずに推薦で入ったし、

大学受験時だって結局受験せずに推薦で入った。

ちょうど行きたい学校の推薦制度が私の年からできたからである。

うまいこと障害物を避けてすり抜けてると言われているし、私もそう思う。

2005年時に病気になった時も助けてもらったし、

2018年時の病気の時も、死んでもおかしくなかったのに2度目の人生を頂いた。

2010年だったか、うちの会社の裏でScumbagsに生卵を投げられて左目に当たった時も失明せずに済んだ。(失明することはあります。このブログにも当時書きました)

とにかく小さなことから大きなことまでたくさんあるんです。


うちの父がよくこう言います。

お墓参りするとちゃんとご先祖さんが助けてくれると。


コロナで日本に帰れないからお墓参りが出来ないのが残念ですが、

日本に帰ったらすぐにお墓参りに行ってお礼を言おうと思います。

でも寝る前に毎日必ずご先祖様や守護霊、エンジェルさん方にお願い&お礼を言って、

手を合わせて感謝しておりますけれどもね。

だから今回も助けてもらえたのかな、と思っています。


さあ、明日は久々の土曜日会社出勤の日だ。

気を取り直して会社の裏のカフェでお気に入りのスコーン買って、数時間働いてきます。

それでは皆さん、良い週末を!

来週月曜日にお会いしましょう。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.