FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その157 グラフトン・ストリートのプロテストが暴動へ!

2021.03.01.21:49

皆さん、週末はいかがでしたか?

アイルランドはとってもいい天気!

暖かかったんですよ~。

8度~9度ありました。

日陰に行くとちょっと肌寒いし、夜もちょっと冷えますけど、

春は確実に近づいております。

そんな土曜日。。。

薬を行きつけの薬局へもらいに。

その後街に出て(シティーセンター)買い物へという予定でございました。

しかし街行のバスに乗っている間、

薬剤師さんに処方箋をもらうのを忘れた私!

(6か月分書いてあるのですよ)

薬局で預かってもらえるんですけど、私がそれが嫌なのでいつももらって帰るのですわ。

バスを降りて慌てて電話したら、ちゃんと保管してもらってあったのでほっ。

またバスに乗って取りに戻ってもいいけど、

そうすると街に戻ってくる時間が遅くなる。。。もっと人が出てきて、

街が忙しくなるのが嫌やなと思ったので、そのまま保管してもらうことにしました。


さあ、お目当ての物を買いに行くぞ!!!


と、その前に久しぶりにオコンネルストリートにあるThe Rolling Dolnut Kioskへ。

ここの一つ1ユーロのシナモンドーナツを食べるのは6か月ぶりか???

ここのはグルメドーナツじゃなくて、申し訳ないけど家庭で作るしょぼい系のやつ。

でもこれが私の大好物なのだ!!!

食べながら歩いてたら、向こうから歩いてきたちょっぴりぽっちゃりのおっちゃんアイリッシュに声をかけられたのですが、

タイプではなかったので無視してしまいました。(売れ残りのおばはんでも選ぶ権利はあると信じている)

最近やたらにすれ違い際に男にニコっとされたり、

バスの男運転手に挨拶されたり、よくあるのよね~。

波動が上がっているらしいわ!!!(ええこっちゃ!)


そして北から南へ大移動!!!


Fallon & Byrneへ。

ここのフォカッチャが3.95ユーロでちょっとお高いのだけど、むっちゃうまいの!!!

イタリア語のM先生のお勧めなんですよ。

土曜日はサンドライ・トマトのフォカッチャが一つ残っていたのでそれをゲット!

サラダも買って大満足でお店を出て、

アジアンマーケットへ餅を探しに。

さすがにもう売ってなかったわ~。

どうでもいい物をここで購入してその足でSt.Stephens Green Shopping CentreにあるDunnes Storesへ。

買い物を済ませて外へ出たら、なんかえらい人が多いのがわかった。

これでスーパー3軒行ったけれど、

どこも結構人が多くてもう2メートルのソーシャルディスタンシングは皆無やったよな~。

天気がいいけど行くところがないから、

みんなスーパーに流れているのか???とも思ったり。

午後1時20分くらいになってた。

お腹もすいた。

ということで毎週末恒例、Bさん宅へお邪魔してお昼を食べるためにバスに乗りBさん宅へ。

ちょうど2時頃に着いたかな?

その後Bさんのワンちゃんリリーを連れ散歩したり、

テレビを見たりしてまったりと夕食まで過ごしたんです。


するとAちゃんが、

6時のニュース、見てる?

と言う。

全然見てなかったけど、どうして?と聞くと、

ダブリンのグラフトンストリートで暴動があったと言うではないか!!!

えっ???私がいたときはそんなんなかったよ!人は多かったけど。。。

ああ、そっか!

人が多かったのは、これがあったからやね!!!

ただ天気が良いから人が大量に街に出て来てたわけではなく、

プロテストに参加するために多くの人が出て来てたということだ。


そういえば。。。


街行のバスに3人の若い男の子たちが乗ってたけど、

3人ともフィーディー着てマスクして目だけしか出してなかったな。

私は彼らの後ろに座ってたんだけど、

私はなぜか彼らに顔をジロジロ見られてたし、何度も目は合うわでちょっと嫌やったんよ。

街でバスを降りた3人だったけど、歌いながらバスを降りてたわ!

このプロテストに参加するために街に出てきたんやと思う。

プロテストが暴動になることなんて最初からわかってたし、期待してたはず。

いっちょ暴れたろか!という感じだったのだろう。


このプロテスト、

Peaceful Protestということでネットで呼びかけをしてたそうですけど、

実際にはマスク反対、ロックダウン反対、ワクチン反対と極右グループ、

そして警官が嫌いで殴ったろとか思っているような連中が集まった。

だから。。。

暴動になった。(ツイッターより抜粋)

PROTEST 3

白い服の男はロケット花火を警官に向けて発射しているところです。(子供に火をつけて発射させた映像がネットに出てる)

PROTEST 4

警官に向かって唾吐くってのはよくやるんだよな、こういう連中。

警察犬が駆り出されてかわいそう!!!

PROTEST 2


他の国、都市でも起こっている暴動。

とうとうダブリンでも起こるようになってしまいました。

23人逮捕ですけど、今後もっと逮捕されるでしょう。

映像がネットに出ているので、どこの誰ってたぶんわかるはずだしね。


警官は3人けがして、そのうち一人は入院。

警官の皆さん、本当にもうなんて言っていいか。。。体張ってのお仕事、ありがとうございます。

まさに彼らは市民の安全を守ってくださった。

住民からも暖かい言葉がたくさん寄せられたそうです。


皆さんはどう思われるかわかりませんけど、

私はこういう連中が大嫌いです。

ネットにこんな意見がありました。

たぶんここに集まっている連中は仕事もなくて、

国から手当てをもらってる連中で、(私たちの税金よ!)

もらってるくせに国に文句言ってるあほな奴らが大半だろうと。

私もそう思う。

若い連中は暇だから暴れたくて行ったに違いない。

ちなみにこの日、GPOでは大勢が集まって路上でお酒を飲んでたんですよ。

路上での飲酒は法律で禁止ですよ。

それにしてもやることが情けないって私は個人的に思います。


と、この件を受けて思った。


警官侮辱罪、この国での刑の重さってどう何やろう?

今回から超重い刑にしたらどうよ?って思うわ。

刑務所行になるのはええけど、私らの税金で物を食べんといてほしいって思うのは私だけか?

刑務所行ったら自分のお金で食べ物とか払ってねって思っちゃうんだけど。

それを言ったらBさんもAちゃんも笑ってたけど、私は本気で思ってるのよね。

ちなみに暴動の罪はこうなっているそうだ。(詳しくはこちらより。https://www.citizensinformation.ie/en/justice/criminal_law/criminal_offences/public_order_offenses_in_ireland.html

PROTEST 5
罰金に制限なしか!しかも10年刑務所に行く可能性もあるのか。なるほど~。(上のサイトより抜粋)

それにさ、

今回のことでコロナ感染者がまた増える可能性あるよ。

で、結局連中が頼るのが国と病院でしょ?ドヤ顔で文句言ってても。

なんなんやろな、と思うわ。

感染するかもしれない恐怖と毎日向き合ってる医師や看護師に本当に失礼極まりないと私は思う。
(実際亡くなった方もいる!)

プロテストに参加すること自体、何とも思いません。

好きにしたらええと思う。

特に長引くロックダウンでみんなうんざりだから、

政府に不満を持つのもよくわかる。

でも暴力に出ることには断固として反対だし、

法律で禁止されていることを大勢で堂々とやることにも反対だ。

結局一人一人は小心者だからみんなで集まってでないとできないって言う風にしか見えない。

集団いじめの心理と同じよね?

一人じゃあようやらへんのよ、怖くて。

それに暴力で勝とうとすると、暴力で負かされるって私は思うのですよ。

それに人生、鏡と同じでしょ?

良いことをしたら良いことが跳ね返ってくるけれど、

悪いことをしたら悪いことが跳ね返ってくるんだよ。

これ、宇宙の法則やん。

ネットの書き込みには、この暴動にはがっかりさせられた、

こんなところで国旗を振りかざさないで欲しいって書いてる人も見た。

国旗が汚されたって思ったのかもと思う。


このニュースを聞いて私個人的に気付いたことがある。

「いや~私、ええ時に街に行って、ええ時に帰ったんや!」

と言うことだ。

処方箋を取に戻って街に出てきていたら暴動に巻き込まれていた。

またご先祖様やエンジェル様に助けていただいたと思った。

助けていただいてまたまた感謝であるとともに、

もう暴動は二度と起こらないで欲しいと願う一方だ。


しかし、今回のプロテスト=暴動は「お試し」だったらしい。

どうも今度は極左グループが今月17日、18日にまた同様の奴らと同様のプロテストを計画しており、

もっと大きな規模でやる計画をしていると言うニュースとネットで見た。

もしもっと大きな暴動になったら。。。

ダブリンが暴力に染まるのを私は見たくはない。

マイケル・コリンズ(アイルランド政治家であり独立運動家)は今頃お墓の中で泣いているのではと思う。


月曜日から暗い話題ですみませんでした。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.