FC2ブログ

メーガン妃とヘンリー王子のインタビューより進撃の巨人138話の方が大事やったおばはん

2021.03.09.21:46

お久しぶりです!

連日の残業+土曜日も数時間仕事で半分死んでおりました。

昨日も(もちろん)残業でど~っと疲れが。。。

そんな昨日、イギリスとアイルランドでは散々話題になっていたメーガン妃とハリー王子のインタビューが放映されました。

アメリカより1日遅れて。

イギリスはITVで午後8時半から、

アイルランドではRTE2で午後9時から2時間放映されました。

アイルランドでは800,000人以上が見たって話です!

アイルランド人は歴史上王室嫌いな人が結構いると思うんだけど、

みんなこれは「面白そう!!!」って思って見てたみたいね。

ITVはどうもコマーシャルがかなり入っていたみたいですけど、(ネットでそう言っていた人がいました)

RTE2ではコマーシャルが全く入っておりませんでした!

さすが国営放送。

住民からお金取ってるからやっぱりその辺はちゃんとしたわね。笑!

昨日はぐったりだったので、

自分の部屋で、ベッドに横になりながら見ることに。

インタビュー、Bombshell!!!でしたね。




私の意見なんてどうでもええ、取るに足りないものってのはわかっておりますが、

どう思ったか?をちょっと書きます。


私はこのブログにも前に書いたと思いますけど、

メ―ガン妃、私は全然彼女のファンとちゃうんです、ファンの皆さんには申し訳ないけど。

インタビュー見たらその考えが変わるかな?と思ったけど、

全然変わらなんだ。


思ったことを言っているだけなのだろうけど、

それに色を付けてちょっと大袈裟に言っている部分がある感じがどうしても拭えなかったのである。

ちょっと演技してない?って思ってしまう瞬間が何度もあった。

それに???って思ったこともあったしねえ。

メディアから逃げたいはずでしたよね?でもやっぱり利用してるとしか思えんけどな~、悪いけどさあ。


王室のことがどんなんかわからんまま結婚したって言ってませんでしたか?

そんなんあり得へん。

と言うのが私の意見である。

ヘンリー王子から聞いてなかったって言ってませんでした?

そんなんあり得へん。

と言うのが私の意見である。

本当に彼女の言うことが本当なら、ヘンリー王子は無能だって言うツイッターを見てワロタもんな~、悪いけど。


人種差別を受けたことは可哀想やとは思った。

私たちのような黄色人種が彼と結婚するとなっても、同じことを言われていたであろう。

黄色い子が出てくる!とかさ。

王室だけでなくてイギリス人って結構差別する人多いと思うよ。

ブレグジットでも問題になってたやん、ポーランド人に対する差別がひどかったしさ。

白人が白人をも差別するんだから。

だからそれを聞いて驚きもせえへんだ、正直。

でも息子のアーチ―がプリンスのタイトルをもらえないのは彼の肌の色が原因とか言ってたのも問題になってる。

誰がプリンスのタイトルが貰えるかってのはもう100年以上前から決まっているらしいし、

それは肌の色が原因ではないから間違いよね。

ただ、今回の彼女の差別発言ですけど、

差別発言をした人、状況、内容が全くわからない。

彼女の一方的な話だけ。

この件については、私自身も黄色人種として白人が多く住む国に住んでいますからわかるけれど、

こちら側に被害妄想ってあるのよ、どうしても。

だから相手が悪気があるわけでもないこと言っているだけなのかもしれないが、

真剣に「差別」として判断してしまうっていうね。

私は彼女は完全にその域に入っているのでは?と思ったのですよ。


メンタル的にやばい時に助けがなかったって言ってたけど、

それは王室側があかんわな、と思った。

でもヘンリー王子が横にいたわけだし、

GP呼ぶとかできたんとちがうかな?と思ったけど。

彼自身メンタルヘルスのチャリティーに関わってるって聞いたけど???

そのあたりもどういう状況でどんな風に断られたのかはわからないから、

やっぱりきちんと調べて王室側が公にするべきとちゃうかしらね。


確かにさ、

女優生活から王室ってシンデレラスト―リーではある。

綺麗なドレスきて晩さん会行ったりコンサートに行ったり、

豪邸に住んだり、

お金の心配ないし、セキュリティーも付くとかさ。。。

でもきっと思っていたよりずいぶん窮屈な生活で保守的でついていけなかったのであろう。

言いたいことをパッと世間に言えるわけでもないしね。


私は話半分くらいに聞いた方がええかな、と思いながら見てました。

彼らが言っていたことは正直彼ら側の意見だけだもの。

嘘を言っているとは思わないけど、

彼らの話や状況の取り方次第ですから、やっぱり相手側の状況も考慮に入れないと、

彼らの話だけを丸呑みして信じるのは危険と違うかなと私は思う。
 
どんなことでもストーリーには2面性がある。

だから裁判でも両者の言い分が言えるわけですよね?

喧嘩両成敗だしさ。


とにかく、今回のインタビュー、

見てるうちになんだか退屈になってしもたんですわ。(そんな人、私だけか?)

もう見んでもええかな、と思って。

で、思い出したかのように進撃の巨人138話のマンガを映してくれてる動画を見出したのである。

いやっ!衝撃的やった!!!むっちゃいい!!!(アニメ派の人は見ないでね)



でも、ジャン!私、彼のファンやったのになあ~~~。

とにかくマンガの方が大満足やし大事でございました。

だって、来月で最終回やもんなあ!!!

王室の話はまだまだ続くし、もっといろんなものが膿のように出てくるであろう。

最終回はまだまだ来ないから焦って見なくてもええよな、って思ったのですよ。

結局進撃の巨人138話を2度見て、

テレビを消して寝ました。


今日、マネージャー(33歳男)にインタビューを見たかどうか聞いたら、

「僕、そういうの興味ないから。」

と言われてしまいました。😅

男ってそんなもんかな。😅

ちなみにエリザベス女王が数時間前にちゃんと今回の件に関してコメントしたそうですわ。



いろんなジョークの写真が出回っております。

明日その一部を載せようかと思います。

こちらの記事から今日のイギリスのタブロイド紙の一面が見れます。興味のある方はどうぞ。

https://www.thejournal.ie/meghan-harry-interview-front-pages-5375749-Mar2021/



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.