これでテストは合格!?

昨日は前に話していた、CIMAのExam Technique Seminarへ行ってきました。このセミナー、テストに不合格した人をメインに、テストに合格する回答の書き方を教えてくれるというもの。何をやるにもコツがあるってことですね。

セミナーに参加する数日前、セミナーに参加すると同居人Aちゃんに話しました。(以下二人の会話)

ティファニー:「どうせ知ってることしか話さないから何も学ばないだろうけど、行ってみるよ。1時間半で20ユーロ。安いしさ~。面白くなくてもコーヒーかティーが出るらしいからうれしいわ~。何も出してくれないとむかつくもの。ああ、ビスケットだしてくれたらいいな~。」

Aちゃん:「あんた、食べ物目当てで20ユーロも払って行くの?超せこ~い!考えられない!」

と罵倒されました。

それはともかく、参加者は22人。50代位のアイリッシュおじさんがいるかと思えば、20代前半、私のようなガイジンも結構いました。

講師はDavid Harrisというイギリス人の元CIMAExaminerで10年CIMAにいてExamを作ったり、点をつけてたそうで、40ポイントから49ポイントで落ちる人のどこが悪いか、良く分かっているらしい。(CIMAは50ポイント合格)最近"Pass first time!"という本も出してます。ブログもやってるらしいです。

内容的には、
1)勉強する前にOutcomeを見ろ。No outcome = no questionだから。(そりゃそうだ)

2)Syllabus(概要)をよく読め!(分かってたけど、あまり目を通さなかったわ~)

3)CIMAが使うVerb (動詞)には5段階。気をつける。つまり回答へのアプローチになるから。(分かってるんですけど。。。)

4)Diagram(図形)を使うな。点にならない。そんなことはみんな知ってるし出来るから。使うときは使え、と指示されたときのみ。(指示ないのに使ったことあるわ~。あれ、無駄だったのね。。。)

5)だらだら書くな。時間の無駄。(だらだら書けないからこれはOK)

6)問題を何度も読め。文章の中に、回答するヒントが必ずある。(分かってるんですよ~でも見逃してるはず)

7)たとえばAdvantage/Disadvantageをあげろ、という問題のポイント配分は10。でも7個しか答えられなかったとしても、心配後無用。CIMAは50ポイントで合格だから、すべて出来なくてもあわてない。(あわてたな~)

8)Answer Planを作って解答用紙に書いてもOK。(Answer Planはあくまでも自分のためです)
時間がなくて、すべての回答ができなくとも、Answer Planが解答用紙に書いてあると、(Answer Plan参照)と最後に書けば点をつけるExaminerはかならずそこを見て、いいことが書いてあれば点をくれるらしいです。(知らんかった~)

これにいちゃもんつけたアイルランド男がいました。解答用紙が汚くなって見た目がよくないからだめだ、と。よくいるんですよね~、クラスで授業取ると、講師のお勧め方法に超反抗するやつ。でも、元Examinerが点やるって言ってんだから、素直に聞いとけよ!と思いました。

CIMAは普通のAcademic Examとはぜんぜん違って、知ってればOK、合格!ではなくて、その上のスキル、たとえばDiscuss,Analysis,Adviseなどなど出来なくては合格しない、そのスキルは上のレベルに行けば行くほど求められるのだとのこと。(Strategic Levelでは知識はあって当たり前。だからスキルの割合がほぼ50%)かなり、汗。。。

これで合格する!というより、やっぱ難しいわ~CIMA。。。と思いました。Management Levelでつまずいてちゃ~先が思いやられるってもんですわ(涙)

なんのこっちゃ?と思っている方、cimaglobal.comへどうぞ。過去問なども見れますよ。ためしに回答してみてください。

ぜんぜん関係ないですけど、今日のお昼はこれです。

Lunch 1

このTuna Salsa、(イギリス製品)うまいんだな~。それにこのヨーグルト(アイルランド製品)も!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 会計系資格へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

素晴らしい情報のアップありがとうございます!!

Answer Plan でも点をくれると知っていれば、書いたのにーー、と今さらとっても遅いのですが、思いました。

一番の「勉強する前にOutcomeを見ろ」のOutcomeは日本語でいうと何でしょうか?
すいません、英語勉強しないと・・なのですが、・・教えてください。

No title

いや~無料で内容を教えてもらいちゃった~~。
ありがとーございます!

私はもっぱらCIMAのWebsiteのディスカッション・フォーラム専門(ロム専門・爆)で、あそこで皆が聞いたり返事したり、とかなり参考になるときあります!

回答を順番に書かなくても良い・・(って知らなかったんです、私)って事もフォーラムで読んで、学んだんですよ・・
わかんない回答を後に回した時に、もしその回答欄が充分においてなかった場合どーすんだろ、とか悩んでたわけでして私(爆)番号さえ、はっきり、きちんと書いていたら大丈夫って。

あと、CIMAのサイトの問題の答えの書き方とかにも、答えの下書きを解答用紙に書いて良いってありますよね、結局何か書いてりゃ点がもらえる!という事なんでしょうねぇ。

カイリーさま、今日の日記は本当勉強になりました!

Re: そうせきさん&しげ美さんへ

> このテクニックセミナー、役に立ちましたよ、意外と。参加者ほとんどがStrategic Levelで落ちたことのある人たちでしたけど。やっぱ、あのレベルはかなり手ごわい。。。です。
>
> とにかくCIMAやってない人にはまったく関係ない内容でしたがお二人に喜んでもらえば本望です!
>
> 元マネージャーSさん、(うちの会社はやめましたが今でも私のお友達)、去年の5月に無事Qualifiedになりました。彼女、テストは同じ科目を何度も落としていましたがTOP CIMAだけは一発合格!そういう人、意外と多いらしいですね。その逆ってのも凄く多いとか。私の場合はそのどちらにも当てはまりません、きっと(涙)
>
> Outcome...日本語ではどういうんでしょうかね。ぴったりとした訳はないですよね。結果ってことですけど。ようは、試験に合格するために知っておかなければいけない項目、それをやることによって最終的にこういうことがわかるように、出来るようになるってことですよね???(だと思ってました)
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.