FC2ブログ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その174 やっと決まった!外食ルール

2021.05.26.20:35

ホテル、B&B、ゲストハウスなどは6月2日からやっとオープンできることとなっているアイルランド。

ホテルを見ると、部屋の窓がかなりの数開いており。。。

オープンを前に掃除して空気の入れ変えでもしているのであろう。

ホテル内のレストランは室内でのオープンも可能になる。

これはA little bit of normalityがnormalityに戻る、大きな第一歩ですよ。

ただ、外食業界はルールがちゃんと決まってもいなかったので、

政府を訴えるって言ってたばかり。

やっと政府がガイドラインを今日発表しました!


パブやレストランは6月7日から、

屋外でのサービスが可能になります!

ただ、ルールがあって、

1テーブル大人6人まで。

一人で何テーブルも予約はできません。

つまりパーティーはダメってこと。

年齢は13歳からそれ以上。

ただ大人がいれば、12歳からそれ以上の子供もテーブルに着けます。

その場合、一つのテーブルで15人を超えてはいけません。

ライブミュージックやパフォーマンスは無し。

午後11時半に閉店すること。

ソーシャルディスタンシングの距離は2メートルのままではあるが、

テーブルとテーブルの間は1メートルのソーシャルディスタンシングとなる。

それが守られていれば屋外は時間制限なしでいられるとのことだ。

ただ、ホテルやB&Bの場合は屋内なので、

105分までと決められている。

しかも事前予約要。

でも宿泊客だけ利用ができるわけではなさそうなので嬉しい!

Aちゃんからとあるホテルのアフタヌーンティーのバウチャーを誕生日のプレゼントとしてもらっているので、

天気がいい、暖かいうちに行って、

外でアフタヌーンティーがしたい!と思っているので、

ものすごく楽しみであります。


前回、ロックダウンが緩和したときも屋外でのレストランやパブのサービスが認められていましたけど、

その際9ユーロ以上のご飯を出さないとサービスできなかったのですよ。(覚えてます?)

もうそれはないので、

ウェットパブ(Wet pub)と呼ばれる、ご飯を出さないパブも屋外ならサービスできることになりました!

これで多くのパブが救われることになりますわ。

そして!

来月6月16日に行われる恒例のブルームスデー(Bloomesday)もきっと楽しめますよ。

ジェームス・ジョイスファンはたまらんでしょう。

海外からの旅行者はほとんどいないでしょうから、

私でも今年はブルームスデーにユリシーズに登場するDavy Byrnes(デイビーバーンズ)パブに行けるかしら!https://www.facebook.com/davybyrnes/ https://davybyrnes.com/

IMG_9897.jpg
今年はここでブルームスデーにゴルゴンゾーラチーズのサンボとバーガンディーワインをグラスで頂けるかしら!

IMG_9898_20210527050633129.jpg
“ Hold to the now, the here, through which all future plunges to the past. ” Ulyses.


これで街はもっと賑わいを取り戻すでしょう。

ちなみに屋内での飲食は7月半ばになるのではと言われています。

さあ!私も2回目のワクチン接種を終わればもっと安心して友達と食べに行ったり飲みに行けるわ!

そのためにもまずは美容室に行って髪の毛を何とかしてもらわないと!!!(今週土曜日に行ってきます)

家でヒールを履く練習もしないとね。👠 

毎日スリッパかスニーカーでしか歩いてないから。😅



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.