FC2ブログ

神様~!!!

2021.06.02.20:45

すみません!!!

昨日、突然友達が来ることになり。。。ブログが書けずアップできずでございました。

申し訳ございませんでした。


では本題に。。。


昨日、ちょっと仕事上で長年取引している会社と請求書の金額でもめたんですわ。

で、それを解決すべく、仕事に関わった同僚のポーランド人Kちゃんに電話。

ポーランド人って結構気が強い子が多いけど、彼女はそうでもない。

仕事もできるし、とってもいい人なので私は彼女が大好きだ。

なので仕事の話とは言いながら、ちょっと違う話も電話でする。

話したついでにとある同僚女のことを聞いてみた。


とある同僚の女。。。


3年ほど前でしたか、このブログでも書いた同僚のブラジル人女、I。

こいつは卵女として私の周りでは有名な女だ。

そう、この女は冷蔵庫に入れておいた3日ほど期限が切れた卵が掃除のおばちゃんに捨てられたのに腹を立て、

全同僚の前で私に文句を言ったくそ女だ。

実際に捨てたのは同僚Aさん。

私は掃除のおばちゃんに給料を払っていたため、私に文句を言ったのである。

お門違いもいいところである。

翌日、実際に卵を捨てた同僚Aさんにはまったく文句を言わなかかったこの女。

それ以来、私の中ではこの女は「終わった女。」だ。

この女、仕事ができる女であればまだ良かったのだが、

完全に無能。

英語もちゃんと喋れないので何を言っているのかわからないと周りからも言われていた。

文章もめちゃくちゃで、メールを読んでいても意味が分からないことも多々あったため、

卵女のマネージャーが「基本英文」をいくつか用意して、

仕事の内容によってその基本英文を使い分けてメールを送るよう指示していたくらいである。

わからないのにわかる振りし仕事を間違えてもいた。

プライドが高い女でもあったので、

説明して欲しいと他の同僚に頼むも、説明の途中で逆切れをしていた。

「そんなのわかってる!」

という始末。

無能な上にプライドが高いと言う、にっちもさっちもいかないこの卵女。

こいつがやたらに間違えるので、私の仕事にもかなりひびく。


もう何も触らんといてくれ!!!


そして一昨年、付き合っていた金持ちアイリッシュ男との子供も妊娠した。

その妊娠も、マネージャーと社長のみに告げ、

なぜか同じ課の同僚には一言も言わず。

しかしその後、私と同じ課で働いている同僚Aさんにはこっそりそのことを告げたのである。

その件で同じ課の同僚が大激怒!

だって、最終的に卵女の仕事をカバーするのはAさんじゃなくて彼らだからね。

妊娠中はホルモンバランスが悪いので、無能&プライドが高いMAX状態になり、

突然仕事を休んだり、

医者に行くと言いながら行かないで休んだりやりたい放題。

妊婦カードを使いまくっていたのである。

トイレの使い方もえらい汚いので有名であった。

そんな卵女、好かれるはずがない=誰も話題にもしない。


そして去年の5月から産休に入った。

卵女が仕事を触らない代わりに、仕事ができるKちゃんや他の同僚がきちんと仕事をしてくれてたお蔭で、

私の仕事もえらいスムーズになり、問題なしになったのである。


卵女よ、もう二度と会社に戻ってくるな!


私は祈っていた、このまま会社を辞めてくれることを。。。


そして現在。。。


そろそろ産休は終わりなのに、何の音沙汰もないので、(誰も話題にもしないが)Kちゃんに聞いてみた。

「5月中旬に戻ってくるって言ってたけど、やっぱり6月初めにするって言ってたの。」

「でももう仕事には戻らないことになったのよ。」

聞き間違えたかと思ったので、もう一度Kちゃんに確認。

仕事辞めたってことよね???と。

そうだと言うKちゃん!

そして思わず言ってしまった。

Thank you, God!

そして拍手もしてしもたので、Kちゃんは電話口で笑っていた。


電話を切った後、私は吉本新喜劇の和子おばちゃんになっていた。(こんなに長く話してはいないが)



もちろんツィゴイネルワイゼンも私の頭の中では流れておりました。




神様~!!!

ありがとうございます。

私の願いをかなえてくださいまして。

まさか本当に願ったことが叶うとは思っておりませんでした。

もう卵女の無能さに付き合わなくてもよくなるかと思うと嬉しさが込み上げてきます。

会社に戻っても、もう二度とカビが生えまくったパンをキッチンに置きっぱなしにしたり、

カビ部分を取って食べている姿を見ることもない。

私だけでなく、他の同僚もホッとしていると思います。


FBも同僚だし、しゃあないから友達登録してあるけど、

さっさと消そうと思います。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.