クリスマスNo.1ソングの行方~その1~

今日も予告どおりX-Factorネタです。最近勉強や仕事でほとんど出かけておりませんのでネタがテレビ物に偏っていますがお許しを!

さて、X-Factor。優勝者はSimonのレコード会社SYCOからレコードを出せます。賞金も1Million Poundもらえます。が、大概賞金はマーケティング等に使われてしまうので現金は残らないらしい???

とにかくクリスマスに向けてシングルを必ず優勝者は出します。これが毎年クリスマスNo1!Simon、儲かってしゃあないわけです。商売上手やな~。

ちなみに歴代(2004~)の優勝者はこちら。

                      X- Factor 17
 Steve Brookstein。2004年優勝。アルバムセールス一位獲得も2枚目で一位が取れず、Simonの会社から干されました。今も活躍してません。雑誌のインタビューで文句ばっかり言ってます。彼の優勝が決まったとき、「彼は売れない」ととっさに思いましたが私の勘が珍しく当たりました。

                      X-Factor 10 
Shayne Ward。2005年優勝。シングル一位獲得。かなり男前~!!!結構売れたのですが、最近音沙汰なかったんです。でも先週のX-Factorで新曲を披露。あんまりええ曲と違うけど、男前だから許しちゃう!Louis Walshが今でもマネージメント???

                       X-Factor 13 
Leona Lewis。2006年優勝。かなり美人ですよね~。アメリカでもかなり売れました。日本にも行ってましたね~。彼女は本当に歌がうまいです。でもNo Personality という噂が。。。

                        X-Factor 15
 Leon Jackson。2007年優勝。なぜ優勝したのかさっぱりわからなかったです(爆)だって、歌うまくないから。。。シングル(アルバムも?)一位獲得も、Steveと同じようにその後Simonの会社から干されました。活躍してません。

                        X-Factor 14
Alexandra Burke。2008年優勝。彼女、オーディションで一度落とされているのですが、再度挑戦。見事優勝!お母様はSoul II Soulのメンバー!彼女は売れてます。シングルもアルバムも一位獲得。歌も踊りもとても上手です。

そして去年の優勝者がこの人。

                     X-factor 9 
Joe McElderry。まだ19才です~。今年カミングアウトしました。おばちゃん、応援してたよ~去年!Cheryl Coleが指導者でした。歌が上手です。

Joe McElderry君、ちょっと災難続きなのです。

去年のクリスマスに向けて出したシングル、The Climb。Miley Cyrusの曲だったんです。

                  Miley Cyrus アイドル!Miley Cyrus。

いつもクリスマスNO.1をSimonの会社、つまりX-Factorの勝者が奪っているのですが、これにうんざりした人たちがクリスマスソング一位妨害作戦に出ました。Joe君のシングルに対抗して出されたのが彼らの曲、Killing in the name。

                        x-factor 12 
バンド名はRage against the machine。アメリカのバンドです。

そしてこの作戦は見事

大成功!

彼らの曲がクリスマスソングNo.1になりました。かわいそうに、Joe君は二位に甘んじました(涙)。しかも最近彼が出したアルバムも3位が最高。Simonに干されないことを願ってやみません。

では今年はどうなのか?ということですが、実はあるんです、同じような作戦が。作戦の内容は明日のブログで。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

優勝者の中では・・・

好きなのがいません。Alexは優勝して欲しかったから、優勝して嬉しかったけど(笑)

やはり優勝しないで正解みたいに売れたJLSが良いですわ~~~~(笑)あの第一回目のSteve,めちゃくちゃ嫌いでした。Fake満開ーーー・・

しげ美さんへ

Shayne Wardも好きじゃないんですか?友達が彼とのツーショット写真を持ってるんです。むっちゃ悔しかったです(涙)

JLSは売れてますよね~。Steve、友達がやたらに応援してました。なんで?とおもってました。友達はもうSteveの名前すら出しません(爆)
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.