ダブリン流?ごみの出し方

試験の結果でまだ落ち込んでおりますが、いろんな方から励まされ、しかもカイロの先生にまで、

『Don’t quit! You’ll get there!』

と昨日励まされ喝を入れられましたので、やはり続ける事にしました。もうあほ丸出しですが、(しかもブログに結果まで載せるしねえ~笑) あほな私の挑戦に励まされた同級生Aちゃんが准看護婦の勉強に取り組んでる現在。私が勉強してることでがんばろうと思える人がいるなら、やろうじゃないか!と思いました。

励ましてくださった皆さん、どうも本当にありがとうございます!

さて、では本題に。。。

イギリスも同じだと思いますが、こちらのごみ出しは基本こういった入れ物に入れ、家の前に出し、収集車に2週間に1回取りに来てもらうんです。朝7時ころ来ます。このごみ入れの名前はWheelie Bin。

            WHEELIE BIN 車輪がついてるゴミ箱。だからWheelie Bin。

ダブリンの場合、上の写真のものはプラスチックや紙、ダンボール、缶詰の缶専用。これと同じ大きさで黒いのが家庭用生ごみなど可燃物専用。といっても緑の箱に入らないものを入れてもいいようです。そしてもう一箱。こちらはちょっと小さめで茶色いもの。こちらには草やら花といった植物系をいれます。

そしておもな町には何箇所かごみ収集所というのがあって、緑のWheelie Binに入れられるもののほか、瓶、乾電池、電球やガラスなんかも受け取ってくれますが、収集所によって受け入れてくれるものが違うので要注意。収集所のおっちゃんに聞いてください。

例えばいらなくなったスーツケース。うちの近所の収集所では受け取ってくれないのです。どこか遠くの田舎まで(田舎って失礼でしたね。すみません!)もって行かないと行けないんですよ。遠いんで、黒いWheelie Binに入れりることに。

実はWheelie Binを使い出したのはAちゃんの家に住んでから。Aちゃんのお母さんのところでは黒のWheelie Binはありません。緑と茶色のみ。

前に住んでたBさんの家の近くではWheelie Binは支給されず。変わりに黒いビニール袋にコンビニで売りに出ているDublin City Councilのステッカーを貼って家の前に出してました。ステッカーは当時3ユーロ近くしてました。ちょっと高いんです。そのため、スーパーで買える一番でかい黒いゴミ袋にたんまり入れてましたね(笑) ステッカーが貼ってないと受け取ってもらえません。

Southsideに住んでいたときはコンビニの上に住んでいたので、コンビニ経営者が個人業者に頼んでもって行ってもらっていたので業者用の袋に入れて好きなときに出してました。(ほぼ毎日取りに来るため)なのでごみ出し無料でした、5年間!

じゃあ、Wheelie Binを使うとお金はどうなるの?と言うことになりますが。。。

このWheelie Binに住所とバーコードが載っているステッカーが貼ってあり、ゴミ収集車が読み取るんですね。それで確か6ヶ月に1回の割合でお金を請求されます。

ではごみはどうやって出す?Wheelie Binをゴミ収集車が来る前日の夜に出してました。近所の人もそうやってるから。しかし!夏のある日の朝、前日に家の前の歩道に出したはずの緑のWheelie Binがない!ええ???どういうこと?Wheelie Bin、

約40メートル先に発見!


夜中のうちに誰かが移動!その日から私たちはごみは前日の夜には出さないことにしたんです。だって、Wheelie Binを誰かに持ってかれて使われてチャージされたら最悪じゃないですか!

今年の秋、隣の家を買ったまだ20代の女性、Jさん。彼女の家にお邪魔したときに一言私忠告。

「Wheelie Binは前日出しちゃだめだよ。移動されてるかも知れないから。」


しかし、彼女はこの忠告を無視。私が日本に帰った次の日、前日の夜に出した彼女の緑のWheelie Binが

Set on fire!!!

治安があまりよくない町から来たガキどもがどうもやったらしい。Jさん、家の前で何かをされているのを知ってたそうですが、怖くてみれなかったそうな。近所の人がGarda(警察)に通報する始末。

そして先週もうちの近所を歩いていたら、同じく緑のWheelie Binが半分燃やされて溶けているのを発見!

この場合、又新しいWheelie Binがもらえるんですが、お金を払わないといけないのかは不明。今朝Jさんのうちに新しいのが届けられたのを見ましたが、クリスマス&年末年始だったからか火をつけられてから

約1ヶ月

かかってますよ。。。すぐにあげてよ、Dublin City Council!

とまあ、うちの周りはこんな感じですわ。ごみ出しの基本、それは

ごみは当日の朝、早くに出せ。

でないと

火をつけられるかも。です。


って、もしかしてうちの周りだけだろうか。。。やばい!

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.