そのときご飯食べてました。

今日のネタで今後皆さんからのアクセスがなくなると思いますが、気にしないで書いちゃいます。そして長いです(汗)。
そうです、またまたアイルランド政治家の話。興味ないですよね、皆さん。(汗)

ただいまアイルランドではGeneral Election(総選挙)の話題で持ちきり!3週間ほど前から今月25日の選挙の日に向けての選挙運動が始まっております。

経済最悪、仕事無し、税金値上げ、Bailoutなどなど問題が山積み。これを機会にアイルランド再建をかけた総選挙だから特に注目を浴びております。本当にJustin Bieberと同じくらい注目度高いですよ(笑)。

そこで、昨日アイルランド人の間ではこの話題でもちきり!

DEBATE 1 TV3のLeader’s Debate。真ん中が進行役Vincent。

昨日の夜8時から9時15分くらいまでやっていたLeader’s Debate。これにまつわる話題でラジオやテレビは騒いでおりました。何でか?というと。。。

このディベート、上の写真の一番右奥の人、Fianna Fáil(フィナフォイル)の党首、Micheál Martin。(この人は前に私のブログでもご紹介しました)この人がいいだしっぺで決まったディベートだったのです。彼が招待した他の党の党首は、LabourのEamon Gilmore。(上の写真の左手前の人) 
Eamnon Gilmore

そしてFine Gael(フィナゲール)のEnda Kenny。

Enda Kenny

ディベート、大事なんですよね。だってこのディベートが選挙の結果にかかわって、現在の党首が将来の首相(Taoiseach、ティーショック)になれるかもしれませんから。ディベートでちゃんと政策いって、相手の党の弱みに漬け込んだり、言い返したりして話の技量を見せないといけませんからねえ。

しかし、このディベートの招待状を却下したのがEnda Kenny。理由が、去年の10月に放送された番組、このブログでも前に紹介した、Tonight with Vincent Browneが原因だとか。。。

Vincent Browne 4 Vincent。大ファンです(汗)

この番組でVincentがEndaのことを悪く言ったらしいんです。それが気に食わなかったらしく、かなり怒ったEnda。Vincentはその後すぐに謝罪。この二人実は1996年にも同じような問題があったらしく、因縁の仲?のようです。

Vincentがディベートを番組で進行するとあって、Endaが出ないと言い出し、もめてました。が、結局出ませんでした。

ほかにも出ない理由がこれ。
1)「3党首だけのディベートには出ない。5党首でやれ!」

JOHN GORMLEY
Greenの党首John Gormely。今回は招待されず。

Gerry Adams
Sinn Féinの党首、皆さんもご存知、Gerry Adams。今回は招待されず。

2)忙しすぎてスケジュールが合わない。

などとほざいていたのです。このため、国民からは、「ディベート出ると負けるからいやなんやろう」とか、『ディベートが怖いんやろう。』なんて言われております。

実は2007年のこの人とのディベートでぼろぼろにやられたらしいんですよ。それで選挙に負けた経験があるらしい。

BertieAhern 1   Bertie元首相。

それがトラウマとなっているのでは?と私は思ってますね。それがいえないからヘンないいわけしてるんじゃ?と思います。

そしてディベートに出なかったことを受けて国民からはきつ~いお小言が。。。

「Vincentにいやなこと言われたから出ないなんて、首相になったらいやなこと世界中から言われるのに、そんな人に首相は任せられない。Fina Gaelには入れない!」


ごもっとも!

昨日のディベート中、Enda Kennyは何をしていたか、と言うと

ご飯食べてた


らしい。なので見てなかったようですよ。(笑)

今、こちらのマスコミは政治家たちを毎日追いまくってます。そんな、ご飯食べたことがニュースになるなんて。。。なんだかアイルランドって面白い。それにやたらに政治家をSlagging offなんで私個人的には現在面白くて仕方ありません。

選挙権もないのに選挙が面白い!とおもってるのは私だけやろうか。。。。

選挙ネタはいやでも今後も登場します。。。忠告です。


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

確かにVincentが言ったことはひどいけど、ちゃんと謝ったから、Debateでるべきだったと思うよ。一応党首としての責任もあるし。結構、政治家達、国民に文句言われてるよね。

何だかんだ言って、Endaさんが次の首相になるのは、決まったようなものだよね。

No title

「Vincentにいやなこと言われたから出ないなんて、首相になったらいやなこと世界中から言われるのに、そんな人に首相は任せられない。Fina Gaelには入れない!」

これに関しては自分もごもっともだと思います。その辺をどうにかするのが政治家としての腕の見せ所なのではないでしょうか。

アンちゃんへ

わたしもEndaは出るべきだったと思うね。でもあの人あんまり頭の回転速くないから出ても勝てなかったと思うって言われてたね、テレビで。みんな結構言いたい放題で笑っちゃうよ~。

Endaは首相にならないと思うよ。私はMichaelだと思うな、なんだかんだ言って。

Kenさんへ

本当です。昨日ディベートに出ていたらみんなもEndaに対する考えが違ってたと思うんですけどね~。本当、腕の見せ所だったのにおばかやな~と思います。

No title

政治に疎いんで、コメント出来ないんですが。。
ティファニーカイリーさんの日記を読むと、
ニュースよりわかりやすいので助かります。

No title

ちなみにEndaさんのところには優秀なPRかMarketingのスタッフいないんですかね? こういうって、Endaさんだけの問題だけではなく、その下のPRチームの問題でもあると思うんですけどね。

どこぞの国の政党も本当にPRとかの管理ができてないないのでアイルランドのことはまったくいえないのですが、PRがきちんとできないと、政治もうまくいかないのではないのかと思います。


himadamさん

自分は英語(RP)の勉強のためにBBC Radio 4を聞けと、Elocutionの先生に言われて聞いているのですが、聞いていると、自然と政治、経済に詳しくなりますよ。

himadamさんへ

わたしも詳しくないんですが、やたらに政治番組が最近多いので見ているうちにちょっとわかるようになりました。
お役に立てて光栄です!

Kenさんへ

多分EndaはPRの人とかMarketingの人とか無しで自分で決めて結構動いてる気がしますね~。自分でほとんど決めて行動してる気がしますよ。

ええ、Endaはちょっとへまをしましたが、これから巻き返せるか。。。今度ディベートに出るらしいですよ。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.