GOOD FRIDAY(グッドフライデー)なので。。。

今日はグッドフライデー。日本語で言うと聖金曜日ですね。復活祭前の金曜日ですね~。

このグッドフライデー、アイルランドでは正式には祝日(Bank Holiday)とみなされていません。そのためオープンしている会社が結構あります。(ショップはほとんど開いてます。)

うちの会社もしかり。うちはスケルトンスタッフ(全員出社でなく半分ほどの社員が出社)で半日だけ営業。Aちゃんの会社は一日。

うちの会社の場合、各課で誰か必ず一人が出社しないといけません。社長はグッドフライデーには必ず出社しますが、必ず遅出早帰りです。ええ身分やわ。ま、あの人の場合、来ても何もやることないんですけどね(笑)。

そこで私のいる経理課。私が必ず出社。会社設立は8年前ですが、8年間私はずっとこんな調子で出社。うちの課のアイリッシュ、出勤したがらないので(爆)。

社内を見渡すと、アイリッシュは社長と輸入のマネージャーのみ。後は全員外国人!うちの外国人社員は総勢9人。内訳はポーランド人7人、イタリア人1人、そして私日本人が1人。そこで今日の外国人出社率はなんと、

100%!

笑ってしまいました。本当にうちのアイリッシュ、イースターは働きたくない人ばっかりやわ(爆)。

出社しキッチンへ直行。するとケーキが置いてある。なんやろう???チョコレートのケーキ?

GOOD FRIDAY 2  ポピーシーズが一杯入ってる!

これ、ポーランドではイースターとクリスマスの時期だけに食べるケーキだそうな。名前をMAKOWIEC(マコーベッツ)と言うらしい。マジパンの味がしました。アーモンドが入ってるから。私、マジパンあんまり好きじゃないので一切れだけ。おかわり無し。

でもアイルランドやイギリスではこちらを食べるのが定番。私の大好物!

hotcrossbuns 1  Hot Cross Buns! (ホットクロスボン)。M&Sには一口サイズも売っている。

このバージョンのもある。

hotcrossloaf 1  Loaf(ローフ)バージョン!スライスしてトーストするとうまい。

普通はグッドフライデーに食べるらしいのですが、こちらでは2.3週間前から思い切り売ってますのでいつでも食べてOK。

そしてアイルランドやイギリスではイースターサンデーにエースターエッグ(卵の形をしたチョコレート)をもらい、むしゃぶりつくのが普通。イースターにランチ、またはディナーパーティーを開く家庭もございます。

話を戻してグッドフライデー。今日はパブは全部閉まってます。スーパーでお酒を売ってもいけません。今日だけ禁酒。そのため、あわてて前日にお酒をスーパーやライセンスのお店で大量に買うアイリッシュがいます。というか、毎年必ずいます。たった一日なのに、あせらなくてもな~と思うのは私だけだろうか?あせるアイリッシュ、なんだかかわいいわ(笑)。

その閉まってるはずのパブですが、午前12時になるとLate Barやナイトクラブはオープンしますのでご安心を。

そういえば、「グッドフライデー、開いてます」って張り紙をしていたパブ発見!どうもお酒を売らず、食事を出すからみたいですが。。。一日くらい閉まっても売り上げにさほど変わりないと思うけどな~。


そういえばさっき、ポーランド人の同僚たちが、イースターは家で卵に塗り絵し、エースターマンデーはウェットマンデー(Wet Monday)といって人に水をかけるのが習慣らしい。バス停でバスを待ってると必ず誰に水をかけられるらしいので月曜日はどこにいても(たとえ家の中にいても)かなり危険らしい。

アイルランドでは卵に塗り絵なんかしないし、水かけないし。。。ポーランドのイースターの方が楽しそうやな~。


ということで25日(月曜)までイースターで会社はお休み。ということでブログも25日までお休み。26日火曜日に再開です。それでは良いイースターを!


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こん☆
うち英語で遊ぶLABOっていう所に行っているんだけど
ナーサリーライムをみんなで歌いながら手遊びをするんだ!この間ホットクロスボンンの歌でみんなで遊んだところだっだから、この記事をみんなに見せてあげようと思う!
みんなも知らないと思うな~☆
ちなみに、みんなでホックロスパンって歌ってたんだけど
なんでボンなの?

むぎさんへ

バンと日本語訳にはなってますが、発音的にはボンのほうに近いと思うんです、アイルランドでは。なのでボンとわざと書いてあります。ほ~そんな歌があるんですね~。知りませんでした!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.