He's almost a human being! (ほぼ人間)

昨日ほどいやな日はありませんでした。何がいやか。。。昨日は私の

41歳の誕生日

だったからです。

この日がどれだけいやだったか。。。40歳のときはパーティーのオーガナイズやクルーズ旅行で忙しかったし、うきうきで「40歳=かなりばばあ」という現実を忘れられたから。でも今年は違いました。

年を取ると見てくれがとんでもなくおばちゃんになるし、体の悪いところもかなりでてくるのでもすごくいやなんですが、それだけではなく年齢を重ねるとともに、いろいろ人生ってもの自体を考えないといけないことも増える。避けて通って来ても後で必ず追いかけてくる。。。とにかく考え出したらえらく気落ちしてかなり

Depression


この土曜日はGirls Night Outなのですが、頼んでもないのに誕生日だからついでに祝うということになり、

ちょっとほっといてよ。。。

そう思った私。とにかく全然誕生日がうれしくない私。Happy Birthday!といわれてもどこがやねん、Unhappy Birthday やわ!と言い返しておりました。そんなことですから、カードもプレゼントも何もほしくない、騒がないでほしいんですが、アイリッシュっていらん、と断ってもくれるんですよ。いやだ、といっても聞いてない、というか聞いてない振りしたり。

そのため土曜日Night Outの件で他の友達からメールが回ってきたのでお返事に

「カードやプレゼントはほしくないので絶対持ってこないで。誕生日が大嫌いだから。もらったら私の(ばばあ)年齢を思い出させるだけのでやめて。警告-くれた人は侮辱したと取ります。気をつけて。」

てな感じで英語で書いて送ったらすごい大不評!かなり失礼だ、メールを読んでかなり落ち込んだなどいわれたため、翌日謝る羽目に。(まるで私のブログと同じ。すみません。) 日本語に訳してもかなり失礼やね、やっぱり(汗)。とにかくいらない理由をちょっと詳しく書いて送りました。

とにかく落ち込んでいた私。Aちゃんとご飯に行く予定でしたが、落ち込みすぎで人と話すのもいやだったため1人で元気を出すためにご飯を食べに行くことに。高くても行ってやる~!ということでこちらに行ってみました。

THE SADDLE ROOM 1  The Saddle Restaurant. 5星ホテルThe Shelbourne Hotelにあります。

Early Bird(夜7時までに入店)の2コースが22ユーロ、3コースが25.95ユーロ。こんなもん食べました。(こっそり撮影に成功!)

THE SADDLE ROOM 5 二人で入ってもパンはひとつ。レーズンと多分たまねぎ?が入ったパン。結構うまい。それに暖かい~。

思い切り勢いよくパンを半分一気にむさぼってしまったため、この時点でちょっとおなかが一杯(汗)。

THE SADDLE ROOM 4 スターター。チキンとマッシュルームのテリーヌっぽいやつ。

チキンを昼に食べたのに、メニューをちゃんと読んでいなかったため、間違ってオーダー。またチキンかよ~!と思いながら食べた一品。でもこれは結構おいしい!

THE SADDLE ROOM 3 
マス。ニジマスってかいてなかったのですよ~メニューには。確かSeasonal Troutって書いてあった気がする。違いがありますか?魚はわからん。

とにかくこれ、パンフライにしてなかったのです。ちょっと蒸してある感じ。。実はこれには超がっかり。あんまりうまくなかった。。。周りのソースも大しておいしいとは思わず。前にもご紹介したLe Bon Crubeenのニジマスの方が全然うまかったわ。

THE SADDLE ROOM 2 これは!!!にんじんの山!

まるでにんじん天国。にんじんが大嫌いなのでよけたらポテト二つしか食べるものなし(涙)。でもこれにかかっていたバターとなにかのソースはうまかった!

結局デザートを食べる余裕のおなかがなく断念。デザートメニュー見ても絶対食べたいものがなかったのでやめたってのもありますがね。

食べたら機嫌が良くなった私。もうすぐ27日も終わりやしね~!とそこで思った。

食べる=機嫌が良くなる=うれしい=うちの実家の犬のとむ

なんや、うちの犬と私は一緒かい!!!あまりに自分が単純だと気づきました。

家に帰り、Aちゃんとお話し、機嫌も良かったので、FACEBOOKに来ていたHappy Birthdayのメッセージにお礼のお返事を書くことに。するとびっくりする人からメッセージが!普段絶対人にHappy Birthday などと間違っても言わない、いかにも人を思う心がなさそうなAちゃんの弟Bくんから!(お母さんのBさん&Aちゃんを除く)


あまりにびっくりしたので今日メールでAちゃんに告げると、一言メールでこのように述べていました。

He's almost a human being.


妖怪人間ベム???

(爆)

41歳、がんばって生きます。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

お誕生日、おめでとうございます。
えへへ

ちょっとまとめ読みしてるんですが。。
なんですか!?!高級なお食事特集ですか??
蒸しマスもおいしそうに見えますが、だめでした?

お誕生日おめでとうございます

怒っちゃったかしら?

アメリカ人もケーキや小銭集めて、職場でお祝いをするんですが、私は一年参加して、一抜けしました。そうしたら、いつの間にか中止になっていました(笑)。この不況で、友達とも中止で、助かってます。

昔ある人が、「お誕生日は、母親に【生んでくれてありがとう】の意味を込めて、母親とお祝いをする」と聞いて、できた人は違うなぁと思いました。

私は誕生日に「お母さん、生んでくれてありがとう」と言ったことがありますが、母は随分喜んでいました。もう永眠しましたが、生前に言えたことはよかったと思っています。

ティファニーカイリーさんも、そんな風に見方を変えると、違った誕生日を迎えられるかも?です。

himadamさんへ

ありがとうございます。。。(素直に受け止めます)

いやいや、高級そうなところに行っても安いものしか食べてません。しかもお昼やら自宅で夕食などの費用はかなり削っております(涙)。

ええ、マス、だめでした~。私にはお高級すぎたか???(爆)

cocoriruさんへ

いえ、怒っておりませんのでご安心を。ありがとうございます。

ええ、めんどくさいんですよ、基本的に誕生日が。わたしも友達にはカードをあげる以外あげないようにしているのでもらわないようにもしています。facebookでメッセージ送るのが一番良いですわ~。

なるほど。。。産んでくれてありがとうか。そんな風には考えたこと一度もないですね。そうですね、そういう見方をこれからしないといけませんね。いいことおっしゃる!ありがとうございます。お母様、さぞかしうれしかったでしょう。

私は母にはほとんど誕生日を覚えてもらっておりません。「あんたの誕生日、いつやった?」と、誕生日が過ぎて数週間後によく言われることがあります。産んだ記憶がないんやろうか。。。ちょっと不安です(爆)。

No title

お誕生日おめでとうございます♪

年取るのはだんだんうれしくなくなりましたが・・・、世の中きっと見た目年齢ですよ!
ティファニーさんは見た目年齢かなりお若いから全然大丈夫!!!

見た目チョット老けてて実年齢言ったら反応に困られるより、見た目で若く思われて実年齢いって「見えない!!!」とびっくりされるほうがお得かと♪

No title

同い年なので、よ~くわかります。
40になった時は、「おぉっ、ついに私も!」って感じで、まだ大丈夫やったけど、
41になるって、すごい、なんか・・・、ねぇ?!(汗)

それに、「誕生日がめんどくさい」ってのも、すごいわかる~!!!(爆)

やっぱり、こういうのはケジメ?! なんで、ちゃんと言っておきましょ~!
お誕生日おめでとう、ございました~♪


かろりーなさんへ

ありがとうございます~。

いやいや、肌のはりが全然ちがいますよ。20代にもどりたいわ。。。いや、せめて30代に。。。(涙)
「いや~40には見えない~!」とよく言われますが、いくつに見える?と聞くと35~8くらいといわれ、「20代&30代前半には絶対見えない」自分を知ると悲しくなりますね。。。まあ、年齢はしゃあないです。

Kazさんへ

ありがとうございます。

本当に、40と41の差がおおきいとおもっているのは私だけだろうかと思いましたが。。。(笑)

特に40代で独身&男無しはかなりきついんですよ、実は。。。日本にいたらこの重圧に耐えられるかどうか。。。Kazさんのようにお子さんも旦那さんもいたら多分自分の年齢を考える時間もなく忙しく、充実しているでしょうね~。うらやましいですよ!子育てがんばってくださいね!

No title

(言っても良いという事なので、)

お誕生日おめでとうございますーー!

私も、すぐに追いつきますので。

そうせきさんへ

ありがとうございます。もう散在お祝いの言葉をいってもらったので大丈夫になりました。来年また落ち込むでしょうが(笑)
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.