ドレスコード、出来ました。

そうなんですよ、ドレスコードが出来たんです、先週ここに。

DAIL.jpg Dáil Éireann。(ドイル・エアラン、本会議場)

ここでいろいろドイル・エアランの議員さんたち(TD,ティーディーと呼ばれます)が議論するんですが、ここに出席する時の服装について最近いろいろ言われておりました。そこでThe Dail Watchdog(議会の監査人たちというところでしょうか?)がとうとう

ドレスコード導入。

日本の議員さんたちって、ちゃんとスーツ着て(しかもかなりよさそうなやつ)国会に出てますよね。1人1人の服装なんて気にしたこと無いですよ。気になるのは寝てるやつがいることぐらい。

アイルランド、何でこんなことになったのか、と言うとこのTDたちの服装が原因。

Luke F 1 Mick-Wallace-.jpg
Luke 'Ming' Flanagan (ルーク・’ミング’・フラナガン)とMick Wallace(ミック・ウォレス)日本にはいないタイプの議員さん。


二人はどこの党にも属さない、インディペンデントTDと呼ばれる方たち。今年の選挙で当選したんですが、当選当時からいつもカジュアルな格好。ついでに議会にもカジュアルな格好で出てくるため。ジャケットもネクタイも無い。

そして皆さんもよくご存知、この人の服装も言われました。

GERRY ADAMS 2Gerry Adams(ジェリー・アダムス)。こんな感じで議会に出る事があるらしい。

女性TDの場合もジーンズだめとか決められてます。というかジーンズはいて議会に出てる人、一度も見たことないけど。と言うことでちゃんとジャケット着て、議会に見合ったスマートな服装で来なさい、と決められたわけ。

しかしルーク・ミング・フラナガンTDがドレスコードに反発!「不景気で仕事も無くて暮らすのに大変な人が一杯いるし、国が借金抱えてるこんな時に、何でThe Dail WatchdogがTDの服装気にするなんて!そんなん情けないぞ!」と言ってたみたい。

まあ、ドレスコード、ええんとちがうの?やっぱり場所に見合った格好するべきと思うんですけどね~。議会って、大事なことを決める大事な場所だしさあ~。

そんな中、おとついこんな事件が。。。

ミック・ウォレスTD,マイクがオンになっていたのに気が付かず、ルーク・ミング/フラナガンTDとシェーン・ロスTDに一言いっちゃあいかんことを言い、それを聞かれてしまったため問題に。

この二人が似てると言ったためです。

       Miss Piggy Mitchell OConnor
         Miss Piggy(ミス・ピギー)とMitchell O’Connor TD(ミッチェル・オコナー)似てる?

顔が似てるというのもあったと私は思いますが(汗)、ミッチェルTDの服装がその日はどうも派手だったらしく、Miss Piggyも派手な服を着るためからきたコメントらしい。

これを聞かされたミチェルTD,

大泣き


豚に似てるといわれたのと同じようなものだったからか?女性としてはちょっとショックか。でもミチェルTDに似ているといわれたMiss Piggyも大してうれしくはないだろう。

その後、ミック・ウォレスTDが謝罪して一件落着。しかし新聞のこの記事の下にはこんな写真が。。。

MONSTER 13TDS&3Monsters.

あんたらも人のことは笑えんで~ってことか(爆)。お後がよろしいようで。。。



ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ドレスコード導入、結局なくなったみたいですね~。
http://www.irishtimes.com/newspaper/frontpage/2011/0715/1224300763166.html?via=mr

ミック・ウォレスがオーナーのレストランにこの間行ったら、
本人が出てきて、カウンターの中で自分で飲むワイン開けてた。
やっぱりピンクのシャツ着てたわ!

ミス・ピギーさん、
「もうこの件に関しては、終わりにしましょう。こんなことを問題にするより、私達には解決しなきゃいけない大事な問題がいくつもあるんだから!」ってキッパリとインタビューで言ってましたよ~。
ちょっと高感度が上がりました(苦笑)

Kazさんへ

ああ、ドレスコード導入は無くなったのですね。知りませんでしたよ。これまた失礼いたしました(汗)。知らせて下さってどうありがとうございます。

ミックTDはいつもピンクのシャツなのですね。そこまで徹底してるとかえって気持ちいいかも!(笑)

こんな事がニュースになるアイルランドはまだ大丈夫ということでしょうかね(苦笑)


Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.