10年ぶり!語学学校再入学(大汗)

土曜日は前にもブログに書いたとおり、10年ぶりの語学学校入学の日でございました(大汗)。

いや~恥ずかしながらの10年ぶり再入学。でもなんかこの雰囲気、なつかし~。ものすごく新鮮でございました。

土曜日はやってないところが多いダブリンの語学学校。しかし、友達の旦那さんが経営しているこの語学学校(旦那さん自身も先生よ)は土曜日も授業をやってくれる。働いてる人にはとてもありがたい。

結局私は個人レッスン。時間も私が行きたい時間に先生をつけてくれるという、かなり融通が利く学校だ。

とりあえず、毎週土曜日の午前中、1時間の授業を9月3日までの予定でお願い。週2回行けるといいんですが、何せお金に余裕がありませんからそれは無理(涙)。

先生は友達の旦那さんからEさん(男性)と教えられていたのですが、どんな先生かな~、どうしよう、怖い人やったら。。。とかいろいろ考えたりして。夜が眠れないほどは考えてませんでしたが。でもどんな人やろう、気があるだろうかと思うとちょっと不安。例えばこんな感じの先生か???

ENGLISH 4 ギャ!

しかし、実際会ったらとても気さくな先生で、年齢的には30代後半くらい。授業が始まって30分ほど、たくさん質問され、英語で答えました。といってもかなり気さくに。初めてのデートで質問されてるって感じ(爆)。かなり会話が弾み、30分なんてあっという間。

でもこの会話、ただ喋ってたわけではない。ちゃんとE先生は私の発音、アクセント、文法をチェック。30分チェックしてたわけですわ(大汗)。結果、

「文法も発音(R&L)も今のところ間違ってないよ。」


ほっ!しかし、

ダブリンアクセントがあるね。もしかしてダブリンの子と一緒に住んでる?アクセント、直す

ダブリンアクセントで有名なのがBUT。" バット "と発音するのが普通でしょう。が、ダブリンは" ブット"に近い感じ。Busは"バス"ではなく、"ブス"に近い。ダブリンに長く住んでる日本人の方もこういう発音をしているはず。

アクセントは今から直すと頭がこんがらがっておかしくなるんでやめてもらいましたが、発音と文法はお願いしました。


その後の30分は文法やらをフレーズなんかを習いなおし。いや~ちっとも頭に入ってませんでしたね。もう感&一か八かで喋ってたのが丸わかり(大汗)。

宿題をたんまり出されて昨日がんばってやりましたが、怪しい。。。Aちゃんに学校に通ってる間、宿題見て!と昨日お願いしたら、

「What??? Why???」

Aちゃん、むっちゃいやそう。とばっちりが来て大迷惑って顔でしたが、Aちゃんのいない間にベットの上に宿題のプリントをメモつきで置いてやろうかと思っています。

とにかくいい先生でほっ。教え方もとてもわかりやすくてよい。とにかく土曜日うれしかったのは英会話はナチュラルだと褒めてもらったこと。あまりにうれしかったのでAちゃんにも自慢(爆)。って、アイリッシュに自慢してもどうしようもないが(汗)。とにかく11年のダブリン生活、無駄じゃなかったわ(大涙)。

かなり気に入った語学学校の授業。個人レッスンで正解。E先生もとてもいいし言うこと無し。しかし問題が一つ。来週土曜日は先生が決まってないらしい。毎週違う先生って言うのはやりにくいので、友達の旦那さんにいってE先生にずっと教えてもらえるよう頼みました。どうなることやら。

それにしても大恥覚悟で行った語学学校。久々英語を習うって新鮮でとてもよかった。そして今だからこそ結構わかるってこともあって、無駄じゃないな~と思いました。

1ヶ月の予定ですが、もうちょっと通うかもしれません。英語もイタリア語同様がんばるぞ!そして今度日本に帰ったらこれを持ち帰る予定。

ENGLISH 3 英単語もがんばるぞ。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

相性の良い先生でよかったですね。

誰に習うかは結構重要ですから。

網野智世子さんへ

コメントありがとうございます!

ええ、本当にいい先生でよかった。気が合わない場合もありますよね。特に個人レッスンで気が会わない先生はきついな~と思っていたのでよかったです。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.