アメリカ vs アイルランド、Big turn-offs

昨日の新聞に載っていた記事から。

Turn-offsとは、この場合、女性が男性にしてもらいたくない行動など。これをやられると一気にさめる、興味を失う、いやになる、引くものということです。

先日このTurn-offsの調査が地元のラジオ、98FMでやっていたそうで、アイルランドの女性に聞いた結果がこれ。1位から10位までどうぞ。

1)Spitting
2)White Socks with shoes
3)Long fingernails
4)Bad teeth
5)Being too cheap
6)Being too "flash"
7)Bad shoes
8)Bad breath
9)Not liking animals
10)Bluetooth headsets

皆さんはどうですか?

1位、私もつばを吐く男っていやですよ。Ewwww!!!!です。で、踏みそうになるんで犬の落し物と同じくらいいやですね。

2位、靴に白い靴下か。。。これもちょっと。。。ですよね。女の子がやるのはいいけど男はね。もしややってる人います?アイルランドに来たら女性に嫌がられますよ。でもこの人のはOKだろう。

MICHAEL JACKSON 3 マイケルのは特別。

3位と4位ね。うん、不潔な感じだよね。元同僚(ポーランド人)はタバコの吸いすぎ?で指&つめが黒かった。むっちゃ汚れてたんですよ。手を洗わないのか?むっちゃ汚かったな~。しかも車で寝泊りしてたっけ。風呂に毎日入ってなかったと覆うな。Ewwww!!!

5位と6位ね。不景気だからしゃあないけど、けちは大嫌いです(爆)。私は初デートで金が無いけど腹がすいたと言われ、バーガーおごった。まあ、全部出せとは思わないが、最初のデートくらい、自分の飯は自分で払えよって思いましたね。それと俺は金持ちだ!ってこれ見よがしに超高級車に乗ったり、ジュエリージャラジャラもいやじゃ。そういうやつに限って不細工なのよね(爆)かなり引くわ。

7位。大学の時にむっちゃかっこいい顔なのに、靴が一度も洗ったことの無いような、汚~いのを、しかも毎日同じものを履いていた子がいたわ。でもこれはちょっと我慢できるかな。

8位。ああ、これもやだね。仁丹なめてもらわないと。

9位。絶対動物嫌い男とは付き合いません。これが私のTurn-offs第1位だ。

10位。ああ、これ!ちょっとばかっぽいんだよな~私から言わせてもらうと。

BLUETOOTH 1 デートの席での使用は避けてください。

アイルランドはこんな感じ。じゃあアメリカは???

1)A child
2)Bad Breath
3)"Douche-bag friends"
4)Swearing
5)Excessive Cologne
6)Bad pick up lines
7)Being negative
8)Bluetooth headsets
9)Dirty dancing
10)Overt drunkenness

よ~く、見てくださいよ、これ。で、アイルランドのものと比べてみてください。同じなのは二つしかない!しかも私がショックだったのは1位のA Child。男が子持だとTurn-offらしい。それってちょっと

Harsh

と違うかい???アメリカで子供が出来た後離婚した場合、男性は子供を引き取らん方がいいってことか?でも奥さんと死に別れたらどうなのよ?それでもだめなのか?う~ん、アメリカ人女性がわからん。

4位、9位と10位ですが。。。これ、一切アイルランドのものに入ってませんねえ~。もちろん入りませんよ。だってこれアイルランドの

女性もやってる

から(爆)。そして、

私もやります(汗)。特に4位。

3位ですが、こういう友達を持ってる男ってアイルランドでは普通(?)だからアイルランドには入ってないのかな(笑)。

5位はどうだろう。男性のアフターシェーブ(ようはコロンですか)の臭い、結構好きだけどなあ。私の周りの友達もそう言ってますが。そんなにいやか?じゃあ女性はどうなんだろう?アメリカ人女性は香水をかぶるようにつけないのか?こちらじゃ女性はかぶるようにつけるけど?私もそうですが、そうすると日本に帰った時、うちの犬とむちゃんがへんに興奮するので日本ではあまりつけないようにしてます(汗)。

まあ~これを見ると、本当に文化の違いがわかりますね~。面白い。で思った。私、アメリカ人女性とは合わない。

絶対アメリカには住めません。

ポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.