とうとう婚活開始だ!?

日本の友達(私と同じくアラフォー、40代)が最近婚活を始めました。

最近彼女のお友達が離婚。その後すぐに次をあせって探しているのにかなり感化されたよう。ああ~、気持ち、良く分かるわ(涙)。

知っている日本人(アイルランド滞在)で独身、しかも彼氏無しを探すのはかなり難しい。大概日本人の方は大半の学生さんを除き、すでに旦那さん・彼氏持ちでこちらに来て住んでる場合がほとんど。私のような人は本当に珍しいわけです。そのため(?)私はあまり日本人の方とは交流が無いんですよね。しかしアイリッシュの友達の方が独身がまだ多いのが私の唯一の救い。だからアイリッシュとつるんでると言っても過言ではありません。

しかし!もう41、賞味期限切れかけてますから本当はむちゃくちゃやばいわけですよ。ね?日本では大概30過ぎると見合いの話が減り、35過ぎると一段と減り、40になると

一切無し

と他の友達に言われましたが、まさにそうですよ。最近は近所の人も私に見合い話をまったく持ってこなくなったし(まあ、帰ってこないと思ってあきらめているらしいが)、現実はかなり厳しい。やっぱり男は若い女がええもんなあ~。しゃあない。

そこでアラフォーの友達は結婚相談所に通うことに決めたらしい。入会金が約一ヶ月分の彼女のお給料だそうな。いくらもらってるか知らないけど、かなりもらってるはずだから結構高いと思う。しかしやはり男性の方が女性より払わないと入会できないらしいですね。これは今も昔も変わらずか。先日説明を聞きに行った友達はコンパなんかで出会ったり、友達に紹介してもらうよりかなり効率的のようだ言っていた。本当に結婚したかったらここに入るのが一番の近道のような気がする。

ではアイルランドではどうか。結婚相談所なるものは

存在しません。(知っている限り)

お見合いサイトみたいなのはあるんです。アイリッシュの男性(この場合かなり年がいっている)にアジア人女性(大概タイやらフィリピン)を紹介するんですよ。しかし、こちらの人って、お見合いって言う考えが無いですからね。しかもカソリックとプロテスタントっていう宗教上の理由もあったりして結婚相談所的なビジネスはなかなか難しいらしい。

じゃあ私なんか、どうしたらええの?ってことになりますが、手段としては、

1)友達からの紹介
2)パブで会う
3)会社の同僚に手を出す
4)インターネット・デーティングで探す

1)はどうもねえ。。。もうこの年になると、友達の友達はみんなAlready takenなわけですよ。それに、「あなたにぴったりの人がいる!」といわれて紹介されたところで大概、「あんたが勝手にぴったりとおもってるだけだよ。」と言う場合が多い。しかし信用度は高いよなあ。

2)もう運だけです、いるのは。私の場合パブであっても長続きしません。なんでやろう。。。

3)過去にやろうとしたことありましたが失敗しました(爆)。失敗した後、後味が悪いので気をつけないといかん。

4)日本では出会い系サイトって感じでイメージ悪いんですけど、こちらはちょっと違う。結婚目的のまじめなサイトもあります。けっこうやってる人が多いんですよ。気に入った相手とメールのやりとりしてデートをして。。。と言う感じ。忙しい人には向きません。犯罪色は日本と比べたら少ないです。

そこで告白。実は密かに4)を7月から実行中なのです。そうなんです、ティファニー、今回はちょっとまじめに

婚活開始!

実は2.3年前にもインターネット・デーティングしてました(汗)。Aサイトとしましょう。その時はただ単にデートがしたかっただけ。当時はまだ30代だったためか結構たくさんの人とデートしました。(Aサイト、メッセージを相手に送るのにお金が要ります。当時1ヶ月16ユーロくらいでした。)

しかし、デートでうまくいってもこっちに気がないか、こっちが気があっても向こうに気がないとかばっかり!しかもこいつはちょっとやばいよな、ストーカー???みたいな人も何人かいたし。もちろんそういう人からの連絡はブロックしてましたけど。

で、今回はAサイトをやめてBサイトに。こちらはパートナーを探すちょっとまじめなやつ。結構期待できるかな~と思ったのです。実はBサイトにも2.3年前にも一度登録したんですけど、お金を払わないと相手の写真が見れないのが気に食わなくてやめました(爆)。

しかし今回はまじめなBサイトにかけてみようと思ったのです。お金払ってがんばる!と。。。しかしこれが

大間違い!

もう全然誰も私のプロフィール開けて見てもない!なんでやねん!しかも誰もメッセージも送ってこやへん!!!こっちから軽くスマイルマークを送ってコンタクトを取ろうとしてもだめ。写真が見たいとのリクエストも無し。何人かのプロフィールを開けてみたが開けて見た人から覗かれてもない。そこで思った。原因は

41歳という年齢か??

男はどの国のやつもみんな40歳以下の若いねえちゃんがええんか?41歳だと子供は無理だからか?う~ん、ようわからん。もしやプロフィールのところにはあまり奇抜なこととか書かずに普通に書いたのも間違いだったか???とにかく3ヶ月契約で65ユーロも払ったのにこれかよ!もう、

お金をドブに捨てました状態。。。

こんなことなら最初からこのサイトをやらずにAサイトにしとくんだったよ。とにかく3ヶ月契約が9月いっぱいで切れるので切れたらAサイトにでも戻る予定です。

それにしてもやっぱり41歳はきついか。。。

と思いきや、結婚相談所に入る友達が先日とある駅でお水にスカウトされたらしい。

需要があるものだ、と友達。

まだまだいける!

そうですよ、なんたって私より年齢が上のこの人も現在男性募集中ですから!

Sinead OConnor 2 Sinead O'Connor(シネード・オコナー)

メールで応募できますが、いろいろ条件がございます。詳しくはこちらの新聞記事をどうぞ。
http://www.independent.ie/lifestyle/independent-woman/celebrity-news-gossip/sinead-oconnor-i-want-a-man-2853772.html

ティファニーもくじけずにがんばるぞ!ちなみに現在のティファニー付き合ってもいいよ男性の年齢幅は35歳から55歳です。

ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

しゃあなくない

40代、しゃあないこと全然ないですよ!良い出会いは絶対あるはず。アイルランドってパブ社会じゃないですか。聞くところによると、アイリッシュの皆さんが出会うのはやはりパブかナイトクラブが多いそうですね。しかも、友達が連れてくる友達とできてしまうカップルが多いよう。友達が連れてくる友達がミソのようです。是非職場の人(ムカつく人でも)も含め色んな人と出歩いて付き合いを広めてはどうでしょう?ってもうそんなことはやってるねん。って言われちゃうかもですが…応援してます。
しかし、シニードオコナー…本当久しぶりに見ましたが、私の知ってる面影ゼロです。。。こんな条件あって(有名人とはいえ)うまくいくかあって正直思います。ティファニーカイリーさん、シニードが見つけるであろう男性より素敵な人をゲットしましょう!!

O'Dwyerさんへ

応援ありがとうございます!パブやナイトクラブは現在でも散々やっておりますが、この人!と思う人がいないっすね~。なぜか私やAちゃんのところに来るやつは大概Freak Shows。どうもそういう波長を二人がだしているようです(爆)。

友達の友達ももうAlready Takenなんですよ、この年になると。そこが問題。30代の方がチャンスがず~っと多い。40代って中途半端なんだと最近思います。が!がんばりますよ~。

ええ、シネードよりいい男ゲット目指します!それにしても、シネード・オコナー、やることが変わってますよね(笑)。昔かわいかったけど、今はちょっとおばちゃん顔ですよね。。。外人は老けるのが早いのか?
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.