サマンサになる

今日の記事は18歳以上の方のみお読みください。お願いします。

唐突ですが、男性の皆さんに質問です。寝るとしたらどちらの女性と寝ますか?


1)顔も体系もかなりいけてないが20代のぴちぴち女性

2)顔も体系もかなりいけてるが50代のぴちぴち時代は終わった女性


これ、語学学校時代に日本人の女子が日本人男子に聞いていた質問。1)がいいといった人が多かった気がする。日本人男子は若いこの方がいいんだと思った当時の記憶があるんですが。

何でこんなことを月曜日から聞いているかというと、Aちゃんと私、ちょっと週末いろいろ男について考えることがあったからです。

金曜の夜、私はDtwo(ディーツー)という、Harcourt St(ハーコートストリート)ににあるパブ&ナイトクラブへポーランド人の同僚J君のお別れ会のために行きました。

DTWO.jpg  こういう感じで。夜遅くまで開いてました。

みんなと飲みに行くのはおととしのクリスマスパーティー以来。会社が町から遠いし、みんな家族持ちなんでなかなか飲みに行く話にはならないんですよね。しかし久々だったのでみんあかなり酔っ払い&爆!この模様の写真がFBに載ってますのでティファニーとお友達の方はどうぞ。

それはともかく、今回はJ君のためにかなりの人が集まりました。しかもめずらしく会社から少しお金が出たし、おごってもらったので自分のお金を使ったのは帰りのタクシー代だけ。いぇい!

ここからが問題。。。。私たちが座っていたテーブルの後ろに誕生日を祝っている男女の団体が。30代前半くらいか。そのうちの1人の女性、ミニのブラックドレスを着ていた。スタイルはかなり良い。

MINI DRESS 1 こういうの、流行です。

しかし、スカートが短すぎで踊っている間にスカートが上に上がって。。。お尻丸見え状態だったそうな。そこをうちの同僚男子軍団が見て、

超大興奮!!!

その後、その女の子、椅子に座るも股を思い切り開いて座っている。もう少しで丸見え。しかもみんなと一緒に写真を撮る際、ちょっとかがんでいたため

丸見え。わたしも良く見てみたんですが(爆)、え???もしかして、

パンツはいてない????


だからうちの同僚男子が早くから超大興奮していたわけです。ちなみにこういう女子、いますよ、アイルランドに昔から。私たち女性から見たら、このEasy access状態は「みっともない、汚い。」って思うんですが、男子は違いますね。しかし、彼女、そんなにぴちぴち若くもないし、顔も別にかわいくもなんとも無かったその女子。興奮していた同僚男子数人に聞いてみた。

「顔、かわいくないけどいいの?」

すると、

「ティファニー、そんなことはどうでもいいんだよ。」

そして、

「男の脳みそはそういう風に働いているんだよ。下で考えるから(爆)」

まあそうだろう。わかってはいたがやっぱりか。

そしてJ君が一言。

「でもね、ああいう服装してて、レイプされて文句は言えないんだよな。やってくださいって言ってるのと同じだから。男はああいうの見るとそっちのことしか考えないんだよ。」

勉強になった金曜の夜でした。


実はこの日、同僚のイタリア人G君のお友達で34歳独身、Looking for LOVEの男子P君が途中参加。Looking for loveだったのでお互いシングルってこともあって紹介された感じに。

4年いるも仕事上あまり英語を使わないらしくていまいち英語をかなり気にしていたP君。私はイタリア語を習ってるし、ちょうどいい!お互いに教え合いしようということに。ええ感じに夜が過ぎ。。。しかし、最後に

「僕の家に来い。」

でした。わかりますよね?これが何を意味しているのか。私はその日に会ったばかりの人とは寝ません。そして誘ってきたやつとはその後一切デートはしない。これ、私の

ゴールデンルール。


私が断ると、「僕のこと嫌いなんだ!」と言い出すイタリア人P君。

ああ~出た出た、決まり文句!!!!こういうことすぐ言うんだよな、寝たいだけの男ってさ。こっちにまるで非があるかの様な気にさせるんだよな~。なのではっきりと

「初めて会った人とは寝ないのよ。」

すると、

「ちょっと待ってくれ!3日なら待てるがそれ以上は無理だ。」

と言うではないか!何やねん、こいつ!!!せっかくいいやつだと思ってデートしようと思ってたのに!もうティファニーカイリー、

超がっかり

何でこんなやつしか寄ってこやんのやろう。こんなやつ&Freak Showsばっかりよ、私のところに来るのは。そういうオーラは出してないはずなのにさ!


昨日AちゃんがWestportから帰ってきたので(Tちゃんと行ってました。週末ホリデーです)この話をすると、


「何でどいつもこいつも寝ることしか考えてないのかしら!!!私、彼氏なんか一生持たない方が幸せだと思うわ、本当に!」


と言っていた。やたらに真剣に語るので事情を聞いてみると。。。Aちゃん、Westportで結婚暦5週間の男に迫られたらしい。結婚してる、と言われたので気をかなり許していたら。。。だったそうな。結婚してる男ほど怪しいと私は思うのだが。

そして、Aちゃん、今度は違う男子と話していたそうな。すると、

「男は女の年齢なんか全然関係ないんだよ。その人がいくら90歳でも身なりがそれなりによければ寝たいと思うもんだ。」

ふ~ん、そんなものか。まあ、年齢関係ないのは私としてはうれしい。これってヨーロッパ人独特なものなのだろうか?アメリカ人とかどうなんだろう?それにしても日本はなんでも年齢なんでもう若くない、賞味期限切れかけのアラフォーティファニーにはきつい。やっぱり私は

ヨーロッパにいて幸せ。。。かも。

Aちゃん、いろいろ男子について考えた結果がこれ。

「もう彼氏とか要らないわ。私、サマンサ(SATC)になる。若い子狙うわ。その方が楽しい。」

一瞬、「それはいい考えだ。」と思った私は間違いだろうか???


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ~、サマンサね~。
Aちゃん、ティファニーが、サマンサか~、、、

がんばれ!

私も、そうだよね。
男子も若いのが、好きなら、女子も、もちろん若いのが好き!

自分の肉には、目をつぶれても、男子に腹は、気になるよね(笑

ハガネさんへ

本当だよね。腹、気になる。でもこっちの男子って結構ビール腹だから最近ちょっと慣れてきたよ(爆)

サマンサになったらお知らせします。。。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.