イタリア旅行記ーDay 4, コモ湖ー

旅行記、飽きてきましたよね。。。すみません。まだ一杯書くことがあるもんですから。。。ちなみにラグビー、昨日アイルランドはイタリアに勝ってグループ1位通過!来週末はウェールズとです。会社ではこの話題でかなり盛り上がっております。

と言うことで???今日と明日はコモ湖ですよ。行った事のある方、たくさんみえると思います。

MILAN コモ湖。こんなんよ。

コモ湖というと昔、今の会社で一緒に働いていた日本人の女の子を思い出します。彼女はここで同僚のアイリッシュ男と結婚。彼女、とってもかわいい子。しかもコモ湖で日本人とアイリッシュの結婚とあってかなり町では噂になったらしい。と言ってもコモ湖のどの町で結婚したのかは不明。多分コモであろうと思われる。

しかし、この結婚式の二日前にはイタリア人の友達G君の妹さんの結婚式がサルディーニャであったものですから、金銭的にも時間的にもかなり無理があり、友達のコモ湖結婚式参加を見送ったのです。そのためコモ湖は因縁の場所ですわ。(爆)

しかし、コモ湖結婚したカップルは1年後には離婚。行かなくてよかったね、とたくさんの人に言われました。(大汗)

と言うことで今回ミラノから近いので行くことにしたわけです。ネットを調べていたら、コモに泊まるより、べラージオ(地図、ちょうど真ん中)に泊まった方が町がきれいでいいと書かれてあったのでべラージオに2泊することに。

ホテルはHotel Florenceというホテル。ちょうど湖に面したところ、フェリー乗り場の近くにあるらしい。Travelvisorでべラージオホテル代3位になってた。しかし予約はネットを通じて出来ないホテルなのでメールで連絡。するとシングルで湖の景色付きが一泊175ユーロ、景色無しだと125ユーロ。

高い。。。

9月も終わりに行くのにこの値段かよ!!!!(大涙)。他のホテルを探すももっと高いし、選択の余地無し。とにかく湖が部屋から見えたら素敵だが2泊分も払えるほど金銭的に余裕が無い私。でもこのホテルに泊まりたい!

「1日は景色ありルームで1日は景色無しルームで取りたい。」

とホテルに聞くと、

「無理です。」

との返事!!!そんなの面倒だからだろう。しかしホテル側、こんなことを提案。

「部屋から少しだけ湖が見える部屋はいかがですか?125ユーロです。」

もう取るしかない!ということで2泊その部屋を予約。それにしても高いわ~。

と言うことでASさんが暇なのでコモ湖まで車で連れて行ってくれて一緒に過ごしてくれるとのこと。なのでホテルに一緒に泊まろうといったのですが、彼女の家からコモ湖まで車で約1時間40分。わざわざ泊まるのはお金がもったいないと言うことで夕食後帰るという。

途中、小さい町をいくつも通り抜けてコモ湖へ。

MILAN おおっ!

MILAN 来た来た~!

コモ湖、べラージオに到着!

MILAN きれいね~!


しかし!!!!写真の下にもちらりと写ってますが、どこを見ても観光客がどう見ても平均年齢

60歳以上のカップルばっかり。

マジで????もうがっかり(大涙)!!!!この光景を見て思った。

2泊宿泊は完全に間違いだった。

が、もういまさら後悔してもしゃあない。実はASちゃんにべラージオに2泊するといったら、

「あんた、何であんなとこに2泊もするの!!!」

と怒られていたのですが、その理由がはっきりわかりました(爆)。ASちゃんなんて年をとったカップルを見ては

Obsolescence People

と呼ぶし。それはかなり失礼だと言いながらも大爆。でもどうしよう。。。退屈そうだ。とりあえずホテルにチェックイン語、腹が減ったのでお昼を取ることに。

Antico Pozzoというカジュアルっぽいレストランで食事。結構人が入っていたので入ってみました。オーダーものはこちら。

MILAN  トマト、ロケットサラダとパルメジャーノ。パルマハム無し。ASさんオーダー。

MILAN  ツナとオニオンのピザ。私オーダー。うまかった!

ちなみに夜も行ってしまいました。

MILAN  トマトとモッツアレラ。シンプル。ASさんオーダー。

MILAN  トマトとコモ湖の魚(Shed) のパスタ。うまかった!

お昼ごはんの後、Villa Melziというところへ。大きなお屋敷があるんですが、お屋敷が見れると思って行ったら、

「お屋敷には人が住んでいるので見れません。見えるのは庭だけです。6ユーロかかります。」

ええええ?????

金持ちの家の庭を見るのに6ユーロも払うんかい!メンテナンス代払わされるんかい!!!あほらしい~!!!金持ちのやることは所詮こんなもんだ。むかつきのあまり二人とも入るのをやめる。

その後、べラージオからフェリーで対岸の町、Cadnabbia(カデナッビア)へ。約7分くらい。フェリーからの景色、結構ええよ~。

MILAN おっちゃんが邪魔。

そこから約10分ほど南へ歩くと、Tremezzo(トレメッゾ)にあるVilla Carlottaというところがあります。

MILAN 写真はネットからのパクリ(汗)。

ここはもう誰も住んでないのでお屋敷の中が見れます。中には絵画やら彫刻やらいろいろ。確か入場料は9ユーロだったような。

MILAN お屋敷からの撮影!

まあ、それにしてもここはきれいな、そしてでかいお屋敷ですわ~。気に入りました。いつか住んでみたいわ。。。そう思わせてくれたお屋敷。そして庭もある。しかもでっかい!もうこの時点で夕方5時半。7時半には庭が閉まるといわれたし、庭にまったく興味がない私。しかも歩きたくない。庭を行くのを嫌がったのですが、ASさんが、

「行くのよ!!!歩くのよ!!!あんた怠け者!!!!」

散々食べたし、カロリー消化には良いかと思い直し、仕方なく行くことに。ここには小さいですが日本風竹やぶ庭園があり、これを見たいというのです。私、

「そんなもん、実家に帰ったら死ぬほど見れる。」


のでむっちゃ見る気無し。まあ、ASさんのため行って見ましたが、ちょっと荒れておりました(爆)。

お屋敷の前にはオレンジの木があり、アーケードを作っているんです。たくさんオレンジが生っていたのですが、

「毒入り。食べるな」

のどくろの絵が載った看板が(爆)。食べたやつ、いるんだろうか。いるだろうな~。ちなみに看板の写真を撮り忘れました。

それにしてもコモ湖、あんまり見るところ無いな~。お屋敷見れるかなと思いきや庭だけとか多い。ここはのんびりするだけのところのようだ。

パブやらバーってのもほとんどない。あっても地元の人がちらほらいるだけって感じ。ここべラージオは絶対飲んだくれるのが好きな

アイリッシュには勧められない。

だからか(?)アイリッシュらしき若い人は誰も見ず。イギリス人男子(30代前半)の二人組みには会いましたがそれだけ。

それにしても町がきれい。ごみがほとんど落ちてませんでした。ダブリンとはえらい違い(爆)。犬を連れている人もたくさん見ましたが落し物なし。きっと彼(?)のおかげに違いない。

MILAN 掃除するわんこ(爆)。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

イタリア負けちゃいましたね

わんこ、笑える。ソフトバンクもビックリでしょう。って合成ですよね、これ…。
コモ湖、特筆すべきはそれほどなさそうだけど食べ物+空気も美味しそうで羨ましい。ルッコラ乗せピザ食べたくなってしまいました。
ワールドカップラグビー、オーストラリアを破ったところでちょっと期待しちゃってます。勿論、回りの日本人は全然盛り上がってはおりませんが…。夫は弾んでます。今年の夏はゲーリックフットボールファイナルをスタジアムで観れて、しかもダブリンが優勝しちゃって。本人、何かもってると(勘違い)思っちゃってます。イイとこまでいってほしいけど(Touch wood.)私、土曜日も家でイラッてしちゃうのかな。

O'Dwyerさんへ

わんこ写真を撮っている私を友達が写真にとって爆してました。くだらないもの取ってる~と思われたようです。

ええ、コモ湖、たいしたことは無い。景色は絶景っすけどね。残念ながら明日も続きます(爆)。

ワールドカップラグビー、こちらに住んでいるじ日本人の人、あまり興味がないようで、いつもさびしく1人でテレビで応援ですよ。何とかいいところまで行ってほしいですよね。ウェールズには散々勝ってるんで大丈夫という気がするんですが、気の緩みは禁物ですわ。私も家でいらついてると思います(爆)。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.