もうすぐ終わり!イタリア旅行記ーDay 5, コモ湖最終日ー

ブログのアクセス数ががたっと落ちたのでこれはアイルランドにはまったく関係のないイタリア旅行記のせいであろうと予想されます。しかし気にせず書きます(爆)。でももうすぐ終わりよ!

コモ湖最終日!!!

昨日書くのを忘れましたが、Hotel Florenceのお部屋(22号室)は小さいバルコニーが付いていて、窓を開けると思い切り左側にコモ湖が見えました!かなり良い部屋に入れてもらいました。しかしちょっと壁が薄いので隣や上の人の歩く音や話し声が聞こえます。これだけがマイナス点でありました。ホテルにレストランあり。高かったので食べませんでした。

しかし、べラージオ、やることが。。。無い。

ので、車ごとフェリーに乗り、隣町、Varenna(バレンナ)へ。(地図左側)確か片道12.40ユーロ。

MILAN しつこくコモ湖地図。

そこから北へ向かい、Piona(ピオナ)と言う町へ。Abbazia Di Pionaを見に行ったのです。山の中にあります。ここ、ようは修道院っす。ここの庭の柱が見ものらしい。写真で見る限り大きいんですけど、実際は、

MILAN ちょっと小さい。

教会に入ったら数人のNuns。お祈りしていたので邪魔しないようこっそり見てこっそり退出。しかし景色はすばらしい!

MILAN 左の白い人はNunよ。

ここにもちょっとした売店があり、なぜか蜂蜜、飴、石鹸、レモンチェロ等を売っていた。作ってるらしい。そしてその利益を修道院の経営に当ててるらしい。イタリアの教会はこういうことが普通なのか?日本でいったら神社が蜂蜜売ってる感じだよなあ。。。甘酒は売るけどさあ。なんかちょっと不思議な気がする。

その後北へず~っと車を進め、コモ湖最北へ。

MILAN きれいっす。

そして今度はコモ湖を南に下り、(地図右側)Menaggio(メナッジオ)まで直行。ここはイギリス人が多く訪れることで知られてるらしい。観光客のイギリス人おばちゃんがメナッジオの店の人が英語がちゃんと話せないことに怒っていた。もう典型的イギリス人だよ。あんただよ、イタリアに来てるのに国の言葉を習おうとしないIgnorantは!!!

ここでも日本人観光客ゼロ。べラージオでもらしき二人組みを見ただけだし。なぜか意外にいない日本人。

とりあえずメナッジオでご飯&ちょっと散策。

MILAN うまない。

MILAN かわいい町。

しかしここも同様、やることなし。とっとと車で次の目的地へ。次は、

Lago di Lugano!!!(ルガーノ湖)


MILAN 63%がスイス。

MILAN 37%がイタリア。

ここに降り立つことなくドライブ。Osteno(オステノ、イタリア)と言う町まで行き、山を登り&下り、コモ湖に戻っただけ。

湖、きれいなんですけど、湖の色がちょっと違う。何かコモ湖と比べるとちょっと蛍光グリーンっぽい?コモ湖、色がもっとブルーだったんだけどなあ~。

後で調べてみたらどうもルガーノ湖、かなりの汚染が進んでいて、病気湖らしいっすね。下水管理ちゃんとされてないとか?いや~、こんなにきれいなところなのにもったいない。と言うことで絶対泳げないらしい。そういえばコモ湖でも泳いでいる人を見なかった。北の方では泳げる許可が下りてるらしいけどねえ。

人多く住むとどうしても汚染が進むのね。残念だがしかたないのかなあ。。。ってその泳げないコモ湖の魚(Shed)の入ったパスタ食べたけど、大丈夫なんか?とちょっと思いましたが、病気になってないので大丈夫だと言うことですね(笑)。

その後、車でOssuccio(オッスッチョ)まで行き、Isola Comacinaを尋ねることに。

MILAN 写真はネットからのぱくりです(汗)。

コモ湖にある唯一の島。教会が今でもあり、遺跡が見られると言うので、オスッチョに車を置き、ここからおっちゃんが運転する小型ボートに乗り、島へ。

ちなみにこのボートの運行時間、適当。時刻表はありません。人が集まってきたら適当に運行って感じ。イタリアね~(笑)。

MILAN のんびり向かう。

教会と遺跡を見るのにはお金を払わないといけません。確か9ユーロくらい。払って軽いハイキングって感じで丘を登ると。。。

MILAN 教会&遺跡!

でもまあ、たいしたことはない。このほかにも何箇所か遺跡あり。そして2軒、普通の人が住んでいる家もあった。ASちゃんいわく、遺跡は

Bullsh*t。


同感です。

その後、この島を去り、車でコモ方面へ。そこからま対岸の道をとおり(Lezzenoの町がある側)べラージオに戻るコース。しかし、道を間違え、来た道を帰っただけ。しかも車だったため、これが見れませんでした。

MILAN  ああ~、ジョージのお家が~(大涙)


べラージオに帰りご飯。入ったレストランでは、

レストラン入店拒否!!!

ASちゃんがTシャツ、ジーンズ&スニーカーだったためです。でも気取ったレストランじゃなかったのよ!かなり
むっか~~~!!!

だった私たち。近くの小さいレストラン、Trattoria Bar La Lanternaへ。ここが。。。

結構当たり!

MILAN 大好物!


MILAN ASさんのマッシュルームパスタ。

MILAN 私オーダー、魚のフリッターとリゾット。

しかし、私のリゾット、あんまりうまくなかった(涙)。魚のフリッターはすごくうまいのに残念だ。

ここは地元の人も食べに来ていたので味は間違い無しだ。でもなぜどの皿も飾りつけが同じなのだろう?(笑)。


なんだかんだ言いながらも堪能したコモ湖。しかし、60歳になるまでは来ないでしょう。って、それまで生きているのかどうか、かなり怪しいティファニーカイリー(爆)。

明日は(やっと)ミラノの町紹介だ。もう終盤ですからご安心を。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

老後の楽しみ

なんか、これだけ詳しく書いてくださってるから、私も老後にふと思い出して行ってみたくなるかも。。。
つくづく不思議な形の湖ですよねぇ。山々の間に水がたまって出来たんかな?川のようにも見えますよね。
そして、すぐそこがスイスなんですね。素敵な写真ありがとうございます。その写真の中で深呼吸したい!食い倒したい!

アイルランドネタも楽しいですが、旅行記も面白いですよ。ティファニーさんの視線や感想がツボです。

O'Dwyerさんへ

旦那さんがいたら多分楽しいんでしょうが、女同士だったので(しかもただの友達!!!(爆))ちょっと。。。って感じでした。

ネットを見ても年寄りだらけで(失礼!)やることがあまり無いって書いてあるのを見た覚えがなくて何で書いてないんやろう(笑)。とにかくここに行く人はぼさ~っとしに行きたい人たちで、私のように何かしたい人には向かないかもです(汗)。

でも絶景ですよ、やっぱり。天気よし、景色よし&ご飯うましです。老後に行ってみてください。

旅行記すみません。長ったらしいわ、何が書きたいか最終的にわからないようなブログで申し訳ないです(汗)。もう少しの間お付き合い願います。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.