U2 Pay Tax!事情

昨日の続きです。

なぜボノがGlobal Irish Economic Forumの舞台で話したことに関して文句が出ているのか、と言う問題。

アイルランドにお住まいの方にはおなじみなのですが、U2の会社(U2 Ltd)が2006年にアイルランドからオランダへ移転。税金逃れのため。

U2 10 逃げました。

今までThe Artists Tax Exemption Schemeがあり、(たくさんのアーティストにアイルランドに住んでもらうためか?ユニークさを売りアーティストをひきつけたかったと思われる。1969年から施行。)今まであまり税金を納めなくても良かったのが2006年度予算でかなりの額を払わなくてはいけなくなったため。

このニュースが流れた当時、かなりファンの間(ファンでなくても)疑問が。。。アイリッシュファンが売れないころから一生懸命支えてきたのに、税金払うのいややでとっととアイルランドを出ていくんかい!ってな感じでした。私も皆さんの意見に賛成。

しかし!

誰でも税金逃れが出来るならしますわ。

しかし!

当時あまりそのことについてU2を今ほど攻撃はしていなかった。だって、アイルランド、当時はまだ景気が良かったから。

しかし!(しつこいですね)

最近やたらとU2攻撃。だって、アイルランド、

Bailout受けたもの。。。

そのため、世間ではアフリカを救う活動がたぶんメインであろうボノに対し、

その前に自分の国を救え&税金払え

と言いたい人が一杯いるようだ。

夏にイギリスで行われたグラストンベリー、野外ミュージックフェスティバルに出演した時、U2,税金払え!と言うプロテストの人たちがこんなことをした。(皆さんご存知でしょう)Facebookもあり。読んだけどむかついただけ。読まんとけばよかったと後悔。

U2 12  U2 Pay Tax!!!

実はU2だけでなく、The Rolling Stonesも同じことをしているんです。が、なぜかU2がやたらにターゲットになっている。それは多分U2がかなり稼いでいるバンドであるにもかかわらず、会社はオランダ。つまり、アイルランドには税金払ってないからです。

ようはいろんな人が何らかのSacrificeを強いられているのに(税金一杯取られてる)、がんがん稼いでるがアイルランドで税金払って無いバンドに

じぇらし~~~~

もあるだろう。

彼らの会社がアイルランドにあったら国が助かると真剣に思っている人もいる感じ。しかし、彼らの会社一つがあったところで、国の巨額の借金が返せるとも思えないのですがねえ。

私は個人攻撃するような団体(U2 Pay Taxnの人たち)は嫌いですが、U2がやってることもいまいち好きにはなれない。でもどこで会社を運営するかは私たちの問題ではないし、やってることは違法でもないわけですよ。

ちなみに彼らのマネージャー、Paul McGuinness氏はU2の稼ぎ、約95%がアイルランド以外の国からのものだから国を出たと弁明してたが。。。ちょっと苦しくないかい???


とまあ、そんなこんなで今回Global Irish Economic Forumで話しているのを見たアイルランド住民が、

税金払ってないお前が言うな!

と思ったのもうなずける。


アイルランド住民がどう言おうが会社がこちらに移ることはないでしょうからもうぐちゃぐちゃ言うのはあきらめて、もっとU2にボランティア活動をアイルランドでしてもらいましょうよ。

そして。。。

ボノにが飼っている鳥(孔雀らしいが、かなりUglyらしい)、うるさいわ、逃げ出して近所に出没したりして、かなり迷惑かけてたらしい。(夏の出来事)(爆)。

BONO 11 動物はきちんと飼いましょう。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

う~ん、
私がボノを好きになれないのは、税金のことよりも、
今までアイルランド国内でボランティアやチャリティーをやってなかったこと!
世界中で目立つようなことしかやってないのが、「この偽善者野郎っ!」って思わざるを得ない・・・。
最近、音楽関係でチャリティーしたらしいけど、今そんなんアイルランド必要ないし!
この人の稼ぎやったら、病院の2つや3つ建てれるんとちゃうの?!
障害者の子供達が安心していける学校の10校くらい建てれるんちゃうの?!
と言いた~い!
それぐらいのことできたら、アイルランド国民一人一人から熱い歓迎のハグをもらえるやろうね、ボノさん(苦笑)

ごめんなさい、U2ファンのティファニーカイリーさんなのに・・・。
でも、これが私の本音ですぅぅぅぅ。

Kazさんへ

おっしゃるとおりです(苦笑)。

だから結構アイリッシュ、ボノのことはいいこと言いませんよね。特に最近は。前にもアフリカ救済の自分の会社の社員に車やったとか新聞に出ててもめてましたよね。あの人は結構All talkなところはありますよね。

それにコンサートの舞台に金かけすぎです。かけなくてもいい演奏できるバンドなのに~と思います。360°ツアー、好きと違いました。2回行きましたけど(汗)。

ええ、ファンですけど、ボノのそういうところは好きではありませんので本音コメントかなりOKですよ。ありがとうございます。

No title

U2の音楽好きです。ボノの声も素敵。遥か昔聞いたクラナドとボノとのデュエットには(曲名はもう忘れましたが)本当に癒されました。
いつからかボノさん、政治的な発言多くなって、色んな場に出てきてますよね。自分の矛盾点にも気づいていないんじゃないでしょうか。そういう意味では政治家としても致命的です。
今回のForumの全容は見てないので何とも言えませんが、その場に居るってだけで違和感は十分あります。
アメリカ人にはアイルランド好きがすごく多いですよね。ルーツが多いからでしょうけど、クリントン元大統領も親アイルランド家なんでしょうか。嬉しいこと言ってくれてますね。

No title

U2より、野良で国の税金から生活保護受けてる人たちの方が、思いっきりむかつかつきます、私は。

とかく金持ちはひがまれるもの・・・ですよ。

O'Dwyerさんへ

U2のおかげでここにいるようなものなのですが、最近のボノはちょっと。。。と思います。音楽に集中していただきたい。

そうですね、自分の矛盾点には気づいていなさそうです。やっぱり世界を代表するバンドのシンガーでもあるし、やっぱりカリスマ性抜群ですからそういう場に呼ばれたりするのでしょう。

友達にYou have to like him (Bono)。と言ったらI don't need to like him。と言い返されました(爆)。

クリントン氏はアイルランドで人気がありますよね~。そうです、アメリカ人、アイルランド好き多いですよね。やはりご先祖さんがアイリッシュだったりするからでしょう。うれしいですよね。自分の国(アメリカ)のかなり経済悪いのにわざわざここに来て励まして帰られましたよね。

しげ美さんへ

そうですよね、金持ちはひがまれるんですよ(笑)。かわいそうなU2。(笑)。

本当、生活保護詐欺、多いんですよ、この国。そいつらの方が最低です。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.