WHAT????

昨日、ブログをアップした後で友達のイタリア人G君からアタッチメント付きメールが送られてきた。

What???と書いてあった。

???と思ってアタッチメントを開けてみたら、こんな写真が。

FLOOD 2 What???

マジですか?(爆) こんな風に警告して何の問題もないのはアイルランドだけであろう。

結局ブリットニーコンサート・イン・ダブリン記事は、コンサート後、同じ会場の外にある乗り物に乗った女性が乗り物からほおり出されて死亡した事故のことばかり書かれていてコンサート自体にはほとんど触れられておらず、なんだかかわいそう。(もちろん亡くなった女性もです。)

Britney 2 
                             事故現場。ご冥福をお祈りいたします。

そして今朝ラジオを聞いていたらWHAT???でしたよ~(大涙)なんと来年、

U2 Split???


WHAT????????

U2 11 Q Magazine のthe greatest act of the past 25 years取ったばかりじゃん(怒)

ボノが例のごとくほざいてるらしい(怒)。こんな感じで。。。(ネットより)

"I'm not so sure the future hasn't dried up. It's quite likely you might hear from us next year - but it's equally possible that you won't.

We have so many new songs, some of our best. But I'm putting some time aside to just go and get lost in the music.

I want to take my young boys and my wife and just disappear with my iPod Nano and some books and an acoustic guitar."

そして、Achtung Babyのアルバム発売20周年を記念して再リリースする彼ら。どうもActhung BabyがKeyのようだ。それを踏まえてのボノコメント。(ネットより)

"Being forced to look back at this period reminds me of how we might re-emerge for the next phase,"

"And that doesn't mean that you have to wear some mad welder's goggles or dress up in women's clothing. Reinvention is much deeper than that."


まあ確かに、最近のアルバムは昔のものと比べるとパッっとはしない。やっぱり80&90年代はすごかった。それにちょっと最近はロックは人気なくてダンス&ポップだし、ちょっとの間、雲隠れしたいのか?音楽業界にとってU2がだんだんirrelevantになるのを恐れているのか?ボノよ!

でも来年アルバム出すと聞いたし、どうもトロントで行われたフィルムフェスティバルではU2は死ぬまで一緒だとか言ってたらしいのになんやねん!

それにロックスターが大金を稼ぎ、終いには嫁や子供と過ごしたいとか言うと私、かなり引くんです。やっぱりロックスターはそう心の中で思っていても口に出さないで「俺は一生ロックスターだ!音楽&ファン一番、家族は二の次!」くらい言ってほしい。

Westlife解散についでU2かよ~(大泣)。アイルランド、むちゃくちゃやな~。それにしてももしやボノ、Westlifeに感化されたからそんなことほざいた???

Westlifeと言えば男前のShane。

                    Shane 1
                    You can have me, Shane!!!(いらんか。爆)

実はいつも私をNorthsideネタでからかう同僚D君は彼にそっくり。彼をちょっと年取らせた感じかしら。町でよく間違えられたりするらしい。

そこでWestlife解散発表後、彼が客(どうも彼がShaneに似ていることを知っている)と電話で会話。で、彼がこんなことを客に言っていた。

「そうなんだよ~解散。これからソロなんだよな~。大変だよ、ソロは。ソロじゃレコード売れないかもしれない。4人でWestlifeだからのサポート(前座)するんだよ。」

What??? そんなこと客にいうんかい?爆!!!

そんなD君、私の横にあるプリンターを先々週まで使っていたのですが、(しかも席からむっちゃ遠いのに私をからかいたいがため。)先週から新しいのに変わったため、自分から一番近いプリンターに変わらされたD君。しかし彼から一番近いプリンターは男二人がそばにいてしかも彼とは喋らない。そのためかなり静かになったD君。

しかし、今週初め、

D:「さびしいからプリンター、ここの(私のそばの)使うことにしたよ~。」

ティ:「そばに行っても誰も話してくれないんでしょ?いじめにあったのね。1人で泣いてるの?グループ解散したし。かわいそうに。もしかして1人で"Flying without wings"歌ってる?」

D:「ああ、もちろんだよ!これこそFlying witout wingsだよ。1人で家で泣いて、しかもCut myself(刃物で体をきづつけている、自殺行為)だよ。」

もうここまでなりきってくれたら言うことはない。

Flying without wingsを最後にどうぞ。http://www.youtube.com/watch?v=G1LEISP6e9c


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ああ、ちょっとわかります…。
私は主に日本のプロレスの方で思うのですが。
最近皆ブログやってるせいか、私生活を書きまくって、「手の届かない高みにいる憧れのスター」じゃなくなってるレスラーが目立ちます。
ファンはレスラーに親近感を持たせてくれることを強く求め、レスラーもファンの前でカッコつけるのを面倒がっているんでしょう。
昭和プロレスのファンとしては鼻で笑いたくなりますわ。

音楽でもプロレスでも、人気が下降線をたどろうと信念を持った仕事ぶりを見せてくれるのが、私は嬉しいのですが…
本人たちは生活もかかってますし、プライドも様々でしょうからね(汗)
ANVILみたいに50を過ぎても「ロックスターになってやる!」とか言ってる方がカッコよく思えるのは、私の好みってやつですね(笑)

No title

このウエストライフの彼、顔はまぁまぁだけど、ちょっと
身長が足らない…って事ないでしょーか(汗)

No title

この電光掲示板・・・貼りつけたフェイク物ではなく??本物??
笑っちゃいけないと思いつつ、バカさ加減にプププッ
シェーンではなく、シェーン似のD君はダメですか。

ようめさんへ

私も昔はプロレス大好きでしたから、今あまり「憧れのスター」的なレスラーがいない感じで今は誰が人気があるとかもさっぱりですよ(涙)。ダイナマイト・キッド、大好きだったな~懐かしい。。。昭和はよかった。

そうですね、本人たち、プライドがありますから、落ち目になって落ちるところまで落ちてやめるよりもいいときにやめたいってのはあるでしょうね。

しげ美さんへ

そんなに背は低くないと思いますよ~。いい男です、絶対!

O'Dwyerさんへ

この掲示板、新聞にも載ってました。なのでブログにも載せてみました(笑)。本物だと思います。

D君、実家は金持ちですが妻子持ちなので興味はありません(爆)。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.