初&祝、NYE DUBLIN

皆様、明けましておめでとうございます~。

日本は今日も会社がお休みな人が多いですけど、アイルランドは今日から本格仕事始めでございます。

日本じゃ正月休みは3日までだから3日も休みちょうだい!と言ったところで有給休暇から引かれるだけである(涙)。


それはともかく、皆さんの年末年始、いかがでした?私はアイリッシュ女友達みんながそれぞればらばらなことをすることになった上、どれも気に食わなかったので悩んだ。

アイリッシュの友達SちゃんとANちゃんはCちゃんのうちへ飲みに行って過ごすから町には出ないと言う。女同士、家で飲んだくれて年を越すのはごめんだ。誘われたが行く気ゼロ。

アイリッシュの友達CIちゃんは友達とライブバンドを見に行くと言うが、そのバンドのことは私まったく知らない。誘われたが行く気ゼロ。

アイリッシュの友達Tちゃんは病気で断念。

アイリッシュの友達BさんとLEちゃんはホテルに泊まり年末年始を迎えることになっていた。私は誘われたがカップル参加者が多いと聞いたため行く気ゼロ。

ちなみに上に上げたすべてのアイリッシュの女友達はみなシングルである。シングル同士でつるんだほうが楽しいから既婚者またはパートナーありの人はじめから除外である。


おなじみAちゃん。30日の夜まで「出ない」と言い張っていたが、結局私が一人でかわいそうだと思ったらしく出ると言ってくれた。なのでこちらのイベントに行ってみることに。

NYE 大晦日コンサート、NYE DUBLIN!

実は今の今まで、大晦日に何のコンサートもなかったダブリン。首都で大晦日コンサートがないのはダブリンだけだったらしい。ちょっとみっともない。エジンバラでさえでかい大晦日コンサートがあるというのに!(エジンバラにお住まいの方、すみません。)

場所はCollege Greenと言われる場所。超有名大学、トリニティー・カレッジの前、バンク・オブ・アイルランド(BOI)のでかい建物の前あたりを言う。

COLLEGE GREEN 1 見にくいですね。。。

写真一番右がトリニティー・カレッジ、真ん中がバンク・オブ・アイルランド(BOI)。ここを通行止めにして、BOIの敷地にステージをセットしてコンサートが開かれたのだ。

チケットは10ユーロ。私とAちゃんは当日券だったので12ユーロ。なんせ天気が怪しかったのでぎりぎりまで買うのを待っていたからだ。

詳しいことははこちらのリンクで。http://nyedublin.ie/

早速会場へ。屋台が結構出ていた。

NYE 結構人がいる。よさげだ。

NYE ここでピザ購入。

NYE 窯でちゃんと焼いている。うまかった!


9時過ぎに見に行ったら一番目のアクト、Bressieが終わってしまった後であった。リードシンガーのNiall BreslinはAちゃんのお気に入り。

NYE 結構かっこいい。

ちなみに彼はアイリッシュである。コンサート終了間際にステージに出てきた時、Aちゃんが「God! He is HOT!」と言い続けるのでうるさかった。

彼を見逃した私たちは2番目のアクト、Damian Dempseyから見た。ダブリン出身である。こてこてのダブリンアクセントで話していた。地元では人気のある彼。しかし、一曲目ですでに私とAちゃんは

退屈。。。

そして終わりまでず~っと私たちを退屈させてくれた。そしてAちゃんが一言。

「彼のコンサートはこれが最初で最後よ。」

同感である。

しかも音響が最悪最低であった。彼の言っていることがさっぱり聞こえないではないか。もちろん曲もだ。音響の悪さのせいで余計退屈になった私たち。

3番目がRiverdance。盛り上がった。が、ステージで踊った時間が短すぎだ。これじゃあ観光客も満足できん。

4番目がPaul Brady。ボブ・ディランとかと演奏したりしてかなり有名な方らしいが私はまったく知らず(汗)。うまいのだが、スローな曲ばかり演奏するので退屈だった。

そして最後が。。。

NYE The coronas.(ザ・コロナズ)。アイリッシュバンドよ。

しかしだ、私、そんなにファンじゃない。おまけに曲も少しか知らない。しかしだ。彼らはこちらではかなり売れているバンドであるので期待していた。しかし。。。

普通。


結局一番よかったのはRiverdanceか???

The coronasの舞台中、夜12時になった。カウントダウンが始まった。

NYE トリニティー・カレッジの校舎に映し出された。映像とともにカウントダウン。

そして後は花火だ。

NYE おお~!

NYE は~!

NYE わ~!

NYE きゃ~!

NYE ぎゃ~!BOI,大丈夫か?


このコンサート、かなりいまいちではあったが、花火はすごくよかった。はっきり言って花火が一番よかったのである。来年はもっといいアクトと音響問題を解決していただければ私は来年も行ってもいいと思った。

しかしだ。話はここで終わらない。続きがあるんです。それは明日のブログで。。。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

あけましておめでとうございます

イベント行って正解でしたね。室内で飲んでだべってるより、楽しそうですよ!この花火写真、やり過ぎな感じが笑えます(爆)西洋の花火って感じ!私が滞在中はこのBOIの横側でホームレス団体が寝袋状態で募金活動を行ってました。ダブリン、道端のホームレスも断然増えてますね。
Dublin Coddleの写真もありがとうございました。私はこっちの正統派を食べたかった…オニールズのは「はじめ人間ギャートルズ」(分かります?)でしたね。2012年もティファニーさんにとって実りあるよい年になりますように。今年もよろしくお願いします。

O'Dwyerさんへ

明けましておめでとうございます!

くだらなくてもイベント行って大正解!何かやったと言う実感がありました。

花火、ちょっとやりすぎですよね、小さなイベントなのに(爆)。マジでBOI,大丈夫か?と思いました(爆)。

そうです、ホームレス支援の団体がオコンネルのところでも募金活動をやってました。ホームレス、増えてます。当分減ることはないと思います、悲しいけど。

ダブリンコドル、今度はちゃんと普通のを出してくれるところを探して見ます。「お互いはじめ人間ギャートルズ」を知っている時点でかなり年齢がばれますよね(大汗)。よく見てましたよ~。あれに出てくる肉を食べたいと思ってましたが、よく考えたらオニールズで食べれますね(爆)。O’Dwyerさんにとっても良い2012年になりますように。。。こちらこそよろしくお願いします!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.