ダブリン:1シティー、1ブックー前編ー

先日ツイッターでフォローしてくださっている方から、

「今月はみんなでダブリナーを読む月だとか」

と言うツイートをもらい、(お返事してません。すみません!)ティファニー・カイリー

冷や汗。。。。


そうなんです。毎年2006年から行われているらしい、Dublin: One City,One Book。毎年4月に市が本を一冊選ぶんです。市民にもっと本を読んでもらおうというこの企画。すばらしいじゃないですか。そこで今年はこの本が選ばれたんです。 詳しくはこちらからどうぞ。http://www.dublinonecityonebook.ie/

DUBLINERS JOYCE 「ダブリナーズ」ジェームス・ジョイス。

実は今月の初めに載せるべきであったのにわざと載せてなかったんです。なぜか。冷や汗の原因にもなった理由。それは、ティファニー・カイリー、恥ずかしながら、「ダブリナーズ」を

読んだことなし(大汗)

こちらに来る前に実は読んでおかねば、と思い、日本で日本語に訳されたダブリナーズを買ったにもかかわらず、自分の英語力の方が心配で本なんて読んでる暇も無し。

昔、日本に一時帰国したときに本を探したんですが行方不明。買いなおす気も全く無いまま。

でも12年以上ダブリンにいるわけだし、原本(英語)を読めばいいわけですよ。しかし、私、英語で本読むのが異常に遅い。 基本、英語で本読むの苦手。ゴシップ雑誌は読む速度は早いんですけどね(爆)。

しかもジェームス・ジョイス。アイルランドの作家の中ではたぶん一番有名ではと思われる。

JAMES JOYCE 1 世界的にも有名ですけど。

彼の銅像がダブリンにもあります。

JAMES JOYCE 2 カフェの前にある銅像。 
 

「ユリシーズ」はノト~リアスな本で、ネーティブでも読むのに苦労する本。そんな作家の本なんて私が読めるはずも無い!と思い、避けていたわけです。

しかもジェームス・ジョイスに興味も実は無い私。ジェームス・ジョイスと言えば、この映画。しかしこの映画に出てくる奥さま、ノラさんとの絡みのシーンばかりしか思い出せない私(大汗)。

JAMES JOYCE 3 見たことあります?


しかしこれはやっぱり読まないといけないだろう、そう思い、「ダブリナーズ」、私のような、英語力が疎い人でも読めるかわからず、同僚Aさんに聞く。すると、

「読んだ事ないわ。」

???意外な返事。ダブリン市民なら読んでるだろうと思っていたからだ。ちょっと気が抜ける(苦笑)。


そこでうちの本大好き人間、不倫男のセールスディレクターS氏に聞いてみる。彼は大のジェームス・ジョイス好き。ちなみにユリシーズ、3度読み、やっとなんとなくつかめた、と言う。不倫していてとんでもない人だが、「ユリシーズ」を読んだ点だけは認めたい。

するとS氏、こんなアドバイスをくれた。 (皆さんご存知でしょうが、ダブリナーズは15のストーリーが一冊の本になってます。)

1)私にでも読める(ほっ)
2)登場人物が多い(大丈夫やろうか?)
3)その登場人物は直接他のストーリーにか関係しないが、間接的に他のストーリーの登場人物とかかわりがある場合がある(え???)
4)ダブリンの地図を横に置きながら本を読むとどこで話が展開しているかわかるので面白い(なるほど~)
5)一番最後に載っているストーリー、「The Dead」(映画にもなってるし有名)から読んで、読み終わったら本の最初から読めばいい(へ~)

こんなアドバイスもらったら読まないわけにも行かないであろう。私もこれを機会にジェームス・ジョイスをもっと知ろうと決意。先週本を買いました。(無料朝刊Metroheraldが無料で本を配ってたとき、無理にでももらいに行くべきであった。涙)現在まだThe Dead読んでいるところです(相変わらず読むのが遅い私。大汗)

このイベントのため、4月中はジェームズ・ジョイスに関するイベントが一杯!このサイトの一番下のFor more infoをクリックすると模様氏の一覧が出てますのでよければどうぞ。しかし中には間違っているものもあります(その件については後日)http://www.dublincity.ie/RecreationandCulture/libraries/Events/Pages/one_city_one_book.aspx


ちなみにAちゃんにも念のため読んだ事があるか、私にでも大丈夫か、本を持っているのか仕事中メールで聞いて見た。すると。。。

I read it and I found it boring. Oops

No I don’t have it in the house though. I probably put it in the bin! haha

こういう人もいるのね。。。

という事で週末私はジェームス・ジョイスツアー(と勝手に名づけました)に出かける事に。。。続きは明日。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

どんなツアーなのか楽しみにしております!

やはりバーカンディーにゴルゴンゾーラのサンドイッチ(笑)なのでしょうか
パブに行かれたらぜひぜひ写真もたくさん見せてくださいね!

どんなツアーなんでしょう。

楽しみにしてます!
Aちゃんてあっけらかんとしててイイですネ!

こえださんへ

全然たいしたツアーではありません、実は(爆)。でもご紹介したいと思います!

Rikorinさんへ

たいしたツアーじゃないんです。すみません(汗)。でも載せます(爆)。
Aちゃんはいつもこんなんです。私にたいするコメント等はHarshですよ、この人は。他の友達の前では絶対いわない事を私には言いますから。姉妹みたいな関係なんでそんなもんでしょう(爆)。

No title

ジェイムズ・ジョイスを読んでるなんてすごい!The Deadは映画で観ました。かなり面白かった。役者陣も素晴らしかったです。ちなみに(どうでもいいですが)ウチのアイリッシュ夫が最近になってジェイムズ・ジョイス読んでましたよ。ユリシーズを読んでる時、本を2つに分けるようにして読んでるので変だと思ってたんですが、後ろにガイダンス(?)がついてるんですね。いちいち注釈を見ながら読む本って面白いのか??頑張って読めたみたいですが、次にトライした「フィネガンズウェイク」は到底無理だったみたいです。原文をチラッと見せてもらいましたが、ジェイムズ・ジョイスって変人ですよね。翻訳本すら読めないと思いましたね。って翻訳されてるのかな。読書月間ですもんね。頑張って読んでくださいね。

O'Dwyerさんへ

いやいや、ダブリナーは英文で絶対読めますよ。挑戦して見てくだだい!

The Deadの映画、見た事ないんですよね。見ないといけませんね~。

旦那さん、ユリシーズ、読んでるんですか???すごいです!!!!でも解説見ながら読まないといけない本を書くってやっぱりちょっと変わり者でしょうね、ジェームス・ジョイスって(笑)。

ユリシーズ、一生読めません、私には(爆)。がんばってダブリナー、読みきります!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.