またです。ベルファスト旅行記ー中篇ー

今日は今回の旅行の目玉、タイタニック・ベルファストです。

TITANIC ここね。http://www.titanicbelfast.com/Home.aspx

行く数日前にネットでチケットを購入。窓口で買うと13.50ポンドですが、ネットで買うと12.83ポンド。しかし手数料1ポンド取られるので結局0.33ペンス高い。なんやそれ(爆)。

9時から午後5時20分までの間のスロットが選べる。20分おきのスロット制。自分の行きたい時間のスロットのチケットを買う。私達は10時40分のスロット。

町の中心地からは離れているのでバスかタクシーに乗らないと無理でしょう。歩くのはちょっと遠いです。私達はタクシーで行きました。

会場に着いた感想。。。

あら~でかいね。


目立つね、この建物。だって周りに何もないし(笑)。

スロット時間の10分前には会場に来いということだったが到着は10時35分。到着後、予約しておいたチケットをチケットマシーンでプリントアウト。予約したときにもらう予約番号を入れてプリントアウトするか買ったときのクレジットカードでプリントアウトをしないといけない。今回予約番号を入れてもチケットがプリントアウトされず、仕方なくクレジットカードでプリントアウト。

ちなみに当日窓口で買ったほうがちょっとお安いんですが、3月31日にオープンしたばかりなため、売り切れの場合もある。この日(土曜日)もすべてのチケットが売り切れであった。事前にネットで買ったほうが確実。


チケットをプリントアウトし、自分のスロット時間が来たら入れるのか、と思ったら大間違い

並んで待たされる。


一つのスロットに大量の人を入れているのか、前の時間の人が見るのが遅いのか、2階(英語で言う1階)にあるExhibitionに入る前から一階(英語で言うグラウンドフロアー)で待たされた私達。ここで約20分ほど無駄な時間を過ごす。

Tちゃんいわく、私達の前で並んで待っていた人が実は有名イギリス人俳優であると言うんですが。。。

BELFAST 007 グレーの服のおじさん。

どうもこの方、ハリーポターに出てたらしいんですけど。。。

MARK WILLIAMS Arthur Weasley役。ああ~。

この間見たAlbart Nobbsにも出てたというTちゃん。覚えてないわ~(笑)。でも見た感じ、超普通のおっちゃんでしたね、彼。仕事を離れるとオーラが全く無いねえ~俳優さんって。そんなもんなのだろうか(爆)。


とにかく、Exhibitionの前でも約10分ほど並んで待たされる。もうこの時点ですでに


ぐったり。


このタイタニック・ベルファスト、5階建て。見てわまれるのは2階から5階(英語で言う1階~4階)である。これから先が思いやられる。


やっとExhibitionにはいるとそこは1St Floor, Gallery 1: Boomtown Belfast。写真は撮ってもOKだが、フラッシュはたいてはいけません。といいつつ、たくさんの人がフラッシュたきまくってました。


とにかく、Gallery 1はベルファストの昔の産業や町の様子なんかを説明している。でも入ったら、

BELFAST 009 人だらけ!!!

もう、この時点ですでにうっ、ときた私。いつもならちゃんとできるだけ読む壁の説明書きを飛ばすとこに。だって、読んでるのに人の前にきて邪魔してくるし~(怒)。ガキが走りまくってるし。いらいら~~~~~。

しかもオーディオガイドのしるしが壁に!うそ!あったの?なんや知らなんだわ~もう~~~!さっさと見るしかないわ。

BELFAST 019昔の写真と

BELFAST 020人影の合成はおもしろい。

BELFAST 014 髪の毛と違います。リネン。昔リネン産業が盛んだったそうよ。


ここの階にはタッチスクリーンが一杯あって見れるんですけど、(そのほうが壁の説明書き読んでるより面白い)人が多いのでゆっくりは読んでいられません。

みんながぞろぞろ歩くほうに行くと。。。


また並んで待たされる。


何を待ってるか、と言うとエレベーター。ここから4階(英語で言う5階)へ一気に上がるため。長い行列の横にはこんな展示。
BELFAST 026 船の設計図

いろんな映像が床と壁に映し出されて子供達は楽しそうにしていた。この横を通り過ぎるとやっとエレベーター二に乗れるかと思いきや、

これまた並んで待たされる。

エレベーターが二つあるんですが、5階が混んでいてなかなか人を上に上げれないのである。しかもエレベーターは普通サイズ。ここでも15分ほど待たされた私達。

待っている間、退屈させないようにエレベーターの横にこんな映像が天井に映し出されてました。

BELFAST 027 BELFAST 030
       上を見上げると、                      映像。
                    

エレベーターに乗ってやっとたどり着いた4th floorであった。ここですぐにGallary 2、Shipyard Rideへ。下の写真のグレーの乗り物に乗ってShipyardを見て回ると言うもの。

BELFAST 033 これに乗る。

しかし!ここで

またまた並んで待たされる。

 
ここでこれに乗るのに10分ほど待ったでしょうか。待っている間、壁にはタイタニックに関する事実が載せられていて読めるようになってますが、もう私は読む気も無し。早く乗って先に進みたい一心であった。


やっと順番が回ってきて乗り、Shipyard を拝見だ。

BELFAST 034 乗りながら映像を楽しむ。

BELFAST 036 こんな感じで。

BELFAST 039 手でボルトを入れる!!!えらいこっちゃ~。


まあ、ここはこんなもんか、と言う感じであった。お金がかなりかかってるのは良くわかるけどね。


この階には、さっきご紹介したShipyard(Gallary 2:Arrol Gantry & Shipyard Ride)のほかに、Gallary 3: The Launch、タイタニックの姉妹船、オリンピックの様子が写しだされ。。。

BELFAST 044 行ってきます~。

映像の船の出港と共に、後のウィンドーがクリアーになり、当時船が本当に出向した港が見れる。

BELFAST 045 手が込んでいる。(写真がいまいち。すんません)

ほかにはGallary 4: The Fit-out,Gallary 5: Maiden VoyageそしてGallary 6: The Sinkingに入っていく。

BELFAST 054 BELFAST 055
                 沈んだ様子が説明されている。


ここで私はタッチスクリーンで詳細を読むことに。船が沈んだ次の日の当時の様子についてだ。ひとりでどか~んとタッチスクリーンの前に立ちはだかり、誰も入らせないようにして見ていた私。するといきなり5歳くらいのガキが来て、タッチスクリーンを触りまくり、読んでいた画像を思い切り消すのである!ティファニー・カイリーぶち切れよ!!!思わず、ガキに

I was reading that!!!!!

と怒鳴ったですよ!もちろん聞いてない。知ら~ん顔してスクリーンを触りまくるこのあほガキ!母親は後ろのほうにいたのですが、怒りもせずあほみたいに子供の名前だけ読んでるだけ。

親も親ならガキもガキ。


しつけができないんなら子供なんかつくるな!くらい言ってやりたかったのですがぐ~っとこらえた私であった。その後、気が付いたらこの日私はガキのことを英語でKid(s)と呼ばず、

F**king kid (s)

と呼んでいた。どうも私は友達の子と姪っ子以外の子供が実はかなり嫌いであるようだ(爆)。

そしてもう少しツアーは続くのであった。。。あしたは最終回よ!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も8月のバンクホリデーあたりに行ってみようかと計画中なんです。
8月時点でもまだ混んでいそうですね・・・

前にタイタニックが最後に寄航したCobhに行ってきたんですが、
思ったよりも大したことなかった(失礼!)ので
こちらは結構期待しているんですよね。。。

むらっちさんへ

8月、どうでしょうかね。夏休みでこれまた人が多いかもですね。今年は100周年だからいつ行っても人が多いかもですね。

コーヴ、そんなにしょぼかったですか???(爆)先月は盛り上がっていたのでしょぼいとは思ってませんでしたけど。あらあら。。。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.