またです。ベルファスト旅行記ー後編ー

昨日すっかり書くのを忘れましたが、4th FloorのGallary 4: The Fit-Outではファーストクラス、セカンドクラス、サードクラスのキャビンが再現してあるんです。

BELFAST 049 ファーストクラス。映像も合成だ。

BELFAST 052 サードクラス。お化けが映ってるわけではない。


この前に、立ち見のシアターがあるんです。ここでは船の底の作業場から始まり、レストラン、ステアケース、デッキまでCGで見せてくれます。シアターの一番前に行ってビデオ撮影するといいですよ~。なかなか素敵です。


この次に3rd Floorへ。

Gallary 7: The Aftermathに到着。ここでは船が沈んだ後の様子、審問の様子などが説明されている。救命ボートのレプリカもある。

ここを通り過ぎる。

BELFAST 057 Harland & Wolffのガンとリークレーンの模型の下を通る。

Gallary 8: Myths and Legendsではタイタニックに関する本、映画、歌(もちろんセリーヌ・ディオンも少し登場!)を紹介したビデオが流れてる。底にある長いテーブルがタッチスクリーンになっていてここでもそういった映像が見れるようになっている。

Gallary 9: Titanic Beneath Theatreなるものがある。ここでは1985年にプロフェッサー・バラードさん探検隊が調査したときの有名な映像が流れ、座って見れます。

BELFAST 061 沈んでいる物を見ると今でも悲しくなるね。。。

座って見た後、階段を下りると最後、2nd floorに到着。

足元がスクリーンになっていて、1985年の映像が流れてるのが見えるんですが、船の上から移した映像が流れていて、これまたかなり興味深い。ここでビデオ撮影したんですが全然取れてなかった(涙)。行かれる方、撮影して見てください。なかなかいいですよ、これ。

この階にもタッチスクリーンがあり、いろいろ情報が見れますが、私達はとっととここを出ました。疲れてたんです(汗)。

扉を開けて次の部屋へ。ここでは先ほど見た映像をどうやって撮ったか、プロフェッサー・バラードさんの船の中の様子が再現されている。

BELFAST 064 面白いと言えば面白いか。


そして。。。。おしまい。出口でこれがもらえる。

BELFAST 096 でも日にちが入ってないぞ!!!


ま~、疲れました、ここ。並んでばっかりやったし。おなかが空いたので、ここのグランドフロアーにあるBistro 401へ。グランドフロアーには入り口そばにカフェもあります。

そしてこのBistro 401、ここでも

またまたまた並んで待たされる。


まあ、カフェはしゃあないとしよう。しかもここはセルフだし。どんな食べ物があるかというと。。。

BELFAST 066 結構うまそうやん~!

カウンターの上にはビスケットやらチョコレートブラウニーやらもたんまり置いてある!うまそうやわ~。
そして何気に上の写真に写っているビール。こんなんです。

BELFAST 071 タイタニック・クオーター・ビール!!!

何でも「タイタニック」と付けて売ればいいというものではないと思いつつも買ってしまったTちゃんと私であった。ビール、バドワイザーよりははるかにおいしい。そしてここでしか買えないはず。

ここで食べたご飯はこんなんです。

BELFAST 068 私オーダー、キッシュとポテトサラダ。キッシュはいまいち。 ポテトサラダはうまかった。

BELFAST 069 Aちゃんオーダー、見えないが、チキンのベーコン巻きとガーリックポテト&野菜。チキンがちょっとピンクで食べるのをかなりためらっていたAちゃん。 

BELFAST 070 Tちゃんオーダー、シェパーズパイ。チョコレートケーキも食べていたがどうも大しておいしくはなかったようだ。

そしてここ、ちょっとお値段します。この日特別ハンバーガーは13.50ポンド!バーガーごときにそんなに払えない、とバーガー好きのAちゃん断念させていた。


さて、帰る前にギフトショップに行こう!ということになりますわね~、普通。でもですねえ、ここ、

またまたまたまた並んで待たされる。


私、42年生きてますが、ギフトショップに入るのに並ばされたのは今回が初めてであった。

ええかげんにせなあかん、タイタニック・ベルファスト。

と思うも3人並んで待つ。列は短いので5分ほど待ったくらいか。しかしこの時点で私の体はぼろぼろ。体を全く鍛えてない私にとってはきつい。

買ったものはこちらだ。

BELFAST 094 ポストカードとペン。ペンはダブリンのReadsというディスカウント本屋でも買える(汗)。

BELFAST 090 ガイドブック。ガイドしたばかりなのに買う。

BELFAST 092 タイタニック・ジャム。名前付けただけなのはわかっている。日本の家族みやげなので許してほしい。


そしてこれ。これをどうしても買って、アイルランド紅茶好きの日本の友達にあげたかったのです。

BELFAST 093 タイタニック・ティー!


そしてビールももう一本買ってお土産にした私であった。


この後、タイタニック・ベルファストの食べ物の裏へ。

BELFAST 074 裏も表も同じ。

BELFAST 072 ここから船が旅立った。。。


さて、帰ろうか~と時計を見たらなんと


午後3時


おいおい、朝10時35分からいるのよ、ここに!トータル4時間半もいたなんて!!!

タイタニック・ベルファストのあとは買い物にと言っていたのですが、AちゃんもTちゃんも疲れて帰ることに。気持ちはわかる。私もぐったりだったもの。そりゃ、4時間半もいたからよ(爆)。

帰りは館内(グランドフロアー)にあるタクシー直通電話で予約。すると数分でタクシーが来た!すばらしいサービスである。これで帰りの足は心配ご無用である。


二人と町へ戻りお別れ。その後私はCity Hallへ行った。これを見たかったからだ。

BELFAST 088 タイタニック・メモリアル・ガーデン。

BELFAST 084 先月建てられたばかり。亡くなった方のお名前が刻まれている。

しかしだ。この上に腰掛けて笑顔で写真を撮る外国人カップルを発見。このメモリアルの意味がわかっているのか???

ここでティファニー・タイタニック・ツアーは終了。


ダブリンに着いて家で買ったものの写真を撮りながら思った。こんなもんばっかり買って、私は完全にタイタニックに便乗して儲けようとしてる会社に

踊らされてる。。。

しかしこんな私も実はちょっと複雑な思いもある。Tちゃん、ギフトショップでタイタニックのコンパクト(ミラー)を見ながら私にこう言った。

「亡くなった人が一杯いるのに、こんなギフトショップで物売ってお金もうけてるのはおかしいと思う。沈んだ船のコンパクト(ミラー)見てどこがいいのかわからない。」


言ってる事はわかる。亡くなってる人がたくさんいるのも事実。でもやはりタイタニックってちょっと特別な感じがするんですよね、私には。タイタニックの話、聞けば聞くほどもっと聞きたくなるんです。

私が思うに、1912年にこんな馬鹿でかい船をつくる技術と携わった人たちの努力もやはり忘れてはいけないと思うのですよ。沈んだ事ばかりに焦点があたりがちですが、それだけでないことも見せてくれたタイタニック・ベルファストは良かったと思う。

タイタニックでお金儲けてるのも事実だけど、歴史も事実。100周年って言うのをいろんな意味での記念にしてもいいのでは?と私は思うのだ。

ベルファストがいやなイメージを捨ててなんとかタイタニックに焦点を当ててもらおうとしてるのがすごく良くわかったタイタニック・ベルファストとベルファストの町。

ベルファストよ、がんばれ。


ただ、人が多いのがいかん。行かれる方は心していかれた方が良いですよ。そしてこれもいかん。

BELFAST 097 Typo!!!

WWWWW.titanicbelfast.com!!!




ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おや、同じ日に行ったんですが、最後に貰った記念切符に日付け入ってましたよ。もうなくしたけど(笑)。

himadamさんへ

あらっ、いらしてたんですね!実は元同僚も同じ日に行ってたそうですが、日にち入ってたそうです。なぜか私たちの分だけ日にちなし(涙)。会社のハンコ使って自分で入れようかと思いました。タイタニックのご感想、いかがですか?

No title

私が行ったのは平日の15時過ぎだったせいか、カフェも並ばず館内にも余り人はいない状態でした

踊らされてタイタニックビールと紅茶を買ったものですが(爆)一つ質問です
アイルランドのティーバックには紐がない?
他にも紅茶を幾つか買って来たのですが開けて見るとみな紐がついておりませんでした
取り出すのにスプーンとか使わねばならず不便だと思うのですが・・
たまたま紐なしばかりを買ってたのでしょうか?
それとも紐なしがメジャーなのでしょうか?

こえださんへ

週末と平日、えらい違いですね~。平日行ったほうがぜったいいいですね。

ティーバックに紐がついているのはフォートナムアンドメーソンなどのお高級紅茶くらいでは?と思われます。ハロッズの缶入り50ティーバック入りにも紐はついてません。それに一つずつ包装もしてませんね、普通。スーパーで買うこちらの紅茶は紐無しが普通です。付いていると「おお~!」っと思います(爆)。

こちらの人はミルクを入れて飲むのが普通。だから紅茶もそれように濃いわけですよ。日本の紅茶のように薄くない。それに砂糖も入れる人も多い。レモンはほとんど使われません。レモンティーにするのは外国人くらいだと思われます。

とにかく、ミルクや砂糖を入れるのでスプーンでかき混ぜるため、そのスプーンで紅茶の袋を取り出せばいいから紐が無いでは?と私は勝手に思っているんですけどね。

紅茶について、ブログネタにさせていただきます。いつもネタ提供していただいて(そんな気は無いでしょうが。爆!)ありがとうございます!不に落ちない事があればいつでも何でもいいんでコメントくださいね~!

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.