買うべきか買わぬべきか。。。

今日は大事な日なんですよ。だって、この人の誕生日だから!

BONO 5 ボノ~!!!

おめでとう、ボノ。私と10歳違いの52歳になったのですよ。だからどうした!とおしかりの声が聞こえてきそうですが、ファンとはこんなもの。許してください。

ボノ、最近はめっきりニュースが無い。何をしているのであろうか。。。と思いきや、こちらが今日から展示される!

U2 14 U2写真の展示会よ!!!

彼らのマネージャ、ポール・マックギネス氏による今回の展示。写真は全部で32枚だそうだ。

前にも数回にわたりブログでご紹介した、The Little Museum of Dublin(ザ・リトル・ミュージアム・オブ・ダブリン)で今日からやってます。と言っても今日はどうもメディアにだけのよう。一般公開は明日から。http://www.littlemuseum.ie/いや~ファンとしてはこれ、

必見物!!!


昔の彼らの写真って好きですわ~。ラリーが本当に男前で。。。(書きながらうっとりしています)ラリーのような52歳なら即刻結婚申し込むわ~。You can have me, Larry!!!

ここ、入場料5ユーロなんですが、The Sunday Clubという、日曜新聞The Sunday Timesがやっているクラブに入ると無料バウチャーがもらえます。その代わりネット上で登録しないといけません。しかしほかにあんまりオファーが無いのがこのクラブの難点。http://sundayclub.ie/

ちなみにバウチャーは6月30日までの分しか現在配ってません。もしそれまでにこちらに来られる日本人の方で興味がある方は日本から登録してバウチャーを手に入れて無料で見るってのもできますよね。まあ、U2が好きでない人にはどうでもいいことなんですけど(汗)。

そして、今日(ダブリン時間)午後6時から、彼らの限定プリントやらカタログやらがミュージアムのサイトを通じて売られるらしい!

買うべきか、買わぬべきか。。。あかん、たぶん何か買うわ、私。今超金欠なのに。限定とか言う言葉に弱いのよね~私(爆) 。


買うかどうかと言えばこちら。昨日からですかね?販売になってるらしいんです。


COIN 3 The Book of Kellsと書いてある。


Irish monastic art (アイルランド修道院アート)を記念してセントラルバンクが発売しているこのゴールドのコイン。(だからデザインがThe Book of Kellsよ)実はむちゃくちゃ小さいらしい。デザインはアイリッシュデザイナーのTom Ryan(トム・ライアン)と言う方がしたそうな。

COIN 1 コイン表。

COIN 2 コイン裏。

0.5グラムだそうな。いや~、小さすぎ。これ、ほしいな~と思っていらっしゃる方、みえるでしょうかね?12000枚限定だそう。そしてこのコイン、価値としては20ユーロだそうですが、実際買おうと思うと

45ユーロ

出さないと買えません。 ネットでも買えません。ダブリンはデームストリートにあるセントラルバンクのオフィスに電話してオーダーしないといけません。(00353)1890 307 607。

いろいろ作るのに経費がかかってるらしくて、この値段らしいんですけど。。。いつもここが記念硬貨を出すたびに価値の倍以上のお金を請求するんですよねって、日本でもそうか。でも、ついつい

20ユーロの価値なら20ユーロで売ってよ。

と思ってしまう。無理ですね、はい。まあ、これが安いと取るか、高いと取るかは人それぞれですわ。

このコイン、買うべきか買わぬべきか。。。まあ、いらんなあ。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

U2の写真展、世界巡回とかする予定ないですかね?!見に行けるティファニーカイリーさんが羨ましいです。是非、報告おねがいします。

直美さんへ

どうなんでしょうねえ。やるといいんですけど。。。近く見に行きますので報告いたします。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.