来るのか?アイルランドがアイルランドでなくなる日ー後編ー

アイルランドにお住まいの方は昨日の夜、この番組を見てたかもしれませんね~。

TREATY 4 The Frontline, Fiscal Treaty Debate.

左からYes派、Foreign Affairs Minister and Labour Party leaderである、Eamon Gilmore〔イーモン・ギルモア)、Dragons’ Den と言う番組に出ているビジネスウーマン、Norah Casey(ノラ・ケーシー)。

その横がNo派で例の人、シンフェイン党の副リーダーで、Aちゃんとお母さんのBさんが大嫌いなMary Lou McDonald 〔メリー・ルー・マクドナルド)、最後に元欧州議会の候補者、リベルタ党の党首&ビジネスマンでもあるDeclan Ganley(デクラン・ガンレイ)。

昨日番組は白熱!一人が喋ると違う人が同時に喋ってしまい何を言っているのかさっぱり聞き取れないと言う状態になり、収拾つかず!苦情が番組に寄せられてた。そりゃそうだ。

会場にも一般人が参加、質問を彼らに浴びせてました。一般人もかなり白熱!けんか腰になってたし。

つまり、現在アイルランドではこの問題を考えるのが現在一番大事なわけです。

では今日はNo側の言い分。

TREATY 2 NOだ!


1)うまくいかない
この協定はユーロゾーンの危機(借金や銀行の危機)を解決しない。協定のおかげでもっと悪くなる。

2)より多くのカットが要求される
協定により2015年から6billion euroのカットが要求される事になる。このカットが教育やら病院やら大事なところからカットされ、もっと課税される。そして失業者が増え、移住者が増える。

3)Less Power
協定にサインする事でEUが決めたルールを守らなくてはならなくなる〔国家予算等)ため、アイルランドとしての国の力が薄らいでしまう。

4)罰金
協定にサインしてから、契約どおりにしないとEuropean Court of Justice〔欧州裁判所)から最高額160Million Euro(0.1%OF GDPで、罰金はそれを超えてはいけない)の罰金が課せられる。(GDP は3%以下にしないといけない)

5)協定が書き換えられる可能性

アイルランドの法人税が12.5%なため、それは低すぎる!上げろ!と、この人が言っているんです。

FRANCOIS 1 フランソワ・オランド大統領。

実は前にもサルコジ氏とメルケルさんが同じことを言っていたんですね。しかしアイルランド政府は断固として拒否。しかし、協定に新しく法人税値上げを書き入れるってオランド大統領が言ってるんです。アイルランド政府は断固として断るらしいけど、サインしてもたら、従わないといけませんわ。


まあ、こんなところでしょうか。

No派の言いたい事も良くわかる。しかしだ。協定にサインしようがしまいが、大借金を抱えているアイルランド。課税や経費カットはぜったいに避けられないわけですよ。

何か聞いてたらNoなら課税や経費カットが避けられるという感じにしか聞こえないんだなあ。それは私だけか?

昨日のディベートで観客の一人が協定にサインした後の課税やカットの明細を誰も言わないからわからないっていうけど、そんなん今政府もわからないとおもう。No派だって、協定にサインしなかったらどれだけの課税とカットで済むかわからないと思う。それを聞くほうに無理がないか?と思う私。と思う私が実はおばか???

それに協定に入らなくても借金払わないといけない分けですよ、国民は〔国民のせいじゃないのにね)。でもNo派はどこからお金を取って借金を返すのかと言う事を言ってない。はっきり言ってくれたら賛同するよ、あんた。

実は先日うちのポストにシンフェイン党の協定にNO!のチラシ2枚が入れられていた。シンフェイン党嫌いAちゃんに(面白いので)見せた。すると。。。

「ふん!、またこんなん作ってあの人ら。それも全然アトラクティブじゃないチラシ!(一枚は茶色に黄色文字の表紙。確かにダサい。)こんなんいらんわ!玄関に

シンフェイン党のチラシお断り

って紙に書いて貼ろうかな。」


爆!!!!本当に嫌いなのね。私も嫌いだけどさ。〔支持者の方、すみません)ということでAちゃんの投票は

YES

に行くらしい。シンフェイン党と反対の事をすると決めているらしい。そしたら迷わなくてもいいから、と言っていた。わかりやすいね(笑)。

でも本当に彼らが嫌いなら、わざとNoに投票して、国がとんでもない事になったら(たぶんなる)一気にシンフェイン党を責めるっていうやり方もある。でもちょっとリスキーね(汗)。

そしてAちゃんのお母さんBさんはこう言っていた。

投票しない

なぜか。どっちにに転がってももうアイルランドはだめだからと。かなり投げやりな意見である。

投票権のない私はYES。つい最近までNoでした。協定をフランスが書き換えるかも知れないっていうのに引っかかったのです。でもですな、どっちに転がっても課税されるし、経費カット。しかもどう考えても将来お金がないから借りないといけない。ESMにアクセスできて率も安いらしいのなら(昨日のディベートより)YESでいいかもと。しかも、アイルランド、帳簿がちゃんと出来てないわけですよ。なら誰かEUにやってもらったほうがいいかもと思ったりする。

TREATY 3  Noや~めた!

ドイツに助けてもらっているアイルランド。Germany owns Irelandとアイルランド人はよく言う。なら、協定にサインしてコントロールされても大して今と変わらないとAちゃんは言う。ごもっともだ。もうすでにアイルランドはアイルランドではないのかも知れない。

そして政府はもし国民がNoと言ったら、リズボン条約のときのように2度目の投票をするとえらいことを口走ったこの人。

TREATY 5 答えはYesだ!Enterprise minister Richard Bruton!

もうこの国の民主主義は死んだ、とまで言われる始末。この国の政府はなんとしてでも自分達の思うようにやりたいらしい。

皆さんならYes/NOどちらでしょうか?


こんな大事なときにこのおっちゃん、ディベートにぜったい顔を出しません。

ENDA KENNY 16 悪代官エンダ。

国会では質問が事前にわかっているので答えられるけど、テレビやラジオのディベートでは質問が事前にわからないから答えられないため、と誰かが言っていた。それかこっそり裏で何かをたくらんでいるのかもしれない。。。


明日は軽い、楽しい話題にします~。

ポチっとクリックお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ











スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

アイルランドは法人税が安いからって、進出したのに
これが上がったらここ居る意味がなくなる(泣)

ところで昨日の日記に登場したメルケル独首相、
以前RTEで「ドクターメルケル」と言っていたので気になってネットで調べたら
あの人、物理学の博士号持っているんですね。。。ドイツ人の物理学博士って…
国家財政火の車の「豚(PIGS)」どもから見れば
「鬼ババア」にみえるんだろうなぁ
もっともその豚どもを「調教」しなきゃいけないフラオメルケルにもちょっと同情。

むらっちさんへ

そうなんですよ。法人税が安いから、国が大借金抱えてても結構投資してくれてるんですよね、他の国の会社が。これがぐ~っと値上げされたら誰もこの国には来ませんし、撤退しますわ。
うちの会社も外資系なんで、や~めた!ってなったらえらいことですわ。

メルケル首相は本当に頭が切れるんですよね。私もブログを書くときにちらりと調べたら。。。びっくりでした。そうですよ、特に危ない国からいわせれば彼女は「鬼ばばあ」ですが、彼女よりフランスのオランド大統領のほうがいやだな~と個人的に思う。あのおっさん、何を言い出すか、不安ですわ。アイルランドをいじめる気がする!

No title

私も投票しません。お手上げですね、この国。She got what was coming to herだと思います。(この表現って否定的な意味しか無いんでしょうか…)友人・知り合いの何人かはドイツへ脱出しました。賢明だと思います。;-)

SCさんへ

今のところYesの人が多いらしいですね。ああ、本当にどうなるんでしょうかね。海外組、かなり多いのはうなずけますね。

No title

「海外組」>ひひひ。その表現何だか楽しいです。
Kenny氏は昼間テレビで(ほんの数分ですが)演説してました。前日のGerry Adamsに対抗して仕方なくです。Paul MurphyもまたKenny氏の揚げ足を取って喜んでましたよ。

SCさんへ

悪代官エンダはディベートできないんでこう言う形でしか出てこないんでしょう。国を運営する要の人間がこんなんですから情けない。そりゃ〜誰でも突っ込みたくなりますよね。
ジェリーアダムス、今アイルランドで時期首相候補一番人気らしいっすね。しかもこのあいだの協定の演説でワザと協定のESMの定義について間違えて説明してNO票を集めようとしたとか。こんなジェリーおやじが一番人気のアイルランド、相当デスパレートだと言うことでしょうかね。

No title

最新の世論調査でSinn Féinの人気が上がったというニュースですね?党の議席が少ないのでSinn Féinのリーダーが首相になるのはちょっと難しいかと思いますが(今のところ)v-8、この国の人達一体何を考えてるんでしょうかね~。元テロリストを支持するとは… 一部のアイルランド人は’Gerry Adams is devious and cunning.’なのでアイルランドの首相としてぴったりだと言ってるそうです。苦笑してしまいます。

SCさんへ

今支持率17パーセントでじわじわと支持率を伸ばしているので、次の選挙は分からないと真剣に思っています。
そう言えば昨日、メリールーの事務所前に爆弾が置かれているのが発見されましたね。よっぽどシンフェインが嫌なんでしょう。シンフェイン党員に挑戦するなんて。勇気ありますよね。でも爆破してもシンフェイン党が無くなるわけでも無いのですけど。
こちら日本でも協定の国民投票のニュースがやってます。結果、どうなるか、注目されてますよ。

No title

投票の結果、もちろんご存知ですよね?投票率は47パーセントくらいだったようです。リスボンの時より低い…
友人の一人が投票を拒否されたと言って怒っていたし、別の一人はパスポートを見せて無理やり投票したとか言ってましたけど、どっちに入れようが同じなのに。ひひひ。

-さんへ

すみません、お名前がなかったので-さんとさせていただきました。
結果はネットで確認しました。日本の新聞にも結果記事が載ってました。
ええ、結果はどっちになっても大変でしょうね。投票断られるって。。。事前に投票登録がしてなかったとかでしょうか?投票したいって言ってるんだから素直にさせてあげればいいのにねえ。

EUを無くせ!

そんなの簡単ジャン!
アイルランドだけ見てるから気が付かないだけ。

EUが全ての問題の根源です。アジアにとっても。
EUを無くす、これ以外に再生の道はない!(きりっきりっ!キリキリ舞い!)

mさんへ

EU自体をやめたほうがいいんとちがう?とみんな心のそこでは思ってるはずだと思うんです、私。ただ、いろんな政治&金銭的なからみが多すぎて簡単にや~めた!って言えないわけですよね、きっと。だからギリシャが大金借りてる上にEuから脱退するっていってもドイツやらフランスが引きとめてるわけで。。。大金貸してるし。

前の貨幣に戻すと1Euro=2Puntになるらしいんですよね、アイルランドの場合。もっとかせがないといかんということになるのでEUROのままのほうがいいって聞いたんですけどね。それに海外の投資家のセービングが引き出されて他の国に行くのも困るらしいんですわ。(それは他の国も同様でしょう)雇用ももっと悪くなるって言ってるし。EUから出たらどうや?という意見が前からあっても100%それが正しいわけではないらしい。加盟国はもう入ってしまった以上しがみつくしかないのかな、と思ったりします。

でもEUのおかげでアメリカもアジアも足をひっぱられまくりですものね。mさんの言うとおり。EUが悪いですわ。加盟国の審査をちゃんとしないでいれちゃったのがそもそも間違いでしょう。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.