北アイルランドへ。エニスキリン、ボート観光ー前編ー

週末はキャバン県(Co. Cavan)に住むアイリッシュの友達Tちゃんとエニスキリン(Enniskillen)へ週末プチ旅行してきました。

エニスキリン(Enniskillen)といえば、北アイルランド紛争で有名ですね。それに先日クイーンも訪れた北アイルランドの町。ファーマナ県(Co. Fermanagh)にある。

ENISKILLEN 1 ここ。

ENISKILLEN 2 北アイルランド図。一番左下の県。

ENISKILLEN 3 こんな感じだ。


地図からもお分かりのように、ここは湖や川がど~んと町の中にある。そのため、ウォータスポーツや、ボート観光で有名らしい。

しかし、北アイルランドといえばベルファストしか行った事がない私。エニスキリン知識は北アイルランド紛争くらいしかない。これまたIgnorantな私であった(大汗)。


皆さんの中には何で知識が無いエニスキリンへわざわざ?と思っていらっしゃる方もあるでしょう。実はTちゃんの働く会社では社員向けに夏のイベントがあり、それに誘われたのです。そのイベントが今回エニスキリンだったわけ。

内容は、土曜日、Killyhevlin(キリーへヴィリン)ホテルから午後6時半にボートに乗り、

ENNISKILLEN 1 4星ホテル。http://www.killyhevlin.com/

Lough Erne (アーン湖)を回り、


ENNISKILLEN 2 きれいね~。

湖の下側に浮かぶ島、Devenish Island(デベニッシュ島)へ降り立ち、古い僧院(Monastery)を見、ホテルに戻り午後8時半から3コース&紅茶・コーヒーつきのディナーを食べると言うもの。なんとこれでお値段、

10ポンド!!!



安すぎる~~~!ありがとう社員価格!!!もう

行くしかない。


と言う事で、今回これに二人で参加する事になったというわけです。


まず私はダブリンから土曜日の昼バスに乗り、Tちゃんが住むキャバン県へ。ダブリンから約2時間20分くらいかかりましたかね。

バスはこれ。

BUS EIREANN 1 写真はネットより。

二階建てバスの2階に乗り込んだ。バスの前にテレビカメラが付いているらしく、その映像がバスの2階に備え付けのテレビで放映だ。

BUS EIREANN 2 なるほどね。

高速を通らないで小さな町に寄りながら走るためキャバンに着くのにえらく時間がかかる。しかも人が草がぼうぼうに生えてる道端にぽつんとバス停が立っているようなところで降りたりして

ああ~、田舎やな~

とほほえましくなるのである。ダブリンとはえらい違いである。


キャバン県にあるバスターミナルでTちゃんの車に拾ってもらい、そのままそこからエニスキリンへ直行!しかし道が悪いキャバン県。ちょっとでこぼこだったりして笑える。


キャバン県からエニスキリンまで約45分ほど車でかかる。Tちゃんはキャバンに住んでいるが、エニスキリンで働いており、この辺の道をよく知っているのでかなりぶっ飛ばして走っていた。まあ、人もあんまり歩いてないしね(笑)。

エニスキリンへ行く途中の道で、Tちゃんがエニスキリンの周辺の町を案内してくれた。

北アイルランド紛争(The Troubles)のときは行く途中の道には検問所が何箇所か設けられていたそうで、3回は最低でも検問所で止まらされ、名前やら何をしにいくのかやらいろいろ聞かれたらしい。ようは国境越えるわけですからね。それにIRAの活動も当時活発だったようだし。

それに昔検問所があった町の検問所周辺は何度もIRAに爆破されたり、橋があると必ずIRAが爆破してたらしいです。今じゃそんな事が過去にあったとは全く思えないくらい静かで、見た目普通なので不思議な感じがする。


エニスキリンへ到着。Tちゃんはドッグフードを買わないといけないのでイギリスの、アイルランドには無いスーパー、ASDA(アズダ)に寄ると言う。

やった!!!!


ASDA 2 ASDAはWalmart系だからアメリカの国旗よ。

ASDAに前から一度行ってみたかったのよね~。感想。。。テスコに似てますね。服も食品もゲームもCDも置いてある。でもこっちのほうが服の質がよさそうなきがするし、全体的に品物がテスコよりちょっと安い気がするな~。

そこで私が買ったのがこれ。

GOK 1 ゴク・ワンのチャイニーズレシピ本。

この人についてはまたの機会に説明しますけど、この本がほしいと思っていたのですが、ダブリンで買うと20ユーロほどしてたので買えなかったのである。しかしエニスキリンのASDAではなんと、

8.5ポンド = 約11ユーロ (ROE 0.778)

安っ!!!!もう買うしかありませんでした。さすが北アイルランド、物価が安いわ~。ダブリンとはえらい違い。 それにしても何でASDA,南(アイルランド)にはないのかなあ。。。テスコと対決したくないのかしら。


私があまりにも感動してASDAの商品を見つめていたため、アッと言う間に午後6時。あわててホテル、Killyhevlinへ。。。そしていよいよボートに乗りますよ~。


続きは明日に。。。(相変わらず前置きが長くてすみません。汗)


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.