Conas atá tú?ーアラン諸島の旅ー前編ー

ロンドン・オリンピックの開会式、見ました?

Team Irelandが出てきた時の応援の声のでかかったこと!たくさんアイリッシュがイギリスに住んでますし、近いからたくさんアイルランドから見に行ってたのではないでしょかね。いや~いい感じでした。がんばれTeam Ireland!

ちなみに女子バトミントンと男子ボクシングは勝ったTeam Ireland。

しかし私は最後まで見ず、12時過ぎに寝ました。デュラン・デュランが出て歌うものだと思い込んでいたあほうな私。実は前日のコンサートで歌ったことが発覚。開会式はポール・マッカートニーだけが歌うとわかり、寝ました。

寝た理由。。。それはポールが嫌いだからではありません。朝7時15分のバスに乗り、ここへ行く事になっていたからです。(また前置きが長いですよ~。笑)

ARAN ISLAND 1 Aran Islands.

この諸島の一番大きい島、イ二シュモア島に行く予定だったのである。

ARAN ISLAND 2 左の大きい島ね。


ここへは大概語学学生時代にみんな行くんです。でもなぜか行く機会が全く無かった私。ゴールウェー止まりでした。

しかし今回アイリッシュの友達Tちゃんが、アメリカに住むお姉さんに頼まれて面倒を見ることになった、お姉さんの知り合いの女性の娘で、先週の木曜からアイルランドに来てる、カルフォルニア出身のDさん33歳を連れてアラン諸島に行くのについでに誘ってくれたために行く事になったのです。


先週の金曜日は会社でアラン諸島に行くのよ~と言ったら、同僚Aさんがこれをくれた。

ARAN ISLAND 5 これは使える!

つまり、ご存知の方も多いと思いますけど、この島はアイルランド語を喋ります。

地元民同士の会話はすべてアイルランド語。そうでないと英語で話しかけてくれる。そのため、別にアイルランド語を喋らなくてもいいんですけど、一言アイルランド語で何か言ったら地元民が大喜びよ~と言う事で教えてくれたわけだ。

ちなみにそういうAさん、アラン諸島未経験者。実は同僚のアイリッシュの中にも行った事が無い人がちょくちょくいる。


おなじみ同僚D君はアイルランド語ぺらぺらでございます。そのため、数個アイルランドを教えてもらうことに。
しかし紙に書いてるはいいが、筆記体で書くもんだから読めない。しかも字が汚いので、

Your writing is awful。

と 言ったら「人に書いてといっておきながらそんな言い方はない!」と怒ってましたが、読めんもの書いてもらってもしゃあない。なので会社の帰り際にちゃんと書いてもらったのがこちらだ。

ARAN ISLAND 4 これですけど。。。

実は彼が書いたのはアイルランド語の発音を聞こえたとおりに英語で書いた、Phonetic Spelling. アイルランド語ではありません。なので意味を英語で下に書き足した私。

これをアイルランド語で書くと。。。

ARAN ISLAND 3 一文抜けてるがこんな感じだ。

これはいえたほうがいいと思った、トイレはどこ?(1文目)メニューをください(2文目)、これはいくらですか?(4文目)をD君に書いてもらったのですが、私にとって一番大事なのは実は3文目。

男達はどこ?



結局このアイルランド語を使う事は残念ながらありませんでした。。。



という事で、ダブリンからアラン諸島まで。こんな感じで行って参りました。

1)朝6時30分。家からダブリン空港までタクシー(家から空港のほうが町へ行くより近いんです)
2)7時15分発のダブリン空港からCitylinkというバスでゴールウェーのシティーセンターにあるコーチステーションまで3時間の旅

CITY LINK 目立つ色のCitylinkのバス。http://www.citylink.ie/

GALWAY 1 でかい!ゴールウェーのコーチステーション。町から近い。

3)10時半前にTちゃんとアメリカ人Dさんとゴールウェーのタウンで待ち合わせ
4)11時過ぎ、ゴールウェーを出て、アラン諸島行きの船が出ているRossaveal(ロッサヴィール)へ
5)昼1時発の船でアラン諸島へ


ダブリン空港からゴールウェー行きのバスは私とブラジル人女性の二人のみ。バスがらがら~。出発までバスの中で待ってたら。。。

DUB AIRPORT 2 茶色い看板に注目。


Church of Our Lady Queen of Heavenって書いてある。あれ?こんな空港に教会なんてあったっけ???

と矢印の方を見たら。。。


DUB AIRPORT 1 あったわ。。。


そういえば前にAer Lingusのアーカイブフィルム見たら、社員がクリスマス前に教会へミサに行ってる映像が会ったけど、ここだったか!う~ん。。。やっぱりカソリックの国、アイルランドね。


その後バスはダブリンの町中に行き、客を拾ったのだが、ものすごい観光客!バスがすぐに満席に。そしてゴールウェーへ。行く途中、Tちゃんから電話。

「私、今あんたのバスの後ろを走ってんのよ。」

爆!!!



彼女、本当に走ってました。横を抜かしていきましたからね(爆)。


3時間後、ゴールウェーへ。ちょっと町をふらふらして目指すはRossaveal(ロッサヴィール)ハーバー!船に乗りますよ~。


という事で続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.