Conas atá tú?ーアラン諸島の旅ー後編ー

やっと最終回ですよ。今日もブログ長いですよ。警告しておきます(汗)。

昨日のブログでダン・アンガスの説明が全くしてませんでしたね。もらった説明書きに寄ると、紀元前1500年から紀元後1000年にわたる約2500年の間に人が住んでたらしい。

しかも紀元前800年ごろは政治、経済&宗教において大事な場所だったようですよ。ここの一部は状態が悪いため入れないのですけど、まあ絶景でしたね~。

さてこの後はタクシーのおっちゃんに拾われ、The seven churchesへ。。。でもどう見ても7つも教会ナインですけど?

ARAN ISLAND 032 8世紀に建てられたらしい。下の石はお墓。

ARAN ISLAND 030 全体像。教会二つだけ?

ARAN ISLAND 033 長方形の立石にはケルティック模様。(見えませんね。すみません。)

ARAN ISLAND 034 教会の裏。

おっちゃんのガイドによると、ここ2年間は誰もここに埋められていないらしい。しかし、今でもお墓がたくさんあり使われている。教会だけ廃墟なだけだそうだ。


後は大して見るものが無いらしいこの島。おっちゃんがとにかくドライブ。途中こんな光景に!

ARAN ISLAND 035 ハグ・ハグ・ロバちゃん。

なかなかこの光景は珍しいとおっちゃんは言う。

その後、The Aran Seal Colonyへ。アザラシが泳いでる感じでしたが、遠すぎてよく見えず。なので写真撮らず。

もう見るものも無いのでB&Bまで乗せてもらうことにした私達。でもおっちゃん、何とか景色がいいところや珍しいところを見せたいらしく運転を続け、車をやたら止め、

写真撮らない???

と言うんで仕方なく撮ったのがこれ。

ARAN ISLAND 036 廃墟となったコテージ。

ARAN ISLAND 037 その横の景色。

この写真の後、車の中で転寝した私。。。朝5時15分おきは40代の体にはきつい。

結局このツアーでおっちゃんはツアー代一人10ユーロしか請求してこず。B&Bまでのタクシー代は無料。なにしゃべってるかさっぱりわからんおっちゃんであったがいい人であった。



B&Bへ戻り、一休み。その後7時半に予約していた、港にあるPier House Restaurantへ歩いていく事に。しかしちょっと時間が早いので、途中にあるパブで一杯。

ARAN ISLAND 7 Joe Watty's.

飲んでいる間、大量の雨が降りました。そのため、ここの庭に放し飼いにされている鶏はテーブルの下に

ARAN ISLAND 038 雨宿り。

ここのパブでも料理が出ます。皿にてんこ盛りに盛られた大量のムール貝をむしゃぼっていた人を数人見かけました。うまそうでしたよ~。http://www.joewattys.com/

一杯やったあと、予約してあった港にあるレストランへ。。。

ARAN ISLAND 044 フィッシュレストランです。http://www.pierhousearan.com/ 
ARAN ISLAND 045 パンプキンシーズのソーダブレッド。めちゃうま!

スターターはこれ。みんなで分けました。

ARAN ISLAND 046 カラマリ。うまいけど、サラダの量方が多い?

メインは。。。

ARAN ISLAND 047 魚が苦手なTちゃんオーダーのチキンとバジルのソース添え。

私とDさんはToday's special メニューからMonkfish(アンコウ)とバスマティ・ライスをオーダー。詳細を覚えてないんですけど、確かスイートチリソースって書いてあった気がしたんです。しかも私、フィレが出てくるもんだと思い込んでたんです。フィレの横にライスが添えられてると思ったら。。。

ARAN ISLAND 048 ???

ぶつ切りのアンコウでソースも出来損ないのタイ・グリーンカレーみたいなのが乗っている。これでなんと、

22ユーロ&超がっかり。

 
ここはおいしいけどちょっと高いので有名らしいんですけど。。。私のお口には合いませんでした。Supermack'sで食べてたほうが安いし満足感あったかも(笑)。


ちなみにレストランの写真でお気づきになった方も見えるでしょう。国旗が半旗ですよね?実はこの日、島出身でロンドンに住んでいた方が亡くなり、遺体が教会に運ばれた日(Removal)だから。

この島には葬儀屋さんがないそうで、お棺はジープの後に乗って運んだりするそう。ちなみにこの島の人が島で無くなった場合、パブ、お店、レストランなどはすべてClosedだそうです。


その後はJoe Watty'Sへ行き今回の旅行の締めくくり。Tちゃんの提案でこれオーダー。アメリカ人には馴染みがないもの。それは、

ARAN ISLAND 049 Baby Guinness.

ショットなんですけどね。コーヒーリキュールにベイリーズが入ったもの。ギネスは入ってません。これ、甘くってうまいですよ~。ちなみに私が二人におごりました。私がおごったんですよ、奥さん!(笑)


ここでは地元の二人の男の子の18歳の誕生日パーティーやってました。家族やら友達やらで一杯!一人の子のケーキは普通の四角いチョコレートケーキでしたが、もう一人の子のケーキに度肝を抜かれた。

ARAN ISLAND 051 バンジョーケーキ。なぜかサイレン付き(爆)

サイレンを頭につけて踊ってたバースデーボーイでございました。


Dさんと私、どっと疲れてパブで転寝したり無口になったり。。。なのでかなり早いが午後11時にここを出て歩いてB&Bへ戻った私達。むっちゃ寒かった~。アラン諸島は風がきついのでも有名ですものね。

Dさん、疲れたのかジャケットだけ脱いでベッドへ。。。私、みんなに忠告したんです。いびきかくかもって。疲れてると誰でもかくでしょ?なのでDさんに耳栓して寝るように忠告したんです、持ってるって言うから。わかったわ~なんていってたと思ったら、いきなり、

ご~~~ご~~~~ご~~~

???いびきは私でなくDさん。すでに爆寝!!そこでTちゃんが、

「彼女のいびき、携帯に録音するわ。」

本当に数分録音したTちゃん(爆)。それを再生したのを寝る前に聞いて思わず笑ってしまった二人であった。Dさんよほど疲れていたらしい(汗)。


B&Bと言えば朝食よね。ブレンダさんのOcean Viewでは、

ARAN ISLAND 053 コーヒーうまかったよ。

ARAN ISLAND 054 ソーダブレッドとトーストが選べる。

ARAN ISLAND 055 アイリッシュ・ブレックファースト。

でも、トマトとケチャップ煮マメ、それにマッシュルームがないわ~と思ったら、それは本当のアイリッシュ・ブレックファーストじゃないのね。スコティッシュ物らしいわ。なるほど。


B&Bを出て、とうとう島を出る時間。12時の船に乗るんです。歩いて港までスーツケースをがらがらさせていきました。前日よりいい天気。しかも行く途中、気がつかなかった景色に出会えた。

ARAN ISLAND 068 道端にマリア像!

ARAN ISLAND 063 ロバちゃん。

ARAN ISLAND 042 ちっちゃいポストオフィス。強盗に入られやすそう。

ARAN ISLAND 040 廃墟となった教会。

ARAN ISLAND 041 廃墟となったパブでは鶏が放し飼い(左上、白いやつ)ひよこも数匹いた。

ARAN ISLAND 039 超ミニ!Bank of Ireland. 

ちなみに建物横の左の窓枠はガムテープで止めてあった。誰かに強盗に入られたのか???(爆)


いや~楽しかった、イ二シュモア島!ここだけ時間が止まってる感じです。50年も60年も何一つ変わってないって感じ。

ブレンダさんいわく、島には何もないので若者のほとんどは島から出て行くそうだ。島の男は夏はアラン諸島の観光に勤め、その後は漁業。農業もしかり。ちなみにブレンダさんの旦那さんと息子さんは現在マグロ漁に出てるそうな。

島の女性達は?B&Bするしかないのかな。といったところか。最近は不景気も重なって、島に一泊せず、日帰りで来る観光客が多いそうだ。夜の町はちょっと静かだったものね、そういえば。。。

でも、ここにホリデーホーム持ってたらいいよな~と思ったんですよね。でも島の出身者以外この島で家は買えません。法律で決まってるそうです。そうでもしないと、よそから入ってきた人たちがバンバン建てて買うから値段が跳ね上がり、地元民が買えなくなるから。しかもアイルランド語が死んでしまう可能性もありますものね。

ちなみにTちゃんの出身地キャバン県もその理由で現在はキャバン県に5年以上住まないと買えないらしいですよ。

余談ですが、昔シャーロン・ストーンさん、イ二シュモア島に家持ってたらしいですよ。ずいぶん昔に売ってしまったそうですけど。それに有名アーティストが現在もよく訪れてるそうです。

3日間に渡ったアラン諸島、イ二シュモア島の旅、いかがでした?ちなみに気がついたんですが、家の庭に小さい家が置いてある家がちょくちょくある。

ARAN ISLAND 057 ブレンダさんのB&Bの庭にもある。

何のため?とTちゃんに聞いたら、

レプラコーンのための家

らしい(笑)。 またこの島に遊びに来るわ~。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

アラン諸島かぁ・・
いいですよね 憧れる人がいっぱいいるアイルランドの代表観光地の一つ

村上春樹が小説で書いている
司馬遼太郎なんかよりずっといい!!!

そして、世界に誇るアイリッシュブレックファスト
いいなあ 
ベルファストで食べたアルスターブレックファストが忘れられませんわ

堪能されたようで何よりです!
10月の訪問お待ちしてますが・・・
日帰りなんてダメヨ(笑)泊まって行ってください
NRT着の飛行機はダメなんですか?押上(スカイツリーの真下・空港から40分くらいで乗り換えナシ)まで迎えに行きますよ ここから車で5分ほどの所が我が家です。
1泊されて列車で実家に向かうプランは如何ですか?
ご検討下さい

こえださんへ

村上春樹氏の小説、読みたいですわ。日本に帰ったら買います。どんな視点で書いてるか興味ありますね~。

アイリッシュブレックファースト、野菜が無いから太りますよね。いつも体に悪いよな~と思うんですが、食べるとうまいんで体に悪いのを忘れます。朝の楽しみはこちらではこれですよね!今度いらしたらブレックファーストロールも食べてみてください。結構いけますよ。

10月の件ですが電車のほうがうちからだと便利が良いので電車で行きます~。一泊するかどうかは安い新幹線+宿泊が手に入れば泊まりにする予定。また近くにメールします!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.