船、船、船づくしのダブリンの週末-後編-

南アフリカの女性スタッフのハイパーさは本当に異常だ。

他のビジターを船の中で待っている間、私達のことをKidsと呼び、みんなを不快感にさせる。そしてアイリッシュは肌が白いと言う。言われなくてもわかっている(しかもうれしくない)事を言われて誰もうれしそうにはしていない。

そして続けてアイリッシュは、アイリッシュは。。。と言うのでちょっとうざくなった私。思わず、

「私、アイルランド人と違うんですけど。」

と言った。するとどこの出身かを聞いてきた(当たり前)。日本人だ、と言うと、

Get away!!!!

と言いながら、大げさジェスチャーでびっくりさを表現。みんなびっくり顔。すると、すかさず近くにいた同僚K君のお父さん(60代)が、

「コンニチワ!」

みんな大爆!気をよくしたのが、続いて、

「サヨナラ!」

これまた大爆を誘っていた。そして、先ほどアイリッシュが肌が白いと言っていた、このハイパーな南ア女性スタッフは私にこう一言言った。

You have a nice tan.


あの~、これTan(日焼け)と違って、ただ肌が黄色いだけなんですけど。


そして全員集合(私達と旅行会社の人たち、トータル20人ほど)したところでこのハイパー女性スタッフにキャビンを見せてもらった。車椅子使用の方が使うキャビン。シングルベッドが二つだ。しかしここは窓が無い。

SHIPS 1 024 窓は無いがウサギちゃん(の形)タオルはあった。

次のキャビンは窓ありのキャビンだが、二人が泊まるのにはえらく狭い部屋。そして私がクルーズ旅行で泊まったキャビン、ソファー&バルコニーつき。やはり泊まるならバルコニー付き(お金は高いけど)よね、と口々に言う同僚達。

SHIPS 1 025 バルコニーから見たダブリン港。相変わらず空が灰色。

そうです。クルーズ旅行するなら、金はケチってはいけません。

Squanderよ。



その後ジム&キッズルームへ。

SHIPS 1 029 ぞろぞろ~~~。   
SHIPS 1 027 ジムからの景色。これで晴天だったらと思う。

SHIPS 1 030キッズルーム。お姉さんが一人で準備していた。 
SHIPS 1 032キッズルームから。見たくもないコンテナーが見える。


デッキへ。

SHIPS 1 034 おお!ヌテラのでか瓶!(偽者)  
SHIPS 1 037 プールが汚い。  
            


このカジノをちらりと見て、ラウンジへ。ここでうちの会社のアイルランドとベルファスト担当者が話し、プロモーションビデオを流す。(1時間)   

SHIPS 1 045 ピンクなラウンジで。

各自のテーブルにはおつまみ(チップスとクラッカー)が用意されていた。そしてここではフルーツパンチとプロセッコが飲み放題だ!

調子をこいてすきっ腹にプロセッコを二杯飲んだためちょっといい気分。同僚もしかり。

はっきり言ってこの企画は旅行会社用のマーケティング企画であった。最近クルーズ会社は旅行会社、そしてメディアを招いてこういうことをしょっちゅう開いているらしい。

つまり私達はそれに便乗しただけ。関係ないのである。なので説明より飲み物のほうに興味がわき、同僚がくだらない冗談を飛ばしまくっていたため、渡した後のテーブルは大爆。しまいにアイルランドたんとうのお姉ちゃんに怒られました(汗)。


その後はシェフによるデモンストレーション&試食。シェフはこれを作った。

SHIPS 1 055 マッシュルームと子牛のタリアテッレ。赤ワインも入ってる。

これが一人用の試食であった。かなり太っ腹試食である。味はWOW!ではなかったですけど、いい味出てました。ちなみにレシピももらいましたので家で作れますな。


そしてお待ちかね、ただ(無料)飯時間(ランチタイム)だ!!!!

ランチは6コースだ。メニューにあるものすべて頼んでもよし、選んでもよし。これは私がやったクルーズ旅行と同じだ。今回私は4品のみ。同僚の手前ちょっと遠慮しました。

SHIPS 1 057 バターはアイルランドらしくケリーゴールド。  
SHIPS 1 060同僚オーダーハムとビーンズのスターター。

SHIPS 1 061スターター、SURIMI PIE!(すり身パイ)かにカマ入り。これはうまかった!

SHIPS 1 064 イングリッシュ・クラムチャウダーらしい。同僚オーダー。 
SHIPS 1 065リガトーニ。カリフラワー入り。私オーダー。ふつうであった。
 
SHIPS 1 063ニョッキのチーズフォンデ。同僚オーダー。 
SHIPS 1 062 ライスサラダ!これおいしいの忘れてました(涙)

SHIPS 1 067メキシカンスタイル・ターキーロール。同僚オーダー。 
SHIPS 1 066 ポーク・レッグ。同僚オーダー。

SHIPS 1 068カレイと野菜。同僚オーダー。 
SHIPS 1 069 えびとトマトのオムレツ。普通でした。           
 
SHIPS 1 070へーゼルナッツとシナモン、ラズベリージャムがけタルト。同僚オーダー。 
SHIPS 1 071 私オーダーエクレア。普通でした。


はっきり言って、食べ物はかなり普通でしたね。2010年に私が乗ったときのほうがうまかった気がするが、食事込みだし、こんなもんでしょうかね。

サービスは相変わらず満点。ワインをすぐ注ぎにくるのでやたらワインを飲んだ気が。。。その後バーに移り、仕上げにコーヒー・紅茶のサービス。大満足で私達は午後3時にクルーズ船を後にしました。そして思った。

ただ(無料)飯に勝るものはない。


そしてこれまた思った。

コンテナーの仕事は地味すぎる。

華やかしさがまるっきり無いもの。この間日本から来たコンテナーに虫取り用ガムテープが張ってあったとかで大騒ぎしてるくらいよ~。


昼間から飲んだりたらふく食べたり、大爆したせいでぐったりだった私。Tall Shipsをクルーズ船の帰りに見たわけですが、

人、人、人!!!

人に酔ってしまいましたので、結局大して船を見ることもなく、船とは全く関係の無い写真を撮り、友達と会う予定もやめてとっとと帰宅したのである。

SHIPS 1 084 SHIPS 1 085
                うれしそうに乗る男たち。

SHIPS 1 086 赤ちゃんまで~。Ah.

日曜日のほうがTall Shipを見に来た人がすごかったのですよ。私は終わりがけに行ってしまい船が去ったあとでしたし、これまた人に酔い、とっとと帰りました。(ちなみに船は朝11時にほとんどが出発してしまったらしい。早いよ。)結局このTall Shipsイベントは

約115万人

が見に来たらしい。そりゃ~人に酔うはずやわ。


船づくしだった私の週末。不思議と船を見ても自分の仕事と関係の無い次元で楽しめてよかった。

うちのクルーズ船が来年きたら(今度はもっとでかいのが来るらしい)またただ(無料)飯に便乗できないか、とひそかに思っている。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あはは 面白いです!プロセッコが飲み放題なんて太っ腹ですね 私もあやかりたいわ(爆)

日本でもクルーズ船はすごい人気&売り出し中
AGTが力を入れだしている分野の一つです。
銀座にはクルーズ専門の店も幾つかあるし、最大手のJ○Bでもその専門分野があるし、クルーズだけを案内するテレビ番組もあります。

リタイアしたら、それもいいのかな・・・・

今は余りに毎日が忙しくて・・どこかの島に行ってずっと一日何もせずぼっとしていたいです

こえださんへ

飲み放題と言えど、ちょっと遠慮気味だった私(笑)。太っ腹だったのはマーケティングのためだけですわ。うちの会社は基本せこいですから(爆)。

日本でもクルーズはやっているのですね~知りませんでした。私が2010年に乗った船にも何組か日本人がいましたものね。

クルーズは年寄りのものと言うイメージがまだありますが、最近は若いカップルとかも乗ってますから一度乗ってみるのもいい経験になると思います。私もまたやりたいです。

島でぼ~っとしたいです、私も!会社でぼ~っとしてるのとは違いますよね(笑)。

No title

その南ア女性はもちろん白人ですよね。ベルルスコーニの日焼け発言かと思いましたよ。しかし、この料理群半端ないですねえー。見てるだけでお腹いっぱいになりましたわ。今のご時世でクルーズ船だなんて、安泰会社ですね。辞めちゃダメですよ。

むらっちさんへ

それはうちの会社かもしれません。
今でか~い船を作ってます。来年就航するらしいんです。年々船がでかくそしてゴージャスになってます。
知名度はいまいちなのでがんばってるんでしょう。早く世界に君臨したいんだと思います。

O’Dwyerさんへ

もちろん白人です。よく考えたらスタッフに黒人がいませんでしたなあ。
ベルルスコーニの日焼け発言!!!忘れてましたよ、それ(爆)
料理、ものすごくおいしいわけではないですけど、あれだけ出れば満足。他にもバーガーも出してくれますから。

ええ、うちの会社、金だけはあるようなんですけど、私のような下っ端社員には行き渡ってないのが問題です。

Re: むらっちさんへ

すみません、むらっちさん。働いてる会社の可能性が高いのと、もしそうだとするとひょっとしたら不都合も出てくる可能性もあるので(大丈夫だとは思いますが)考慮させていただいた結果、申し訳ありませんが念のためコメントを削除させていただきました。本当に申し訳ございません。本当は会社の宣伝のため、ど~んと名前を出せると言いのですけどね。。。

むらっちさんのコメント、楽しみにしているので、これに懲りずにコメントいただけるとうれしいです。

もしクルーズ船に関する情報が必要であらばおっしゃってください。いつもコメントをいただいているので個人的にでも(!)お返事させていただきます!本当にすみませんでした。


Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.