35位のダブリン・現在の状況

2012年のマーサー(Mercer)・クオリティ・オブ・リビングによる都市順リストが発表になりましたね。

世界221都市の政治・経済・公共&医療サービス・教育・住居など約39項目・10カテゴリーの調査により、ニューヨークを100と基準とし、決められるランキングだそうな。

今年の順位。15位までご紹介してみよう。

1)Vienna-Austria
2)Zurich-Switzerland
3)Auckland-New Zealand
4)Munich-Germany
5)Vancouver-Canada
6)Düsseldorf-Germany
7)Frankfurt-Germany
8)Geneva-Switzerland
9)Copenhagen-Denmark
10)Bern-Switzerland
11)Sydney-Australia
12)Amsterdam-Netherlands
13)Wellington-New Zealand
14)Ottawa-Canada
15)Toronto-Canada

ああ~わかる、ウィーンが1位ってのは。私も大好きだもの~。

VIENNA 1「住みたい」って思った数少ない都市のうちの一つ。


さすが!ドイツの都市も結構入ってるね~。カナダもしかり。スイスはいいけど物価高いよね?まあ給料高いからいいのか(笑)。ニュージーランドはうちのおじさんのお気に入りの国。死ぬまでに一度行けといわれた理由がよくわかります。


では残念最下位はどこか?221位でバグダッド。そういえば、インターネットデーティングしてた時、バグダッドに住んでる59歳アメリカ軍の人からメール来てたな。バグダッドまでデートにはいけないので断りましたけど。


じゃあ肝心のダブリンは???

35位。

しかも去年より9ランクも下がってるらしい。

それでもロンドンが38位、ベルファーストが確か64位だったのでちょっとはマシだと思っているらしいのだが、9ランクも下がっちゃったよ、あんた。

理由がどうも洪水があったことと、犯罪率が上がっている事が原因らしい。 そのほかのランキングはこちらから。http://www.mercer.com/qualityoflivingpr#city-rankings


犯罪率といえば。。。景気が悪いんで泥棒に入るやつ、スリ、万引きが特に最近多いダブリン。まあ、ダブリンに限らずですけど。(日本でもあるしね)

例えば。。。

Aちゃんのお母さんBさんの隣の親友Mさんの家に2ヶ月前泥棒が。部屋にあった金品盗まれたんです。その2週間後また入り、今度は車を盗まれた。その後Mさんは怖くてこの家を出ました。

Bさんの家以外、同じ道路に立っている家の全部が泥棒に入られているらしいんですよね。Bさん家は誰か必ず家にいる(生徒をたくさん取っているから)とでかい犬がいるから入られてないのでは?と言われている。

なのでAちゃん家では寝る前に必ず玄関の鍵を2重ロックしているし、短い時間でも家を出るときは必ずアラームをセットしている。


日曜日、日本人の友達と前にブログでご紹介したギリシャ料理の店Corfuへ。そのとき、ある友達が先日グラフトンストリートを、両手に荷物を抱えながら歩いていたら、後から来たやつに財布を取られたと言っていた。

ちょうどカバンの口が開いていたらしい。しかもお金を下ろしたばかり。どうもつけられていた可能性大。

ちょっとカバンが動いたな、と思ったらやられていたらしい。財布やカードは後日もどってきたそうで、現金だけ、しかも札だけ持ってかれたらしい。


犯人の顔は見ていない友達。さ~っと財布を持っていかれたと聞いて思わずこんな発言をしまった。

「犯人はアイリッシュじゃないよね?だってアイリッシュなら殴って財布取ってくよね?」

友達は大爆して「何か納得した」と言っていたが、Aちゃんに言ったらアイルランド人でもさ~と持っていくやつはいるといってむっとしていた。ティファニー発言、かなりStereo typeであったか?(反省)



とにかく手っ取り早く現金を手に入れたい。。。そんな思いからか、最近のギャング達はこちらを狙っていると新聞に載っていた。

XMAS TREE 1 Christmas Tree Growers のTree Farm。


こちらではクリスマスツリーを本物の木で飾りつけして祝う人が結構いる。うちの会社も数年前一度だけそうでした。

この時期になるといろんなところで本物クリスマスツリーを売っている店をよく見かけるようになる。Christmas Tree Growersのおかげね。

しかしだ。

ギャングはそんなクリスマスツリーに目をつけているそうな。夜にTree Farmに忍び込んで盗んでいく。そしてそれを売るわけだ。元手がかかってないのでぼろ儲け&Quick cashですわ。なのでTree FarmはCCVTつけて厳戒態勢に入っているそうな。


ちょっと話がダブリンからそれてしまいましたが、犯罪率が高くなった事は悲しいですよね。最近では路上で刃物で刺されたなんて話もよく聞く。

アイルランドの町、Limerick (リムリック)はStab cityなんて呼ばれてた。

あそこに行くと刺されるわよ、と私もよく言われたことが昔あった。でも最近はダブリンなんじゃないか?という人もいたりする。ドラッグ買いたさにやるとも言われてるけど。。。


だから35位になるのもしゃあないかな、と思うけど、もうちょっと景気がよくなれば絶対犯罪率が低くなるはず。何とか景気回復してくれんかな~。別に悪い町じゃないよ、ダブリン。

と思っているが、今週国家予算発表なはず。えらいことになるよ、また。むしりとられるな、アイルランド政府に。


明日はそんなアイルランドの仕事状況について書かせていただく予定です。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おひさしぶりです! てかだぶりん が35ってのがびっくり。むしろそんなうえなんですね?、それがびっくり。??? かばんあけっぱとかふつーにとられるだろーそれ。

Rainさんへ

去年26位でしたから。そっちもびっくり???(笑)。これ以上落ちないよう、願うばかりです。

Quality of Living Survey

なかなかおもしろいですね。
でも、結構アイルランド上位なんですね。
アジアはシンガポールと日本だけですね。。。

最近ヨーロッパのほうは治安が良くないみたいですね。
ティファニィさんも気をつけて下さいね!

Rikorinさんへ

いろんな調査があってダブリンが結構上位の事があって笑ってしまうときがあります(笑)。

景気が悪いとどうしても人の心も荒むのでしょう。私も被害に会わないよう、気をつけます。ありがとうございます。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.