スター誕生!X-Factor UK 編

いつもブログでも追いかけているX-Factor UKであるが今年は全く書いていなかったので見てないのかな?と思っていらした方も見えるでしょう。

書かなかっただけで毎週末見てましたよ。

そして今年もAちゃんは絶対見ない!と宣言したくせに見てました。見てた原因はこの人のようでした。

JAMES 2 Aちゃんの目当て、James Arthurとかれの指導者で美女の二コール・シャージンガー。

昨日はX-Factor UKのファイナル。彼と優勝を争ったのが彼。

Jahmene+Douglas 1 Jahmene Douglas。彼も二コールの指導を受けていた。

二人ともタイプは違うが歌がうまい。心から歌うんで、伝わるものがあって二人とも好きだった私。どっちが優勝してもいいわ~と思っていた。

そして優勝したのは。。。

JAMES 1 これじゃわかりませんかね?

Aちゃんの好きなジェームス君になりました。

彼、人気あったんですよ~。この歌を歌ったとき、Aちゃんが彼に誘われたら行くといって言った(爆)。昨日も歌ってたけど。まあ聞いてくださいな。http://www.youtube.com/watch?v=ZHL6wiGUymI

どうでした?これは反則よ~と思った私。セクシーすぎ!この歌を歌っても許されるのはマービン・ゲイと彼くらいかもしれないと真剣に思いました。40過ぎのおばちゃんの私でももうっとりしてしまいましたがね(爆)。

Aちゃんいわく、彼はどちらかといえばUgly Sexy Guyという。ああ~わかる!決してかっこよくはないけど、彼のかもし出す雰囲気がかっこいいものね。

優勝争いで敗れちゃったジャーメーン(Jahmene Douglas)君。彼が優勝したらこの曲だった。http://www.youtube.com/watch?v=8OSbM7tVY_g

どうでした?まだ21歳ですよ、彼。歌うますぎ。ただ、彼のスタイルがちょっと現在のスタイルより古い。(モータウンが好きらしいし。)だからジェームス君がたぶん優勝するだろうし、ジェームス君のほうがレコードが売れると思ってました。でも私は彼がすごく好きです。今回2位になったけど、レコード会社と契約がとれるといいな~と思います。

でも優勝してもファーストシングルだけ売れて次が全くだめって言うジンクスがあるのがX-Factor。優勝者はのろわれてるとかまで言われてる。

たとえば。。。

アメリカで超売れてしまっているOne DirectionもX-Factorから生まれたスターですけど、彼らは優勝しなかったんですよ。でも売れてる。優勝しないほうがいいとまで言われています。このときの優勝者、覚えてませんわ(汗)。

ジェームス君がこのジンクスを見事打ち破ってもらいたいですね。


しかしだ。今年のX-Factor,変わった人がまたいました。でも私は彼のファンでした~。

Ryan Clark Ryan Clark。男前だ!(ちなみに彼はゲイ。ティファニーチャンス無し。涙!)

でも彼は確か5位で去ってしまった。。。歌がむちゃくちゃうまいわけではなかったので。。。でもダンスしながら歌ってくれて面白かったわ~。ちなみにいいビデオがないんで載せれません。すみません。


そしてこの人がず~っと生き残っていたのが不思議でした。

CHRISTOPHER 1 Christopher Maloney. リバプール出身。

こんな感じで歌うんですが。。。http://www.youtube.com/watch?v=te79K32rRqM

80年代の曲を結構歌ってたんですけど。。。スタイルや歌い方がかなり古い。クルーズ船の歌手ですよね、歌い方が。実際その仕事もしてたらしいけど。

彼はおばあちゃん子で、Me nan(My grandmother)とやたらにテレビで言っててちょっとうるさかったクリストファー。

おばあちゃん思いが良かったのかお年寄りにかなり人気だったようで毎週彼が去ることを予想していた人たちは彼が毎週生き残るのでびっくり。会場にはブーイングまで。私もファンじゃありませんでした。

そして気が付いたら彼が3位ですもの~。びっくりよ。私は実は彼が勝つと思ってたんですよね。おばあちゃん人気は馬鹿にできないから。でも蓋を開けたら違ってたんでよかったですわ。

どうも昨日のファイナル前にもう辞めるって言ったらしいんですけど、ボスにお願いしてファイナルに出してもらったらしい。そんなんあかんわな。いじめられたとか何とか言ってたみたいだし。ちょっとドラマクイーンなのかも。(彼もゲイなはずです)


という事で、優勝したジェームス君。シングルはこれです。ジャケットかっこいいね~。

JAMES 3 CD発売中!UKのiTuneチャートですでに1位らしい。


曲はこちらからどうぞ~。http://www.youtube.com/watch?v=Lh2oWbaRvQg

優勝すると、歌いたい歌が歌わせてもらえず、つぶされるって言われてます。ジャッジのTake Thatのギャリーも言ってたけど、人の言いなりにならないで、自分が歌いたい曲を歌ってこの業界で生き残ってほしい、そう思いますね。彼のようなアーティストはなかなかいないと思うから。。。


来週末から見るものないわ。どうしよう。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.