Tiny Dancer - A song for Lily Mae

12月はクリスマスを前にチャリティーが盛んになるアイルランド。

クリスマスカードもチャリティー物がたくさん出回る。

町を歩けば募金活動をしている団体、クリスマスソングを町で歌い、募金を募る姿は当たり前の光景である。

そんななか、こんなチャリティーをしているのを先週テレビで知って「さすが、アイルランド人だな。」と思わせてくれた。

曲をLily Maeちゃん(4歳)のためにレコーディングしたんです。チャリティーソングですわ。


アイルランドのミュージシャン達(U2は参加してませんが)、チャリティーにかかわっている人たちと一緒に曲をレコーディングしたそうなんですね。

TINY DANCER 3 たくさん参加されました。

参加者は、

Paddy Casey, Declan O’Rourke, Gari Deegan, Mary Black, The Reverse, Rob Vickers, Shane O’Reilly (Bipolar Empire), Mal Touhy (The Riptide Movement), Mundy, Matthew Devereux & Shane Wearan (The Pale), John Spillane, Brian Hogan (Kila & Preacher’s Son), Mickey Joe Harte, Naymedici, Tom Dunne (Something Happens), Paddy McKenna & Lindsey Hogan (Storyfold), Conor Quinn, Gavin James, Arrow in the Sky, Aoife Scott, Laura Sheeran (Nanu Nanu), Camille O’Sullivan, Richie Hayes, Adela Meally & Ros O’Meara (Adela and the Meanits), Sandra Dolan (Strange Frootz), Monica & Anne Brennan, Lucia Evans, Louise Colohan, Emily Macken, Ashley Tubridy, Alan Greaney, Stephen Macken, Cian McSweeney, Monica Fitzgerald, Brian Flanagan, Frank Naughton, Robb Murphy, Declan & Noel O’Farrell, Schira & Mimi Lane, Megan Walsh, and a very special guest singer, Lily-Mae’s father, Leighton Morrison

だそうです。(ネットより)私も知らないミュージシャンがたくさんいます。でも有名だろうがなんだろうが、そんなことはどうでもいいですわ。心こめて歌ってる姿がすばらしいもの。

と言うことで曲はこちらから。。。http://www.youtube.com/watch?v=3pnZBjcBFgg

シングルのカバーはこれです。

TINY DANCER 2 Tiny Dancer- A song for Lily Mae。素敵なカバーだ。

現在アイルランドのiTuneで第2位。

この曲は題からもわかるようにLily Maeちゃんのためにレコーディングされ、発売されている曲です。

4歳のLily Maeちゃんはステージ4のNeuroblastoma(神経芽細胞腫)。小児ガンの一種でかなり進行が早い、まれなガンだそうです。大人でもがん治療は大変なのに、こんな小さい子が。。。世の中不公平だ、とどうしても思ってしまう。

リリー(Lily)ちゃんのご両親は二人ともダンサーだそうで、将来リリーちゃんはダンサーになるのが夢だそうですが。。。

TINY DANCER 4 夢がかなうといいね。


そのため、曲がTiny Dancerのようです。オリジナルはご存知Elton John。歌う権利を得て発売までこぎつけた曲のようです。エルトン・ジョンのオリジナルTiny Dancerはこちらから。http://www.youtube.com/watch?v=hoskDZRLOCs ちなみにエルトン・ジョンもツイッターでこの曲を購入するよう呼びかけたそうです。


この収益はリリーちゃんのガンの治療、そしてガンのリサーチに役立つようです。

こういうチャリティーって日本ではほとんど見ませんよね。どうしてかな、といつも思う。


それにしてもだ。アイルランド人は本当に人を助けるのが好きだし、やることに心がこもってる。偽善行為感は感じない。脱帽だ。

関係者はアイルランド、シングルクリスマスチャートNo.1を狙っている。でも現在先日書いたX-Factorの勝者Jamie Artherのシングルが1位。

クリスマスNo。1シングルになったらリリーちゃん大喜びだろうなあ。

TINY DANCER 1 私もダウンロードしようかね。99セント。


詳しくはFBからどうぞ。http://www.facebook.com/asongforlilymae


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こういう小さな子供が命に関わる病で闘っているのを聞くとつらいですね。実は私にもこの12月12日に7歳になった女の子がいます。(将来ミス アメリカにしょうかと思っています。笑 といっても私は随分年配者ですが)。それ故 今回のconneticut州で起こった銃撃事件の犠牲者が同じ年の子供達であったことに、本当に心が張り裂けそうになりました。またその親御さん達の気持ちを思うと、同じ親だけにとても絶えられるものではありません。また一方で自分の子供が何もかも満たされた生活を世界で最も豊かな国で送っていることを見ていると、世界で明日も分からない毎日を送っている子供達のことを思わざるを得ません。特に
パレスチナの子供達に同情しています。
ということで実はこの5年程、毎月ささやかながら日本の
NPO ”パレスチナ子供キャンペーン””国境無き医師団”
などに寄付をしています。こんな話を一度日本の友人達にしたところ、皆から馬鹿にされました。それ以降一切話さないことにしました。私にとってはアメリカで自然に身についた NOBLESSSE OBLIGE なのですが、日本では全くそういった感覚は通じませんね。アイルランドでもチャリティーが盛んであるのもキリスト教と関係あるのでしょうね。
なにしろアメリカの年間のdonationの総額は30兆円ですからねー。このリリーちゃんの病状がすこしでも良くなるといいですね。

mitchさんへ

特に同じくらいのお子さんを持っていらっしゃると、今回の銃撃事件の衝撃はかなり大きかったことでしょう。私は子供がいませんが、姪っ子がいますし、下の子は5歳。今回殺された子たちとほとんど年が変わらない。この卑劣な事件に怒りを感じます。

パレスチナ子供キャンペーンへ寄付されているのですね。私はすばらしい行為だと思いますよ。日本人ってやはりチャリティー精神にかけてるから笑うんでしょうね。それに日本だと募金を装った偽者が多いですからね。そのため募金するなと母に小さい頃から言われてました。

でも「寄付してる」と言わない方がかえって品があっていいと私は思いますよ!


やはりキリスト教が関係してますかね。こちらはやはり飢饉があったり、貧しかったと言う過去があるので、貧しいもの、困っているものを助けると言う精神が昔から染み付いているのではと思います。アメリカも多国籍民族ですからそういう気持ちがしみついているのではないでしょうか。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.