借金に馬肉にラグビーに。。。Eurovision 2013

今日の新聞の一面。

BILL 2 ECB承諾!

今まですぐ返してた借金であるが、これで当分返済が楽になる。国債の支払いが2035年からとか聞いたんですよね。ようは今の政府は借金返済が楽になったわけ。次の世代に借金を放り投げたという言い方が実は正しかったりして?という人もある。

これを受けてこんなジョークが!

BILL 1 爆!!!うまいな~。

Father Tedからのジョークなので見たことが無い方には全くわからないです。すみません。でもこちらを見ていただくとわかると思います。http://www.youtube.com/watch?v=vh5kZ4uIUC0 
全部エピソードがみたい方はこちらから。http://www.youtube.com/watch?v=25N-4zrk390


そして馬肉事件。

イギリスにも広がっており、この冷凍製品がどうも100%馬肉の可能性大らしい。

BEEF 1 フランスの会社から仕入れた肉がどうも馬肉だったらしい。

そしてこちらにも入っているらしい。

BEEF 2 またテスコ商品!

同僚たちは「何を食べさせられてるかわからないからこわい」と口々に言っていた。パッケージに牛肉とかいてあるのにほとんど入ってなくて馬肉というのはいかんでしょう。消費者をバカにしている証拠であると私は思う。

イタリア人の友達G君が、イタリアではミンチがほしいときは精肉屋に直接行って目の前でミンチにしてもらうらしい。そうでないとねずみやら猫の肉が入ってるかもしれないからとか言っていた。(本当かいな?)

アイルランドでも今回の事件で精肉屋に行って肉を直接買う人が増えたらしい。私は前からテスコでは豚肉のミンチ以外肉は買わず、近所の精肉屋かM&Sで買う。おいしくないんですよ、特にテスコの肉。

それにしても、アイルランドが検査しなかったら、イギリスもわからなかったであろう今回の馬肉事件。それにヨーロッパでは普通に食べられているということも知らなかった国民。いろんな意味で学んだと思う。


日曜日はアイルランド対イギリスの6 Nationsラグビーマッチだ!

知らなかったのですが、イギリスは2003年以降、アイルランドで行なわれた6 Nationsでアイルランドに勝ったことがないんですって。今回もイギリスが勝てないことを祈りたい。。。でもイギリス、いい感じに仕上がってるってみんな言ってるんでわかりません。気が抜けない、面白い試合になりそうですな~。


そして最後に。。。先日毎年恒例のEurovision 2013のアイルランド候補が発表になりました!

この方たち。(ちなみ一人も私が知る人はいません)そして曲は。。。といきたいところですが、私のPCでは全く候補曲が聞けない状態!ラジオで明日曲がかかるらしいが。。。とりあえず顔ぶれはこうです。

EUROVISION 4 Inchequin タイトル:Son Kez

EUROVISION 5 Aimée Marguerite Fitzpatrick タイトル: Crashing Down

EUROVISION 6 Zoe Alexis Bohorquez タイトル: Fire

EUROVISION 7 Ryan Dolan タイトル:Only Love Survives

EUROVISION 8 Kasey タイトル: Kiss Me There

Kaseyちゃんの曲のタイトルのThereってどこやろう、とちょっと男性には思わせぶりなタイトルが付いてますね(笑)、まあこんな感じ。顔でいったらKaseyちゃんが票をあつめそうだなあ。私ならRyan君に入れるな。かわいいもの、彼(笑)

現在、Bet(賭け)の会社、Paddy Powerではこんな予想になっている。http://www.paddypower.com/bet/music/eurovision-song-contest?ev_oc_grp_ids=601482

そしてアーティスト、一人ずつの詳しい内容はこちらからどうぞ~。http://www.eurovision.tv/page/news?id=ireland_artists_and_song_details_announced


代表者は2月22日のLate Late Showで決まるそうですので、25日の日に代表者発表しましょう。といいながら、私的にはちょっとどうでもいい今年。

だって今年はJedwardは出ないから~(涙)。まあ3回目はいかんわね。みんな2回目でかなり飽きてた感じがしたし。出るのは2回までよ。そして他のアーティストにチャンスをあげた方がいいわよ。

そんなJedward, 去年こんなんになりました~。

JEDWARD 31 蝋人形。またしても似てるようで似てない。

ちなみにマダムタッソーではありません。ダブリンのワックス・ミュージアム。今もあると思うんですが。。。
http://www.waxmuseumplus.ie/index.asp
見に行ってみてはいかが???(笑)



それでは皆さんよい週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

日本でもありましたよね~牛肉偽装事件。。
牛肉100%と表示して馬肉を使うのはもちろん最低だけど、腐った肉を漂白して使ったとかに比べたら…ねえ。アイリッシュ騒ぎ過ぎ!!まあ、さっそく色んなジョークが出てくるのは笑えます。(今では馬よりPopeでしょうか?)
馬を食べる文化が無いからだろうけど。この食に対する偏狭さ。。。アジア人はサルを食べるから野蛮だっていう類の偏見に通じる気がする。(ちなみに日本人はサルは食べない!ですよね?)
そうそう、前回滞在した時に義母に牛肉100%のテスコミンチでスパゲッティボロネーゼを作ってと頼まれたんです。いつもと同じレシピで作ったのに肉がやたら硬くて…正直に言ったら義母がムキに「これはアイルランドでも良い部類の牛肉を使ってるのよ!」って言ってたけど、今思うと何肉だったんだろうな。。。
アイルランドって食品の出所はかなりうるさくチェックするシステムがあるって聞きました。だから、今回もイギリスより早く発覚したのかな。
とにかく馬を食べても死ぬことはないって分かって良かった良かった(笑)

Munchkinさんへ

漂白して使うのは最低ですよね。

でもアイルランドはまだしも、Ukは馬にとあるペインキラーを使ってる場合があるんですって。それを使った馬の肉は市場に出回ってはいけないらしいんですが出回ってるらしいですよ。その肉をたくさん食べると人間の体に害があるらしいですから、それでももめてます。

テスコのミンチは大丈夫だと思いますけど。。。疑わしいですね。。。肉は精肉屋で買ったほうが間違いないと義理母にぜひお勧めしてあげてください。思うほど高くもないし!

イギリスも一応肉の出所がわかるようなシステムをとってるらしいんですけどね。EUの規定がちゃんとしてないとか言われてますがどうなんでしょう。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.