波乱万丈!?私の携帯の歴史(アイルランドにて)

昨日私の携帯に付いている2時間のインターナショナル・コールについてコメント欄に質問がありましたので今日はアイルランドの携帯事情について書きます。

私が来た1999年、携帯はアイルランドにありましたが日本で当時使っていた携帯はかなり進んでおり、こちらのはまったくもって、

DINOSAUR.jpg Dinosaur mobile.


ようは古いってことです。

私が最初に買ったのがeircomネットワークのこのプリペイドの携帯であった。スーパーで買いました。

motorola.png 確かこんなやつ。

MOBILE 7 eircom.アイルランド・テレコミュニケーションの会社。

その後こちらでは結構有名なNokiaの携帯を買った。この時点でこのお店のネットワークにし、プリペイド。

Nokia-3310-02.jpg 2000年初めは私を含め、みんなこんなNokiaを持っていたな~。

MOBILE 2 ネットワークはVodafoneに。

このNokiaの携帯を日本に持ち込み兄に見せた。すると、

「おまえ、こんなんがアイルランドでは最新モデルなんて言うなよ。」


まさに最新モデルであった。兄には当分携帯は見せられないと思った。


その数年後、日本のSharpの携帯がVodafoneで売っていたので買い替え。Nokiaが好きじゃなかったという理由もある。

MOBILE 8 かなり気に入っておりました。

その後、音楽やラジオが携帯で聞きたいと思い、こちらに買い替え。

MOBILE 9 Sonny Ericsson. 使いやすかった。

それと同時にプリペイドをやめ、ビル(Bill,毎月口座引き落とし)に変更。いちいち店に行って10ユーロ払い、Top upするのがめんどくさかったからだ。

この新しい機種が出たときに大事件が起こったのだ。


新しい機種が人気があるため品薄だったのを知っていたので会社から一番近いVodafoneのお店に電話し在庫確認。すると、

「ありますよ。取っておきますよ。」

と電話に出たお姉さん。名前と携帯番号を残し、会社の帰りに取りに行くと電話で告げる。

そして、店へ。すると、

「ありません。聞いてません。」

と係りの兄ちゃんがはっきり言うではないか!誰に頼んだか聞かれたのだが、あほうな私は電話に出たお姉さんの名前を聞くのを忘れた。でも○○時に働いてて電話出た女の人。調べたら誰かわかるやん!と食いついた。そんな人はいないとはっきり言うこの男。そして"今すぐ帰れ"という態度。

あまりの態度の悪さにむかついた私。もっと食い下がり、「携帯くれるまで帰りません。」とでかい声で言いねばったため、お兄ちゃん、他の人のために取ってあった携帯を私に売る羽目になった。そうです、私は

超いやな客。


日本ならお店の人が親切で謝ってくれたりして気持ちがいいのであるが、アイルランドでは謝ることはあまりない。特に携帯屋なんてだまってても客が来るので態度が横暴なのだ。向こうが横暴ならこちらも横暴になるしかないのである(と私は思っている)。

これだけではなかった。このソニー・エリクソンの携帯が充電できなくなったため同じお店に1年半後に行った。携帯が壊れてると思うといったのに全く調べもせず、チャージャーが壊れてるだけと言い張られ、無理やり新しいのをかわされたけど全く充電できず。この時点でブ千切れた私。

Vodafoneは頼まれても使ってやらん。


当時実はAちゃんはVodafone(店舗ではない)で働いていたので散々文句言ったっけ(爆)。このときBill Phoneで契約が残っていたのであるが、解約。130ユーロほど解約に取られましたが惜しくありませんでした。


そして次のネットワークに選んだのが、

MOBILE 1 O2.

ここも店員の態度が横暴だし、使用量がちょっと高いという欠点はあるものの、コンサート会場、O2で行なわれるコンサートチケットが一般発売より早く買えたり、映画が少し安く見れたり、レストランで割引が聞くなどの特権もある。

それにここがすばらしいのはBill Phoneの契約が切れる間じかになると必ず電話がかかってきて、今やっているプランはどうか、もっと使用量が安くなるプランがあるがどうかなどと親切にアドバイスしてくれるのである。Vodafoneはそんな電話は一切なしでしたからね。

おかげで今いるプランが私にとってはすばらしい。My Choice 800,18thで毎月400テキスト無料、400分の電話無料、(同じネットワーク、つまり相手もO2ネットワーク使用の場合は無制限で無料)。インターネットは500MG無料、そして!

インターナショナル・コール2時間無料。


このプランで32.39ユーロ。私の場合ネット使用量が異常に多いため、2GBにしたのでその分の使用量12.39ユーロが取られてますが(汗)。トータル44.78ユーロですな。

日本のほうが安いであろう使用量。アイルランドは高いんですよ。でもまあサービス良ければちょっと高くても私は我慢できるし、O2で満足している。

ちなみにこのインターナショナル・コールが2時間無料はO2のMy choice 800, 1200 & 2000プランについてきます。1200や2000はプラン量が高くなりますがね。

Vodafoneは無料ではないが余分にいくらか払うだけだと思います。よくわからないのでお店で聞いてくださいね。


では他のネットワークはというと、

MOBILE 3 3.

MOBILE 4 Meteor.

Meteorはアイルランド国内は強いと思いますしお値打ちであるが日本に携帯を持っていっても3Gがないので使えないとかなり昔に言われたことがあります。3も同じく。今は知りませんが。ちなみに3は最近人気が高いらしい。ということで計4つのネットワークがアイルランドにあります。


携帯はいろんなところで売ってますが、スーパーでも買えますよ。

MOBILE 6 テスコで。O2ネットワークを使ってるらしい。

そしてうちの同僚が携帯を買った店はここ。

MOBILE 5 Carphone warehouse.

ここは上に上げた4つのネットワークの携帯を扱っている。ようは彼らの代理でお店をやってるようですな。テスコと同じですな、ようは。ここの店員さん、とても親切らしいですよ。

ここで携帯を買おうかな、と思ったけど、昔3Gがないから日本じゃ使えませんと言われたので買えませんでした。今は違うかも。


とまあこんな感じですかね。どの会社のどのネットワークが自分にあうか、Shop aroundしてから買ったほうがいいですよ。個人的には私はVodafoneは薦めません。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ふむふむ。わたしも、全部の会社つかったけど、02は好きでした!でも、よく使う電話の相手たちはみんなMeteorなので、いまはそれでとどまってますが。(無料だから) でも、3は個人的にだいっきらいです。すぐなにかと手数料とりたがる。そして、むかつき、契約きゃんせるでまたおかねかかる。話がすすまない、もんだいあってもたらいまわしにされて、要領がわるいなど、もう2どとつかうことはないでしょう。。International call,Meteorでもきいてみようかとおもいます。

Rainさんへ

なるほど。3は友達が店員の態度が悪かったって言ってましたね~。私が行ったときは普通でしたが。なるほどそんなに何でも手数料取るんですか。使用料は安いのにはわけがあるというわけですな。

私の周りはVodafoneばっかりなんですよね、なぜか。International Call、ちらっとですが見た限りではMeteorはやってませんでしたが確認してみてください!

No title

私も一言、言わせてください!
Grafton St.のVodafoneは最悪でしたよ。Dublinに着いたばかりの時にネット使用のためにテンポラリーキットを購入。その時、レシートが準備できないからとくれず、後日来いと。2回目、まだ準備できてないと。この時点で私はキレたが旦那はまだチャンスをやろうと。3回目同じ。4回目にマネージャー呼んでやっともらえた。それももちろん、申し訳ない様子も謝罪もなし。

ちなみに私は3でI-Phone購入して使用してますが、何度か購入後に日本で安く使う方法、バッテリーを長持ちする方法とか親切に教えてもらえてVodafoneが最悪だったせいかすごく好印象です。人、それぞれですよね。

くうさんへ

やっぱり!高飛車ですよね、Vodafone!やっぱり好きになれません、私。
3は良かったですか。いい人に当たって良かったですよ。本当あそこも態度悪いって聞いたから。。。
人それぞれです、本当。とりあえず聞いて自分で行ってみて判断が一番なんですけどね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.