ステーキとダーウィンズ

4月27日、土曜日は私の誕生日でありました。

また年を取りました。もういやですわ、年を取るのは。

いまだに独身&彼氏なしって言うのもいけてない、肌もぼろぼろでいけてない、太ってるからこれまたいけてない。いけてないの最悪3拍子そろってるもの。

41歳&42歳の誕生日に落ち込んだ私であったが、今年はやっぱりちょっと明るく誕生日を過ごそうか?という気になった。

なぜか?

それはAちゃんが南米から帰ってきてから私に文句を言う日が続いているからである。相当落ち込んでいるAちゃん。たとえ人の誕生日でも家から出て、南米のことを考えないで済む楽しい時間を過ごしてもらわないとと思ったからである。

ということで土曜日は外食&久々の飲みに出ることに。


Aちゃんが私の誕生日に食事をおごる、3ヶ月家を空けていた間に家の面倒を見た御礼も兼ねて、というので甘えることに。

しかし、急に決めたため、レストランの予約も何もしていなかった土曜日の夕方。とりあえず私が行きたいとこならどこでもいいというAちゃん。

「どこでもいい。」

といわれても。。。異常に高いポッシュレストランに行きたいと思うが、借金してまで旅行に行ったAちゃんに失礼。そこで飲みに行く場所(行く場所は決まっていた)に近く、ちょっとこじゃれているが異常に高くはない、まだ行った事のないレストランを選び当日予約することに。

すると、

「アイルランドは不景気だから、レストランなんて空いてるんだから、予約なくても入れるわよ。」

と言い切るAちゃん。

絶対それは間違い。

である。自分がお金がないからって、人までお金が無いと言うことはまずない。しかもアイルランドには不景気といえど、Disposal Incomeがある人はたくさんいるのだ。だから絶対予約は要る。


そこでこのレストランにまず電話。

HUGOS.jpg Hugo's. 6 Merrion Row,Dublin 2 http://www.hugos.ie/#

夜8時半から9時の予約を希望していたのであるが、9時半からしかテーブルは空かないといわれ、断念。


次にここへ電話。RTEのテレビ番組、Masterchef.Irelandに出たことのあるレストラン。

ISABEL.png Isabel's.112 Baggot Street Lower, Dublin 2 http://isabels.ie/

「え?今日ですか?予約で一杯です。」

なんとなく電話口で"何を寝たぼけたこと言うとる!土曜の夜に空いてるわけないやん!"と言われている感じがした。そこで今度はこちらのレストラン。フィッシュレストランだ。

MATT.png Matt the Thresher.31 & 32 Lower Pembroke Sreet,Dublin 2 http://www.mattthethresher.ie/dublin_index.html

予約ができるか聞いてみると。。。

「今日ですか???はっ、はっは~~~!!!!空いてません。」

電話口でえらい勢いで笑われ、冷たく言い放たれた私。"うちはポピュラーだから土曜の夜に空きがあるわけないでしょ?ばかね。"と言われている感じがした。軽くHumiliatedである。ここには行くことはないかもしれない。


この時点でかなり嫌気が刺した私。Aちゃんにどこも一杯だから今日はやめて違う日にしようと言ったのですが、

「私、落ち込んでるの!家から出たいの!今日行くのよ!!!!」

仕方なくもう一軒トライすることに。しかしここも空いていなかった。が、電話の声がちょっと申し訳なさそうだったのでここには絶対来行きたいと思わせてくれた。

TROCADERO.png 有名です。Trocadero.4 St Andrew St, Dublin 2


ネットで探していると、パッと目に付いたところが!そういえばここに行った事ないわ!だめもとで電話で聞いてみた。

DAWINS 1 Darwins Restaurant.80 Aungier Street, Dublin 2. http://www.darwins.ie/

すると、「9時大丈夫ですよ!」と電話口でお姉さんが言う。思わず「Fantastic!!!」と電話口で叫んだ私。苦労が報われた瞬間だ。電話口で笑うお姉さん。いいテーブルを用意してくれるという。なので一言、

「今日私の誕生日なんですよ。」

と言った。すると、「じゃあ歌(ハッピーバースデー)でも歌いましょうか?」とお姉さん!!!


Please don't do it.


真剣に断った私である。

実はちゃんとメニューも見ず、値段ももちろん見ず、レストランの名前だけで予約した私。電話を切ってからどきどきしながらメニューを見たら、どうもここはステーキが売りということがわかった。値段は安くないが払えない値段ではないのでOKだろう。


9時、レストランに到着した二人。レストランに雰囲気がなかなか良いではないか。

SUGAR 028 これ、いいねえ~。家の庭にほしいな。

SUGAR 029この右横にもテーブルがかなりある。

上の写真は食べ終わってから撮ったので人が写ってませんが、私たちが入ったとき、レストランは満員でございました。

そして何気に何を食べているのか、自分のテーブルに着くまでにみたらみんなステーキ食べてる!やはりここではステーキを食べないといけないようだ。

そして二人はやはりステーキをオーダー。その後、パンが出てきた。

SUGAR 016 オニオン味とレーズン・くるみ味のスライス。写真が悪くてすみません!結構いけるお味だ。


10分後、Aちゃんのオーダーが先に出てきた。

SUGAR 020 Aちゃんオーダー、Premium eye Fillet steak10oz。28ユーロ也。

でっかいフィレ!!!何これ!!!と言って二人で思わず爆!するとすかさず私のオーダーが来た。

SUGAR 019 New York Strip loin steak 14oz。27.5ユーロ也。

いや~大きさにびっくり!頼むときにサイズを確認してなかったので、テーブルに置かれてどきもを抜かれた私であった。

こんなん全部食えへんわ~!!!とウェイターに言うも、笑顔で去るウェイター。


ステーキに添えられているマッシュポテトがうまかった~。ちなみにソースはペパーソース。お好みでメニューからソースが選べる。(サイトで見てね)

とにかくステーキがデカイは分厚いわで圧倒された私であった。

ミディアムレアーで頼んだら本当にミディアムレアーであった。アイルランドでミディアムレアーと言っても大概ミディアムかちょっと焼きすぎでもってくるので、このレストランはすばらしい!とAちゃんに言う。

しかもアイルランドはビーフは有名であるが、ステーキを頼むと薄いか分厚くても小さいものしか出してもらえなかったりするので、結構がっかりするときがある。

しかし、ここのは絶対にがっかりさせないステーキを出してくれた。お値段は決して安くないがこのサイズなら許せる。


サイドメニューはもちろん。。。

SUGAR 021 チップス。お手製である。うまい!

SUGAR 022 トマトサラダ。オリーブが入っていて、ドレッシングもいい味であった。

案の定、食べ切れなかった私。ウェイターのお兄ちゃんにこういった。

「ごめんね、おなか一杯で食べれなかったの。でも良かったらあなたにあげるわよ。」

苦笑いするおにいちゃんウェイターと「そんなのほしいわけないじゃない!爆」というAちゃん。


仕上げはこちら。。。


SUGAR 024 Eaton Mess. 9ユーロ也。二人でシェアー。


写真がいまいちで申し訳ありませんでした。(あわてて、恥ずかしさをこらえて撮るとこうなります)しかしだ。ぜひここへ一度行って実物を見ていただきたい。

たぶんダブリンで食べたステーキで一番うまくて満足したステーキであった(個人意見)。ここはうまい!完全リピ決定&大満足のバースデー・ディナーをいただいた私であった。

ありがとう、Aちゃん!ダブリンに戻ってきてくれてうれしいよ、あんた。

この後は飲みに行きました。続きは明日に。。。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おめでとーございまーす。あたしのなかでなんとなくていふぁにーさんはきれいなおとなのひとってかんじがしてます笑あわてて恥ずかしさこらえてとった写真はうける笑

Rainさんへ

ありがとうございます!いや~きれいだなんて。あったらびっくりしますよ、あまりにきれいじゃないので(爆)。レストランで食べ物の写真をカメラで撮るのはかなり勇気が要ります。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.