ああ~アイリッシュ男たち。。。

今日は私の憧れの人の誕生日だ。

BONO 15 ボノ、53歳おめでとう!(写真はネットより)

今日はダブリンにいるのかなあ?いるとしたらどこかのバーでパーティーするはずなんやけどなあ。一度呼ばれてみたいわ~。あなた(バンド)のために来たのよ、ダブリンに!!!

先日もとあるアイリッシュ女の人数人の前でこの件をAちゃんが言ったところ、ちょっと笑われた。と同時にちょっと引かれた。

あほっちゃうか?

と思われたであろう。「もちろん英語を習いたいってのが一番だったけどね。」と念のため付け足しておいた。


それはともかくボノはみなさんもご存知のとおりアイリッシュ男だ。

私はアイリッシュ男が本当に不思議でならないときがある。それは彼らがやたらにシャイだからだ。

例えば。。。

お酒が入らないと女性と喋れないやつが多すぎだ。

シングルの人ばかりの集まりに行ったとき、オーガナイザーに紹介された男性はアイルランド人。「Hi.」で終わってしまった会話。

私のことが生理的に受け付けなかったのであろうか完全に嫌われた、そう思った。一言もまだ喋ってないのに!

しかしその数時間後、向こうからやってきて踊ろうというではないか!しかもビール片手に!

典型的アイリッシュ男の行動だ。

お酒が入らないと女性と喋れない&誘えない
のだ。


AちゃんとAちゃんのお母さん宅にステイしているパリジャンヌのCちゃんが昨日初めてサルサダンスクラスに参加した。

SALSA 1 リズム感がいるサルサダンス。

もちろんビギナーズクラスにいた彼女たち。かなりたくさんの人が参加しており、男性の方が女性よりすこし多く来ていたそうだ。国籍はアイルランドだけではなかったそうである。イタリア人やスペイン人もいたそうだ。


サルサダンスを踊る=パートナーと踊る
である。

パートナーと踊るとき、上の写真のようにお互いがお互いの手をしっかり握らないといけない。

Aちゃんいわく、スペイン人やイタリア人はいわれなくともしっかり手を握ってくれるそうである。

しかし!アイリッシュ男。

手をちゃんと握らないそうだ。上の写真のように握るらないとだめであるが、指先をぴ~んと伸ばして女性の手をちゃんと握ろうとしないらしい。

ちゃんと握らないとダンスなんてちゃんと踊れませんよね、結構激しいのに。なので先生が、

「ちゃんと女性の手を握りなさい!」
とアイリッシュ男たちに注意していたらしいのだ!!!

ありえない。


アイリッシュ男たちはクラスの前だから飲んではいなかったであろう。だからちゃんと女性の手を握るという行為でさえシャイになるのだと私は思う。

なぜか?

パリジャンヌCちゃんは、アイルランドは学校は男女別なためだという。つまり、

共学ではないため、男はどうやって女に話しかけたらいいのか、対応したらいいのかどぎまぎしてしまう。

これがシャイの原因であるという説である。

100%当たっていると私は信じる。

アイリッシュ女性側も男性にどうやって接していいかわからないとAちゃんは言う。だから酒の力を借り、シャイな気持ちを吹き飛ばすのだ、と。


それにしてもだ。シャイも時にはかわいいが、それは若いときだけよ。おっさんになってシャイのままではあまりかわいくもない。

アイリッシュ男とデートすると何がしたいのか、喋りたいのか、どうしたいのかよくわからない人がいる。こちらが退屈してしまうのだ。

その点、スペイン人やイタリア人はわかりやすくてよい。(わかりやすすぎる場合もあっていやになることもあるが)


アイリッシュ男たち。。。ラテン男好きのAちゃんが完全に彼らに興味を無くすのもよくわかる。


irish-dog-jig.jpg シャイもホドほどに!プンプン!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

なるほど~!どうりで、愛想悪い人が多いと思いました。
思いつくだけでも第一印象悪い人多いかもです。。。
飲まないと内気の殻を破られないなんて……
そりゃアルコール依存も高まるわけだ(笑)
(やっとコメントでけたー いつも楽しませてもらっています)

Munchikinさんへ

お久しぶりです~お仕事忙しいですよね?だと思いメールしてませんでしたが。。。そろそろよろしいでしょうか???(笑)

でしょ?シャイだから愛想がない風に見えるだけで実はいい人とか多くないですか?友達の弟がそうでしたもん。私のこと嫌いなんか?と思って彼の彼女に言ったら、彼女からお説教され、それ以来彼は冗談を私にぶっ飛ばすようになりました。

お酒の力が要るんです、大概のアイリッシュ男は。。。で終いに飲みすぎると。そして悪態をついてかえって嫌われたりするんです。これじゃ踏んだりけったりですよね。

No title

分かるような気が。。。(笑)。酒なしで動けよ!って何度言いたくなったことがあったか(笑!!!酒の勢いで口説いてくるからこっちは興味持てないし、酒がないとシャイすぎて、そして私も日本人でシャイで近づけなくてでいいなーというアイリッシュは何人かいたのですが、結局付き合うまでに至らなかったです。あ、でも素面でナンパしてきたアイリッシュも何人もいました、初対面で膝とか手を置いて来たりして!みんな60-70歳代だったので当時20代の私にはちょっとなあでした。

先駆者さんへ

そうそう!もうどろんどろんに酔っぱらって口説かれても困るんですよね。触って来るやつも多いですよね。困った人たちだと思います。最近はもうすっかり慣れましたけど、若い時は私も戸惑いました。

No title

初めてコメントさせていただきます。いつも楽しく拝見しています!サルサダンス、私は日本で半年程習っていたのですが日本人男性は結構積極的に誘ってリードしていた記憶があります。なのでアイルランド人男性がシャイとは驚きました。男子校出身でシャイなのはアイルランドも日本も同じなのですね…。だからといってその反動で変な方向に弾けないのを願うばかりです(笑)

Hiromiさんへ

こちらこそ、コメントありがとうございます!これからもよろしくお願いします。どんどん書いてくださいね。

日本人はやはり小さい時から共学で育ってる人はちゃんとリードして普通におどれるのでしょうかね?シャイですよ、アイルランド人男は!!!変な方向に行く人もいますよ(笑)
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.