バス・エーラン、(Bus Éireann)現在もストライキ

皆さんご機嫌いかがでしょうか?日本は良い気候ではないでしょうか?

ダブリン、寒いです!!!またブーツ履くことにしましたよ。5月なにの!

先週から天気がいまいちなダブリン。暴風雨になるは、いきなり晴れるは、また暴風雨になるは、暖かいと思ったらまた寒くなるわ。おかげで洗濯物が干せないので困っております。

そんなダブリンですが、昨日からここがストライキをやっております。アイルランドに旅行に来ている方で思い切りこの影響を受けてしまっている方もたくさん見えるかもしれませんね。

BUS 1 ご存知、Bus Éireann(バス・エーラン)。(ネットより)


バス・エーランはCIÉ(Córas Iompair Éireann)というブループが運営。このグループは政府の法人団体。

ダブリンに来るとよく見かけるバスです。

バスのセントラルステーションは北側、コノリーステーションの近くにあります。

BUS 7 ステーション。(ネットより)

BUS 8 上から。(ネットより)

このバスで地方に行く、または地方からダブリンにいらっしゃるわけです。ベルファスト間も運行してます。このバスで旅行するだけでなく、出勤や学校へ行く生徒も多い。


そんなバス・エーランであるが前から経営が思わしくない状態。現在毎日200,000ユーロ経費がかかっている状態らしい。

そこで会社側は現在€5 million の経費削減を導入し、会社を建て直ししようとしているわけです。


しかし、これを導入することにより、休日働くバスドライバーの給与カット(週80から90ユーロカットになってしまう)や労働時間の延長(週36時間から39時間)などにつながるため、組合であるNational Bus and Rail Union がストライキを日曜日(12日)から行なっているのである。

BUS 6 Enough is Enough!!!! (ネットより)

95%のサービスがストライキの影響を受けているそうです。

BUS 4 ステーション、昨日の様子。(ネットより)

Minister for Transportの Leo Varadkarもちょっと困っているようだ。

BUS 5 おなじみ、通称Minister for everythingのレオ氏。



先週金曜日の夜、遅くまで飲んでいたため、最終バスを乗り過ごし、仕方なくタクシーに乗った私。

タクシードライバーのお兄ちゃんとアイルランドの仕事状況について話していると、バス・エーランが日曜日にストライキをするが、彼らがストライキに入るのはかなり珍しい、何年ぶりだろうと言っていた。

このことからも今回のストライキがかなり深刻なのがよくわかる。


タクシーが信号で止まったとき、ちょうど目の前をバス・エーランのバスが走る。すると、

「ほら、見てごらんよ!バスに誰も乗ってないだろ?夜はいつもああだよ。でも走らさなきゃいけないんだよ。でもそのつどドライバーの給料とガソリン代がかかるんだよ。そりゃだめだよ。」

お兄ちゃんのおっしゃり通りよ。


「だからもう夜はプライベートの会社にまかせればいいんだよ。でもそうするとバス・エーランで働いてる人たちの仕事がなくなってしまうけどね。」

国が経営にかかわるととこういう状況に陥ることが多いよな、と一人思った。


昨日、Aちゃんとボスのコンサートに行こうか、と話していた。

BRUCE 7 7月にまたアイルランドに来るんです!

会場までは電車かバス(バス・エーラン)でしか行かれない。車のための駐車場はなし。公共の交通機関を使えとのことだ。まあ、いつものことだけど。

時間的に見てバスを使った方がよさそうね~と話していると、Aちゃんが一言。

「でもこの会社(バス・エーラン)、7月には存在しないかもね。」


ありえなくはないな、と一人思った。


何とかお互いに折り合いがいい方向について運行を始めて、会社も長く生き残れるといいと思います。働いてる人がかわいそうだもの。

ボノがいくらかど~んと太っ腹でお金を出してあげたらどんなに素敵かと思ったりする。まあボノだけに限らずアイルランド人金持ちがってことですけど。。。


ということで、バス利用の一般市民は他のバス会社を利用したり、Luasを使ったり、Dartに乗ったりしないといけなくなっている現在。

でも聞いたところによると、5月2日から導入された新しい5ユーロ札は切手自動販売機ではまだ使えないらしいです。まだ対応しきれてないところがアイルランドっぽくて微笑んでしまう。

そんなこと言っている私はまだ新5ユーロ札を手にしてませんがね。

5 EURO 2 左上が新しい札。絵は一緒だけど、ギリシャの女神のWatermarkが左側入っているのが特徴だ。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.