久々!Merrion Square(メリオン・スクエアー)

Dublin Prideのパレード、最終目的地であるMerrion Square。

この辺りはオフィス街でもあるし、博物館や美術館もある。そしてジョージアンハウスがたくさん建ち並ぶ、ちょっとポッシュな場所だ。


Dublin PrideのイベントはMerrion StreetにあるDepartment of the Taoiseach http://www.taoiseach.gov.ie/eng/の前あたりから始まっておりました。

IMG_4031.jpg 左。日本語で首相官邸ですね。

IMG_4049.jpg 移動遊園地。上半身裸で乗り物に乗る男性3人を確認。はしゃいでいました。

IMG_4051.jpg えらい人!!!

この時点で人をかき分け、ステージ近くまで行くのを諦める。


IMG_4053_20130701073558.jpg Merrion Streetを北に向け歩く。

道でラジオ放送がライブで行われてました。

IMG_4057.jpg RTE2FM。

日産自動車がスポンサーになってました。


IMG_4055.jpg ボードに何やら書いて喜ぶ皆さん。

白いブリーフを履き、上半身裸。ネクタイを締め、サングラスをかけてボードの前でポーズをとっている、日本の芸人のような男性発見。写真を撮るも、ブログには載せられないので消しました。


ついでに久々!Merrion square park へ入ってみることに。

ちなみにここは10年以上前、あるアイルランド人男と初デートをしたときここに連れてこられ、ちょっと迫られたという嫌な思い出の場所でもある。もちろんその男とはそれっきりだ。

IMG_4058.jpg 係りのお兄さんたちがいるも別に何もチェックしておらず。 

IMG_4059.jpg 入る前によく読んでね。


IMG_4060.jpg 閉じ込められないよう閉まる時間を確認して入ろう。

入った途端にこちらが目の前に!

BLOG 048 何かなあ?

BLOG 047 ああ、兵士と燈火だ。

2008年に建てられた、National Memorial to Deceased Members of the Defence Forces。

これに全く見覚えがなかったというとこは2008年以降全くここへ来ていないということですよ。いつ来たのが最後やったかなあ。嫌な思い出の後に一回来てるはずやけどなあ。


それにしてもこの公園、実はなかなかお手頃サイズのいい公園である。それに人も少なくてちょっと穴場的であるということに気が付いた。


IMG_4063.jpg くつろぐみなさん。

実はこんなものがこんなところに!?ということにも気が付いた。

IMG_4066.jpg あらマイケル・コリンズの胸像が!

ぼさ~っと歩いていたので公園自体の良さが分かる写真を全く取っていなかったことに先ほど気が付いた。


やはりここで絶対見ないといけないものはこれでしょう。

IMG_4067.jpg オスカー・ワイルド像。

BLOG 059 像の前にはこれも。こんなんあったっけ?覚えがない。

BLOG 058 オスカーワイルドの詩などから引用された言葉が書かれている。

よ~くオスカー・ワイルド像を見ると。。。

IMG_4070.jpg 首に花輪。


ああ~オスカーワイルドも祝ってるわ~。


公園を出て、オスカーワイルドが幼少のころ(1855年~78年)住んでいたと建物の写真をブログのために撮る。

IMG_4075.jpg現在American Collage。

余談ですけど、オスカーワイルド像の頭はお孫さんであるMerlin Hollandさんをモデルにしてるとか。

IMG_4071.jpg 除幕したのもMerlin Hollandさん。

これまた余談ですけど、オスカーワイルドのご先祖さんってオランダ人らしいですね。(昔ダブリンにはオランダ人がいっぱいいたらしいです)

彼の別れた奥さんがワイルド姓を名乗るのが嫌で代わりになのったのがHollandというのはどうもそこのところをヒントにしたという話です。

公園を出て、帰宅しようとNatural History Museumの前を通ると。。。

IMG_4076.jpg 何気に普通通り開館!

ちょぴり派手な格好をした若者たちが何気に入っていく姿がかなり印象的でした。


イベントを少し体験しながらちょっと疑問に思ったこと。それは、

なぜこのイベントはMerrion Squareで盛大に行われるのだろうか?

やっぱりオスカーワイルドの像があるからかしら???


来年はもめないでスムーズにイベントが進むといいですね。来年はパレード見るわ。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.