「非常なけちん坊」という名のレストラン

アイルランドは現在Abortion Bill(中絶法案)を国会で通して法律にするかしないかで大もめです。

昨日国会で話し合いが行なわれ、もつれにもつれ、朝5時まで話し合いの末、折り合いが付かず、今日の夕方からまた話し合いがもたれ、TD(政治家)が投票し、結果が出る予定です。

レンスターハウス前ではPro-life/Pro-choice両者のプロテストが繰り広げられています。

その件については今日の夜はっきりするでしょうから明日にでも書くとして、今日は軽くレストランネタにいっときます。


おとといAちゃんとコンサートを見に行く前に寄ったこのレストランのご紹介です。

IMG_4319.jpg Skinflint(スキンフリント) 19 Crane Ln, Dublin 2。

レストランの名前を日本語に訳すと「非常なけちん坊」ということになります。


じゃあ本当にこのレストランはケチ、またはケチな人向きなのか???

その前に。。。

このレストランは4月にご紹介したJo’Burgerや去年にPop-upレストランとしてブログでご紹介したCrackbird、まだご紹介してないステーキの店Bearと同じオーナーさんがやってます。http://www.joburger.ie/skinflint


Skinflintは元々CrackbirdがPop-upレストランとして3か月お店を出していた場所にあります。

Crackbirdは現在BearがあるSouth William Street、Dublin 2に移ったのですが、その後Dame Streetに移動しました。現在はどのお店もPop-upレストランではありません。

失礼ながら前から行きたいと思いつつも、いざ行こうとすると忘れるくらいの存在、Skinflint。


一応行く前にちょっとネットで調べていたのですが評判は賛否両論。自分で食べてみないとこればっかりは分らないので二人で行ってみることに。


お店に到着するもカップルが二組だけ。大丈夫か???

感じのいいお兄ちゃんに案内されてテーブルに着く。

IMG_4305.jpg 入口入って右側。


IMG_4303.jpg 左側。

内装はあまりCrackbirdの時と変わってない気がするが、明らかに人が少ない。

IMG_4307.jpg テーブルの上。でかいロールティッシュが入ってます。

IMG_4309.jpg 古いドアーをテーブルにしてます。もちろんガラスの板がどんと乗っております。


メニューを確認。

ここはピザがメインのようだ。おお!私の大好物、ミートボールがある!!!
http://www.joburger.ie/newmenusandinfo/SFmenudinnerAug12.pdf

メニューを見ていただいたらわかりますが、ちょっと風変わりなメニュー。

ピザのトッピングで「なにこれ?」という、聞いたことがない謎の食材がある。

ミートボールで言えば、アイルランドで頼むと基本100%ビーフものが出てくる。ラムものもたまに見る。しかしポーク100%はかなり珍しい。

お値段はダブリンのレストラン、しかもディナーにしてはお手頃だ。100%ケチの人向きではないが、かなり許せる範囲の値段設定だ。このメニューより3ユーロほど高いのが平均的ダブリン・レストランだ。

それに別にお店の名前通り、店自体がケチではありません。


ピザにしようかミートボールにしようか散々迷った挙句、こちらをオーダー。

IMG_4312.jpg ポークのスパイシーミートボールにリッチトマトソース。オルゾパスタで。

Aちゃんはこちら。

IMG_4314.jpgCelineと言う名のピザ。ほうれん草、マッシュルームとイタリアのパン粉乗せ。

私のミートボールですが。。。かなり変わっている。ミートボール自体はスパイスが上手に効いていて結構おいしいのです。

でもトマトソースが。。。もっと真っ赤な濃いトマトソースで来ると思っていたのだが、この色はなんだろう。なんか混ざってる?味も私にとってはちょっと薄い。

パスタもこのパスタじゃなくてスパゲッティーなどの普通の長いパスタのほうがいいなあ。しかしこのお米のようでお米でないパスタはやけにお腹が膨れ、全く完食できず大量に残した。食べ飽きたというのもある。


Aちゃんのピザも普通にイタリアンレストランで食べるピザとはかなり違う。

こんなに長細く出てこないし、こんな風にちゃんと切ってない。ここのピザはかなり薄く、ピザのベースがカリカリっとする。

きっとイタリア人が見たら狂乱するかもしれませんが、下手にイタリアンレストランでまずいピザを食べさせられるよりはずっとましである。

その後、二人でこちらをシェアー。

IMG_4316.jpg 確かメニューにはアップルクランブルと書いてあったはず。

アップルクランブルという感じでは全くない、ちょっと別物的な食べ物であったが、ペロッと二人で平らげた。さほど甘くないのでおなかにもたれずちょうどいい。

付いてきたカスタードクリームがあまりカスタードしていない。甘くもない。そのため、テーブルにあったこちらを付けてみることにした。

IMG_4308.jpg 蜂蜜がテーブルに!

あの蜂蜜の甘さを想像して食べたら。。。

なんじゃこれ!チリが入ってる!!!


チリが入った蜂蜜をアップルクランブルにつけて食べてもおいしくありませんでした。この蜂蜜はピザに塗る用ですね。

帰りトイレに行った。個室が3つ。

手前が男性用。奥が女性用。そして真ん中が、

blog 115 本当に真ん中、Lady Boy用!!!

いや~一本うまく取られた感じよ、これ!センスいいな~ここ!

そしてBill(お勘定)をかわいいお兄さんに頼むとこんなものが来た。


BLOG 002 ホッチキスでBillが留めてありました。

Aちゃんが裏を見ると。。。

BLOG 003 あらおしゃれ!トランプだ!
 

最後にティファニー独断と偏見総評。。。

かなり遊び心も見える、若者に完全にターゲットを絞っている、Cool Establishment&懐にもやさしいレストラン、Skinflint。

変わった食材の組み合わせのピザは好き嫌いがはっきり別れるところであろう。ここは、

新しい食べ物に挑戦するのが好きな人向きだろう。

定番好きが多いアイルランド人にはちょっと行き過ぎなのかもしれない。

次回来店時にはピザをいただきます。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.