"The Boss"に会いにキルケニー(Kilkenny)へー前半ー

皆さん、週末はいかがでしたか?

私の週末はこれまた大忙しでした。

土曜日キルケ二―(Kilkenny)へ行ってきました。(今日のブログも長いです。すみません。)

しかし行った目的は観光ではありません。この人に会いに行ったのです。そう、「The Boss」こと、

Bruce 1 
Bruce Springsteen!(ブルース・スプリングスティーン)

実はチケットが売り出したときは行く予定はしていなかったAちゃんと私。

しかし、10日前に売り切れていたはずのチケットが突然また売り出しになり(こちらではよくあること)、やっぱり行こうと決め、あわててキルケニー、土曜日分(Pitch Ticket、96ユーロ)を買ったのです。


いつもThe Bossはダブリンでコンサートをしているのですが、今年はダブリン以外の都市で開催!

IMG_4854.jpg
                    ダブリン飛ばし。

キルケニーにコンサートを見に行くのはAちゃんも初めて。

ダブリンから車で約1時間30分ほどで着くキルケ二―。

今回はAちゃん運転でキルケニーへ向かいましたが、コンサート会場のNowlan Parkは町の中心からさほど遠くないのでダブリンから電車で行き、歩いて会場へ行くか、ダブリンからバスに乗って会場近くで降りて歩いていくこともできます。


私たちはサポートバンドも見たかったので、土曜日の朝10時半に家を出て12時15分ごろ到着。

すでにコンサート会場近くの道路にはたくさんのGardiがおり、交通整理をしていました。ご苦労さんです。

コンサート会場から一番近い、1000台入る病院の駐車場(一日10ユーロ)に車を止め、徒歩で会場へ向かいました。徒歩10分ほどで会場に着きます。

IMG_4839.jpg 
                   駐車場裏の道を歩く。  

IMG_4840.jpg
                  なぜか人がほとんど歩いていない!

IMG_4841.jpg 
               途中左手にキルケニー城が見えた。

会場の入口に着くと、人々が並んで会場が開く午後1時を待っていたので私たちもさっそく並ぶ。思ったより列は長くない。

しかし人々の腕をよく見てみると、いろんな色のリストバンドをしていたのである。それもほとんどの人が白い色の物をつけていた。

「もうリストバンド配った後なのよ。。。」

そうAちゃんが言う。


会場に早く入るとリストバンドがもらえ、ステージから一番近いPitch(ピッチ)特別エリアに入れるのである。アーティストによっては特別エリアは特別料金を取るのであるがボスの場合はそうではないようだ。

よく見ると私たちの前にいる5人にはリストバンドなし。彼らの前の人はリストバンドあり!

もう30分早く来ればリストバンドもらえたのに。。。。謝るAちゃん。駐車場でサンプロテクタークリームを塗るのに時間がかかったのを気にしてのことか?


しかし!

会場がオープンすると、入口でオレンジ色のリストバンドを配っているではないか!

IMG_5051.jpg
               リストバンド獲得!!!

ステージ近くは熱心なファンであろう人にすでに占領されていた。

IMG_4846.jpg
                 やっぱりね。

会場に入り、まずはフードスタンドでヌードルを食べ、チョコレートバーをかじり腹ごしらえ。なんせサポートバンドからボスまですべて見るのに何時間もかかるからねえ。

そして会場でお決まりのTシャツを二人とも購入。ボスが舞台に上がる前に着る!準備は完璧だ。

IMG_5046.jpg


そしてサポートバンド、最初のアクトは、

IMG_4850.jpg
           Josh Ritter(ジョシュ・リッター)アメリカ出身。

Aちゃんは彼の名前を知っていましたが私は全く彼を知らず、誰?それ状態。先週はダブリンでコンサートしてたらしい。

どうも彼はアイルランドでかなり人気があるらしく、アイルランドで人気に火が付いたようですな。本国アメリカでもツアーしてたようです。彼はなかなか良かったですよ。http://www.joshritter.com/


そして、次のアクトは、

IMG_4858.jpg 
        Damian Dempsey。(ダミアン・デンプシー)ダブリン(Northside)出身。

アイルランドでは特に人気が高い彼。私とAちゃんは彼をNYE(ニューイヤーズイブ)2012のイベントで見たんです。(ブログにも書きました)

退屈で仕方がなかった思い出しかないのです。なので期待は全くしていなかったのですが、ふたを開けてみれば、

歌がうまいし、喋りも面白い!いいステージでした。http://www.damiendempsey.com/


そして最後のアクトは有名な、

IMG_4861.jpg Glen Hansard!(グレン・ハンサード)

これまたダブリン(Northside)出身のミュージシャン、グレン・ハンサード。Aちゃんも私もステージを見るのはこれが初めて。

2007年の映画「Onceダブリンの街角で」ですっかり有名人になっちゃいましたね。Oneの挿入歌Falling Slowlyはこちらから。http://www.youtube.com/watch?v=yzQ9VrnNQLQ

ステージではFalling Slowlyは歌ってませんでしたけど、何曲か披露してくれました。歌がうまいし、とにかくこの人は声量があるねえ。

IMG_4874.jpg バンドとともに。

IMG_4882.jpg 
    女性シンガーが呼ばれ、ステージへ。デュエットタイムだ。

IMG_4887.jpg
             ダミアン・デンプシーとも共演だ。

彼のステージは予想通りとても良かったです。http://www.glenhansardmusic.com/songofgoodhope/

そして3アクトとも、ボスの前座ができるというのでかなり喜んでいた。そりゃそうだろう、ボスよ、ボス!!!そんじょそこらのミュージシャンとは違うわよ。

午後6時にすべてのサポートバンドが終了。あとはボスが出てくるのを待つだけだ。

ステージ横に設置されたアメリカの国旗もボスの出番を楽しみにしている。(と思う)

IMG_4888.jpg
             風に揺らめくアメリカの国旗。

待つこと1時間半。午後7時半、

IMG_4895_20130729035402.jpg
     ボス、ブルース・スプリングスティーンの登場だ!(Thank youの文字が逆さまのもあるが気にしない)


か、かっこ良すぎるわ、ボス。。。


続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

Glen Hansard見れた事が羨ましすぎます!!!!!

ーさんへ

お名前が書いてなかったのでーさんへで失礼いたします。

見れましたよ~~~。明日のブログを楽しみしていてください。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.